ぼちぼちいこか。。。

「できない理由を探すより、できる方法を探そう」
毎日忙しく仕事に追われている方々のために、原発関連のニュース、重要な講演などの文字起こしや自分の考えをUPしています。
少しでもみなさんのお役に立てるよう頑張ります。みんなで一緒に考えて行動していきましょう! 

いつもご覧いただきありがとうございます。
「これは!」と思う記事がありましたら、ぜひ身近な方に広めていただきたくお願いいたします。

著名な識者の方のカテゴリを作りましたので、文字起こしなど幾分探しやすくなったかと思います。基本的に私がやった内容起こしは転載OKです。

多の方に届くように願っております。

Jヴィレッジ

11月11-12日 【関連動画あり】政府・東電:Jヴィレッジと福島第一原発を報道陣に公開【フリー記者は招かれず!?】

※この記事は、
8月17日 事故調検委:水素爆発予測できず、ベント手順書もなし【毎日新聞のヒアリングメモ】
8月23日 【起こし追記】民主党・原口議員:『ICが3回止められていた』『東海第二、主蒸気逃し安全弁で減圧!?』@ニュースの深層【その①】に関連しています。

福島原発事故の対応拠点を公開 Jヴィレッジ、報道陣に
2011/11/11 19:44   【共同通信】
 政府と東京電力は11日、福島第1原発事故の対応拠点となっているスポーツ施設「Jヴィレッジ」(福島県楢葉町、広野町)を報道陣に公開した。当初は内部被ばく線量測定器などの不足が批判を浴びたが、事故発生から8カ月が経過、今後も長期間に及ぶ収束作業を支える環境整備が進んでいた。
 約50ヘクタールの敷地に12面あるサッカー場はヘリポートや除染施設、資材置き場、駐車場などに姿を変え、白や水色の防護服に身を包んだ作業員が真剣な面持ちで行き来する。
http://www.47news.jp/CN/201111/CN2011111101000796.html
 

第1原発を報道陣に初公開 細野氏の視察に同行
2011/11/12 11:58   【共同通信】
 細野豪志原発事故担当相は12日、東京電力福島第1原発を視察した。記者団も同行して敷地内に入った。3月11日の事故発生後、敷地内が報道陣に公開されたのは初めて

続きを読む

9月24日 東電下請け作業員のインタビュー:劣悪な宿泊環境、素人投入で増す負担、タダ働きの人も@現代ビジネスをご紹介

※この記事は、
9月17日 【東電資料写真UP】東電会見:1号機の原子炉建屋カバーの写真を公開
8月23日 東電:サリーの3Sv/h配管に23人の作業員を投入【3Svは致死率50%】
8月2日 【各資料UP】東電:10Sv以上は2箇所、1号機原子炉建屋で5Sv・・・【東電の姿勢】
7月1日 設計上の欠陥が事故を悪化させた@WSJ日本版をご紹介。
6月15日 東電:作業員がマスクを外し喫煙
6月14日原発の現場作業員、安全管理の現実を語る@WSJに関連しています。

読んでいただくだけで結構です。
失礼します。

作業員の告白「いまだ1万ミリシーベルト検出!作業拒否が続出」
6ヵ月経った今も混乱が!劣悪な宿泊環境、素人投入で増す負担、タダ働きの人も
現代ビジネス2011年9月24日
 未曾有の原発事故から6ヵ月---。福島第一原発の作業現場は、今も大混乱が続いていた。東京電力の協力企業で働く村上忠晴氏(仮名、30代)が明かす。
 
「人手が足りず、最近では原発で仕事をしたことのないような素人でも、東電はフクイチ(福島第一の通称)の作業員として大量に採用しています。彼らは、放射能への警戒心が薄い。平気で汚染された瓦礫を触ろうとし、中には原子炉建屋の見える高台で記念撮影をする者もいるんです。そんな緊張感のない作業員が増えたから、現場は混乱する一方です。防護服の着方など、彼らに原発作業のイロハを教えるだけで疲弊しています」

続きを読む
ブログ内キーワード検索
【必読記事一覧】
【必読記事一覧】
初めての方は、是非こちらからご覧ください。
New! 記事を2件追加しました。
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
track feed ぼちぼちいこか。。。
プロフィール

タニガキ トキコ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ