ぼちぼちいこか。。。

「できない理由を探すより、できる方法を探そう」
毎日忙しく仕事に追われている方々のために、原発関連のニュース、重要な講演などの文字起こしや自分の考えをUPしています。
少しでもみなさんのお役に立てるよう頑張ります。みんなで一緒に考えて行動していきましょう! 

いつもご覧いただきありがとうございます。
「これは!」と思う記事がありましたら、ぜひ身近な方に広めていただきたくお願いいたします。

著名な識者の方のカテゴリを作りましたので、文字起こしなど幾分探しやすくなったかと思います。基本的に私がやった内容起こしは転載OKです。

多の方に届くように願っております。

IWJ

6月29日 【追記あり】首相官邸前抗議行動の様子【あなたに届いてほしい・・・!】

※この記事は、6月22日 首相官邸前:4万5000人が再稼働反対抗議で集結!【すべては人の想いとつながり】に関連しています。

今夜は、パソコンの画面を通じて素晴らしい光景を目にすることができました。

大飯原発の再稼働を目前に、これだけの人々が自分の意志で官邸前に集まりました。私には現場へ駆けつけることはできませんが、今、日本にいてお忙しい方々に少しでも知っていただきたい、考えていただきたい、一緒に行動していただきたいという自分勝手な願いでこのブログを続けています。

今夜、まさに新しいフェーズへ突入したと私は思っています。

先週は朝日系しかヘリを飛ばさなかったために、今週のために城南信用金庫でカンパを募ってヘリを飛ばす発起人になってくださった広瀬隆さん、IWJのスタッフの方々、OPKの方々、ヘリから降りて号泣された写真家の石井さん、そのためにカンパをなさった方々、主催者の方々、そして何より実際に現場に行って行動を起こされた方々に敬意を表します。

野田首相の心無い一言が報道されていますが、今回の抗議行動は彼に対する圧力だけではなく、今まで行動することに躊躇していた方々の心へ、届いてほしいと私は願います。
 
※IWJ動画よりキャプションしました。
※ニューヨークタイムスとロイターの記事を追記しました。
4
続きを読む

3月14日【内容起こし】IWJ百人百話 第55話 大賀あや子さん『今でも大熊町を愛してる』【後半】

※この記事は3月14日【内容起こし】IWJ百人百話 第55話 大賀あや子さん『原発に賛成でも反対でも、どんな立場の人でも廃炉の時代になる』【前半】の続きです。

<43:30頃~>
Q.3.11はどちらにいましたか?(43:30頃)
 仮住まいのアパートに夫と二人で引っ越し準備をまさにしていました。東京に住んで東海原発、福島原発を心配していたころから、ずっと私は地震にはすごく敏感で怖くて、
「今この瞬間原発のところではどれくらい揺れてるんだろう。大丈夫だろうか」
っていつも思ってたんですけど、まさに大地震が来てしまったっていう、すごい恐怖でした。続きを読む

3月14日【内容起こし】IWJ百人百話 第55話 大賀あや子さん『原発に賛成でも反対でも、どんな立場の人でも廃炉の時代になる』【前半】

※この記事は、百人百話シリーズの第55話です。前回は3月12日【内容起こし】IWJ百人百話 第54話 安竜昌弘さん『地方紙・地域紙の記者として』【前半】です。

【動画】3月14日 百人百話 第五十五話 大賀あや子さん
http://www.ustream.tv/recorded/21098421 (79:49)

【以下、お時間の無い方のために内容を起こしています。ご参考まで】
2012年2月2日収録
Q.自己紹介をお願いします。
 大賀あや子と申します。39歳です。
 大熊町から避難して、夫と二人で借り上げアパートに住んでいます。
 今は会津若松の借り上げアパートです。

続きを読む

3月12日【内容起こし】IWJ百人百話 第54話 安竜昌弘さん『覚悟と決断。』【後半】

※この記事は、3月12日【内容起こし】IWJ百人百話 第54話 安竜昌弘さん『地方紙・地域紙の記者として』【前半】の続きです。

<01:06:30頃~>
【津波の被害】
 戻ってみたら、まず道路が、道路のところに家が流れてきてて、道路が通れない状態です。それで、知ってる顔が居たんで消防担当の人だったんですけど、うちはどうなってるという話を聞いたんです。
「よくわかんないけれども、その近くは大丈夫だって話を聞いたから、大丈夫なんじゃないですか。」
という話だったんです。それでそのまま真っ直ぐ家には行けないので、裏の道を通って車を置いて、歩いて家に向かったんです。そしたら家があったんです。
 周りが波とか海から流れてきた残骸とかで滅茶苦茶な状態の中で家があって、全員の無事を確認したという感じ。

続きを読む

3月12日【内容起こし】IWJ百人百話 第54話 安竜昌弘さん『地方紙・地域紙の記者として』【前半】

※この記事は、百人百話シリーズの第54話です。前回は3月12日【内容起こし】IWJ 百人百話 第53話 鈴木則雄さん 【郡山市のコミュニティFM放送をしながらのジレンマ】です。

【動画】3月12日百人百話 第五十四話 安竜昌弘さん 
http://www.ustream.tv/recorded/21079452 (135:53)

【以下、お時間の無い方のために内容を起こしています。ご参考まで】
2012年1月30日収録
 安竜昌弘といいます。福島県いわき市に生まれまして、地元の高校まで行きまして大学時代は4年間東京に行きまして、戻ってきて地元の日刊の夕刊紙に勤めました。それで25年くらい勤めまして、それで地域紙のあり方っていうのに対して非常に疑問を持って、それで自分で今『日々の新聞』という新聞を立ち上げましてスタッフ3人で作っています。週三回の新聞なんですけれど。
 家はいわき市の海岸線にあります。江名っていうところなんですけども、今回津波にあってかなり被害を受けたところなんですけども、そこで生まれ育って、今もその家に住んでいます。

続きを読む

3月12日【内容起こし】IWJ 百人百話 第53話 鈴木則雄さん 【郡山市のコミュニティFM放送をしながらのジレンマ】

※この記事は、、百人百話シリーズの第52話です。前回は3月8日【内容起こし】IWJ 百人百話 第52話 吉成洋拍さん『親父の家業を継いで』【その①】です。

【動画】3月12日 百人百話 第五十三話 鈴木則雄さん
http://www.ustream.tv/recorded/21060457 (77:30)

【以下、お時間の無い方のために内容を起こしています。ご参考まで】
2011年11月16日収録
Q.自己紹介をお願いします。
 郡山市で生まれて郡山市で育って、54歳の鈴木則雄といいます。
 仕事は郡山で郡山コミュニティ放送という放送局をやっています。妻一人、10月に生まれたばかりの赤ん坊が1人、3人家族です。
Q.生まれ育った環境はどんなだったんですか?
 いわゆる旧家でして、お盆やお正月になるとものすごい親戚がいっぱい集まってみたいな、そんな家だったんですけれども、商売やってたんですね。明治時代には、なんか立派な屋号を持った商店だったというような感じでした。

続きを読む

3月8日【内容起こし】IWJ 百人百話 第52話 吉成洋拍さん『福島を憧れの町にしたい』【その③】

※この記事は、3月8日【内容起こし】IWJ 百人百話 第52話 吉成洋拍さん『ビクビク暮らすかその日1日1日を楽しく過ごすか』【その②】の続きです。

<01:42:40頃~>
Q.計測はされたのですか?
 いや、その時にまだ、ガイガーカウンタとか持ってなかったんで、どうしようとかって・・・。
 どうも「まだ17日あたりのときは風向き次第では来るんじゃないの?」みたいな話をちょっと情報いただいてて。結果的に福島市より南相馬市のほうが全然数値が低いっていうのは、その時に現地入りして初めて知るんですけど、
「南相馬に行く前にちょっとやっぱ怖いから、最後に一服しようぜ」
とかいって、3人で車で行ったんですけど車を山に止めてタバコ吸って、ちょっとおしっことかもして、続きを読む

3月8日【内容起こし】IWJ 百人百話 第52話 吉成洋拍さん『ビクビク暮らすかその日1日1日を楽しく過ごすか』【その②】

※この記事は、3月8日【内容起こし】IWJ 百人百話 第52話 吉成洋拍さん『親父の家業を継いで』【その①】の続きです。

<51:50頃~>
Q.福島さんは何を話されたのですか?
 福島先生はね、国際救助隊っていうものを作る、自衛隊っていうものはもちろん福島、日本を守るものではなくて、本当に世界中に・・・ほんとなんかサンダーバードの世界ですよね。なんかそういうものを作っていきたいっていうような話をするんですけど、ちょっと福島先生、ホントに宇宙人みたいな話をするんですけど、僕がうまく説明できないんですけど。
 その福島先生のその最初に衝撃的な出会いがあって、
「あの人一体何者なんですか?」続きを読む

3月8日【内容起こし】IWJ 百人百話 第52話 吉成洋拍さん『親父の家業を継いで』【その①】

※※この記事は、百人百話シリーズの第52話です。前回は3月7日【内容起こし】IWJ百人百話 第51話 タエバさん(仮名)『山下氏は医師向けと市民向けで発言内容が違う』です。

【動画】3月8日 百人百話 第五十二話 吉成洋拍さん
http://www.ustream.tv/recorded/20960238 (153:08)

【以下、お時間の無い方のために内容を起こしています。ご参考まで】
2011年12月21日収録
Q.自己紹介をお願いします。
 吉成洋拍といいます。みんなからは「はぐちゃん」と呼ばれてるんですが、歳は40歳、福島市在住で、そうですね、もう40年福島に住んでいます。生まれた時から福島生まれで40年間いまして、今は飲食店を経営させていただいてます。
Q.ご家族はいらっしゃいますか?
 私、嫁、娘、小学校4年生10歳の娘が一人います。

続きを読む

3月7日【内容起こし】IWJ百人百話 第51話 タエバさん(仮名)『山下氏は医師向けと市民向けで発言内容が違う』

※この記事は、百人百話シリーズの第51話です。前回は3月6日【内容起こし】IWJ百人百話 第50話 佐久間理江さん(渡利地区在住)『大事なのは量とバランス、自己免疫力』です。

【動画】3月7日 百人百話 第五十一話 タエバさん(仮名)
http://www.ustream.tv/recorded/20939158 (45:19)

【以下、お時間の無い方のために内容を起こしています。ご参考まで】
2012年1月21日収録
Q.自己紹介をお願いします。
 はじめまして。
 仮名で大変申し訳ありません。
 私はもともと福島県医科大学病院で働いていた内科関係、そういったところで仕事をしていましたけども、諸事情がありまして辞めました。
 医大にいた年月はとても短いですけれども、今私が思っていること、感じていることをお伝えしたいと思いまして、それで仮名だということで話させていただきます。

続きを読む

3月6日【内容起こし】IWJ百人百話 第50話 佐久間理江さん(渡利地区在住)『大事なのは量とバランス、自己免疫力』

※この記事は、百人百話シリーズの第50話です。3月5日【内容起こし】IWJ 百人百話 第49話 布施大輔さん『郡山で生まれ育って』【前半】に関連しています。

【動画】3月6日 百人百話 第五十話 佐久間理江さん 
http://www.ustream.tv/recorded/20919686 (61:41)


【以下、お時間の無い方のために内容を起こしています。ご参考まで】
2012年1月22日収録
Q.自己紹介をお願いします。
 福島県の渡利に住んでいる佐久間理江と申します。34歳です。
 主人と小学校2年生の男の子、あと幼稚園の5歳の男の子、あとこの子が1歳8か月の娘の5人家族で、主人は今会津に単身赴任をしてるので、週末しか帰ってこないんですけど。
 私は養護学校の教諭をやっていまして、主人は中学校の教諭をやっております。

続きを読む

3月5日【内容起こし】IWJ 百人百話 第49話 布施大輔さん『測りに測りまくった結果、俺は除染無理だと思う』【後半】

※この記事は、3月5日【内容起こし】IWJ 百人百話 第49話 布施大輔さん【前半】の続きです。

<49:20頃~>
 全部とばしていきましたからね。子供抱っこして。
 それでとりあえず外に出て、外に出たくらいの時は、多少落ち着いてはいたんですけど、その後余震とかもあって、とりあえずパンツ一丁だから何も出来ないってなって、上に一回戻ったんです。それで車のカギと自分の服を着て、家に戻ってとりあえずすぐ着れるものと思ってジャージ着て、車のカギ、財布を持ってもう一度外に出て、出たくらいにすごい地鳴りというか、ゴーッっていう音がすごいしてたしエリアメールは鳴りっぱなしで。自宅の駐車場で車の中でちょっと過ごしてました。

続きを読む

3月5日【内容起こし】IWJ 百人百話 第49話 布施大輔さん『郡山で生まれ育って』【前半】

※この記事は、百人百話シリーズの第49話です。3月2日 【内容起こし】IWJ百人百話 第48話 佐々木道範さん『無関心に生きてきた僕の人生が原発を爆発させて、子供たちを苦しめている』 【前半】に関連しています。

【動画】3月5日 百人百話 第四十九話 布施大輔さん 
http://www.ustream.tv/recorded/20900506 (92:12)

【以下、お時間の無い方に内容を起こしています。ご参考まで】
2011年11月27日収録
 郡山出身の布施です。年齢は37歳です。
 仕事は、今ちょっと引っ越し準備中なので、昼間友達の内装の仕事を手伝い、夜は代行の仕事をしております。運転代行の仕事をしております。
 家族は自分と嫁と、今1歳の娘がいます。
 結婚したのは、3年前ですね。
 嫁は福島県の白河市の出身です。
【郡山市】
 郡山は空気も綺麗だし、食べ物もおいしい、水もおいしい。それに人柄もすごい良い人たちばっかりなので、僕は大好きです。
 郡山の特色としては、自分の仲間内になっちゃいますけども、とりあえず絆が強い。ほかもそうかもしれないですけど、皆絆が強くて、良い人たちばかりです。

続きを読む

3月2日 【内容起こし】IWJ百人百話 第48話 佐々木道範さん『福島は疲れて放射能で心が壊されそうなので、助けてください』 【後半】

※この記事は、百人百話シリーズの第48話後編で3月2日 【内容起こし】IWJ百人百話 第48話 佐々木道範さん『無関心に生きてきた僕の人生が原発を爆発させて、子供たちを苦しめている』 【前半】の続きです。
また、2月29日 【内容起こし】IWJ百人百話 第46話 大橋さらさん『伯父さん、このまま住み続けて大丈夫だと思う?』に関連しています。


<01:08:00頃~>
 もちろん国も東電も僕は許せませんけど、でも僕も加害者なんじゃないか、子供たちを苦しめてるのは僕なんじゃないかって。そしたら、なんかすごい僕の中で楽になったんですね。なんかワケわからない怒りの中で悶々をしてたけど、
「やっぱ僕のせいで子供らが苦しんでんだ。じゃあ僕が・・・子供たちに、子供たちにいきいきと生きられる、輝ける世界を、僕がなんとかしなくちゃいけないんだ」
っていう、本当にすっきりしたっていうか、子供たちに救われたっていうか。
 だから、ただ怒りでしかなかったんだけども、今は子供たちに教えられてすっきりして・・・楽しくっていったらおかしいんだろうけど、毎日楽しく除染活動しているというか、なんかふっきれたなと。
【震災後、TEAM二本松が活動を開始した時の話】

続きを読む

3月2日 【内容起こし】IWJ百人百話 第48話 佐々木道範さん『無関心に生きてきた僕の人生が原発を爆発させて、子供たちを苦しめている』 【前半】

※この記事は、百人百話シリーズの第48回です。3月1日 【内容起こし】IWJ百人百話 第47話 佐々木るりさん『これで本当に良かったなんて思えない』の続きです。

【動画】3月2日 百人百話 第四十八話 佐々木道範さん
http://www.ustream.tv/recorded/20824667 (129:00)

【以下、お時間の無い方のために内容を起こしています。ご参考まで】
2012年1月6日収録
NPO法人チーム二本松代表
 佐々木道範、39歳です。
 福島県二本松市にある浄土真宗真行寺の副住職をしています。
 それと震災後にNPO法人を立ち上げて、チーム二本松というNPO法人の一応代表をしております。
 家族構成は、一応父が住職をやっていまして、あと妻と子供が5人おります。一番上は大学4年生、2番目が中学3年生、中学1年生、幼稚園の年中とまもなく2歳になる5番目がいます。

続きを読む

3月1日 【内容起こし】IWJ百人百話 第47話 佐々木るりさん『これで本当に良かったなんて思えない』

※この記事は、百人百話シリーズの第47話です。
2月29日 【内容起こし】IWJ百人百話 第46話 大橋さらさん『伯父さん、このまま住み続けて大丈夫だと思う?』(お話の中に出てくるお姉さんは大橋さんのことだと思います)に関連しています。

【動画】3月1日 百人百話 第四十七話 佐々木るりさん
http://www.ustream.tv/recorded/20802098 (74:41)

【以下、お時間の無い方のために内容を起こしています。ご参考まで】
2012年1月6日収録
Q.自己紹介をお願いします。
 福島県二本松市在住の佐々木るりと申します。
 年齢は38歳です。
 出身は福島県福島市なんですけれども、二本松市に嫁いで20年くらいになります。続きを読む

2月29日 【内容起こし】IWJ百人百話 第46話 大橋さらさん『伯父さん、このまま住み続けて大丈夫だと思う?』

※この記事は、百人百話シリーズの第46話です。

【動画】2月29日 百人百話 第四十六話 大橋さらさん
http://www.ustream.tv/recorded/20775090 (59:57)

【以下、お時間の無い方のために内容を起こしています。ご参考まで】
 大橋さらと申します。
 40歳です。
 家族構成は、夫とあと娘が二人おります。高校3年生と中学校2年生です。
 二本松の生まれではないんですけれども、今は二本松市というところに住んでおります。二本松市に来てからは10年以上経ちます。
 親子仲はですね、良い方だと思います。かなりいいと思います。いつも4人家族一緒に居て・・・<涙されています> こたつを囲んで・・・ほんとに原発の事故で屋内退避していたときも・・・家族4人で寄り添って過ごしていました。

続きを読む

2月28日【内容起こし】IWJ百人百話 第45話 橘柳子さん『原発は遠いな・・・』『私は二度棄民にされた』【後半】

※この記事は、2月28日【内容起こし】IWJ百人百話 第45話 橘柳子さん『満州からの生い立ちと教師になって・・・』【前半】の続きです。

<57:30頃~>
Q.やっぱり相当潤ってたんですか?
 潤ってた。何しろそういう言い方悪いけど、我々の給料より良いっていうふうには言われてましたよ。先生が?????って先生も言われましたら。ボーナスが。それくらい良かった。
Q.「先生が・・・」っていうとこ、ちょっと聞き取りにくかったんですけど。
 あのね、給料の面からいうと、お金の面からいうと、東電社員になったのと下請けになったのとは違うと思うんですけど、東電の本採用の人たちはボーナスが立つっていうのが我々の認識というか言われてたの。我々って結構こんなんで立つわけもないけど。下請けの人だって結構もらってた。やっぱりおいしかったんだろうなっていう話は巷とみんなでちょっと話をしてはいました。
 良かったんじゃないの・・・?
 まず家を建てられるでしょ。借金も返せるじゃないですか。ずっと地元に住んで生きていけるっていうふうに思ってたでしょ?だって『安心・安全』だもん。事故なんか絶対無いっていうふうな流布されてるでしょ。洗脳されてますから。ちゃんと安全教育するそうですから。社員だったり労働者になるとね。
 残念ながら、そういうわけで、運動は乗り越えられませんでした。続きを読む

2月28日【内容起こし】IWJ百人百話 第45話 橘柳子さん『満州からの生い立ちと教師になって・・・』【前半】

※この記事は、2月27日 【内容起こし】IWJ百人百話 第44話 菅野吉広さん~渡利の子供たちを守る会代表~『僕と妻に避難する勇気が足りない・・・』に関連しています。

【動画】2月28日 百人百話 第四十五話 橘柳子さん
http://www.ustream.tv/recorded/20753664 (114:46)


【以下、お時間の無い方のために内容を起こしています。ご参考まで】
2012年2月2日収録
【自己紹介をお願いします。】
 名前は橘柳子、たちばなは一つの文字、りゅうこは柳の子です。なぜ柳の子かというと、生まれが満州、大連だったものですから、柳の多い町だったそうです。それをとって柳子にしたというふうに母から聞いております。
 年齢は1939年生まれです。ま、仕事は長く子供とともに生きてきた教師という仕事をしてました。現在は、年金生活をしております。こんな状況になったとき、変な言い方ですが仕事がなくて良かったのかなと。職場を気にしないで避難を続けられたからというふうに考えております。良いか悪いかは置いておいて。
 子供は一人です。埼玉のほうに避難をしています。
 現在は夫とともにこの本宮の仮設住宅に10月に来ましたので、3か月なんです。
 住まいは浪江町というところで、ここの仮設に来た時で9カ所目の避難を続けてきました。転々としました。

続きを読む

2月27日 【内容起こし】IWJ百人百話 第44話 菅野吉広さん~渡利の子供たちを守る会代表~『僕と妻に避難する勇気が足りない・・・』

※この記事は、2月23日【内容起こし】IWJ百人百話 第42・43話 木幡仁・ますみ夫妻ロングインタビュー【その①】に関連しています。


【動画】2月27日 百人百話 第四十四話 菅野吉広さん
http://www.ustream.tv/recorded/20736412 (59:46)

【以下、お時間の無い方のために内容を起こしています。ご参考まで】
2012年1月5日収録
渡利の子供たちを守る会代表 菅野吉広(43)
 みなさん、こんばんは。
 私は菅野吉広と申します。年齢は43歳になりまして、仕事はハウスメーカーの方で営業マンをしております。
 家族の方は妻と子供女の子と男の子ひとりずつ、4人家族で暮らしております。
 実は私の出身といいますのは、ちょうど今福島市に合併されたんですが、もともと伊達郡の飯野町というとことで、実は川俣町の隣の町ですね。川俣町と福島市の間のほうになりますかね。そちらの出身になります。
 妻の方の出身が、こちらもまたちょっと微妙なところで、伊達市の霊山町。これもちょうど飯舘と福島に挟まれてる辺りですね。そちらの出身になります。
 実家の方の線量は、1mの高さで空間で0.5~0.6くらいですね。そのくらいの数値です。
 実は妻の実家、霊山町の石田というエリアなんですけれども、実は一部の地域はかなり早い段階で避難勧奨地点になった場所なんです。私も慌てて、ちょっと線量計を借りてきて測りにいったんですけども、割と低くて0.2~0.3くらいですか。これやっぱり地形の影響でしょうね。
 どちらにせよ、放射線の高いエリアに近づいてしまうので、なかなかそちらに避難ということは考えづらいですね。

続きを読む
ブログ内キーワード検索
【必読記事一覧】
【必読記事一覧】
初めての方は、是非こちらからご覧ください。
New! 記事を2件追加しました。
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
track feed ぼちぼちいこか。。。
プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ