ぼちぼちいこか。。。

「できない理由を探すより、できる方法を探そう」
毎日忙しく仕事に追われている方々のために、原発関連のニュース、重要な講演などの文字起こしや自分の考えをUPしています。
少しでもみなさんのお役に立てるよう頑張ります。みんなで一緒に考えて行動していきましょう! 

いつもご覧いただきありがとうございます。
「これは!」と思う記事がありましたら、ぜひ身近な方に広めていただきたくお願いいたします。

著名な識者の方のカテゴリを作りましたので、文字起こしなど幾分探しやすくなったかと思います。基本的に私がやった内容起こしは転載OKです。

多の方に届くように願っております。

IAEA

9月12日 政府・原子力災害対策本部:IAEAに追加報告書提出・・・

※この記事は、
9月6日 IAEA:「『自発的』調査団受け入れを」「10年ごと→定期的に」「賠償条約に参加する可能性を十分考慮」・・・
9月3日 細野大臣:ストレステストの判断「第三者的な専門家やIAEAの意見も」
8月18日 事故調検委:保安院、4月海洋放出の海外通報思いつかず、放水開始1h前にIAEAへメール・・・
8月15日 IAEA:10年ごとに10項目で各国規制当局の機能を評価へ
7月27日 IAEA天野氏:「世界的に原子力の利用は広がっていく」@国連軍縮会議
6月24日 IAEA閣僚級会合閉幕:「核の番人」に限界も・・・
6月19日 IAEA閣僚級会合:「緊急対応チーム」創設、津波に対する「有効な警戒システム」、「安全評価制度」
6月11日とうとう出てきた元IAEAの東電暴露インタビューに関連しています。

福島第1原発:政府がIAEAに追加報告書 総会で説明へ
毎日新聞 2011年9月12日 14時50分(最終更新 9月12日 15時07分)
 政府は11日、東京電力福島第1原発事故の追加報告書をまとめた。原子力安全庁(仮称)を設置して規制を強化することや、他原発を対象とした安全評価(ストレステスト)の内容などを盛り込んでいる。19日からウィーンで開かれる国際原子力機関(IAEA)総会で各国に説明する。

続きを読む

9月6日 IAEA:「『自発的』調査団受け入れを」「10年ごと→定期的に」「賠償条約に参加する可能性を十分考慮」・・・

※この記事は、8月30日 IAEA:行動計画に原発被害の国際補償条約への加盟を検討するよう要請へに関連しています。

IAEA:原発調査は「任意」--行動計画案
毎日新聞 2011年9月6日 東京朝刊
 【ウィーン樋口直樹】国際原子力機関(IAEA、本部・ウィーン)は、東京電力福島第1原発事故を教訓に、原発を保有するすべての加盟国へ3年以内に調査団を送り、運転状況を評価する方針を固めた。5日、毎日新聞が入手したIAEAの検討資料などから明らかになった。IAEAは一両日中にも、こうした内容を盛り込んだ原発安全強化に関する「行動計画」の最終案を加盟国へ配布する。ただ、派遣は加盟国の「自発的な」受け入れが前提で、強制力を持たないIAEAの限界も示している
続きを読む

9月4日 四国電力:伊方原発1号機を定期検査で停止【今秋は再稼働問題が焦点のひとつ】

※この記事は、8月31日 四電:阿南火電3号機の定検延長し稼動へ【伊方原発1号機は9月4日にも定検で停止】に関連しています。

伊方原発1号機 検査で停止
NHKニュース 9月4日 8時23分  
愛媛県伊方町にある四国電力伊方原子力発電所1号機は、定期検査に入るため、4日午前2時すぎ、原子炉の運転を停止しました。この結果、全国の原発の80%が止まっていることになりますが、いずれも運転再開の見通しは立っていません。
四国電力は、伊方原発1号機で、3日夜からタービンに流す蒸気を減らすなど、出力を下げる作業を始め、4日午前2時すぎ、原子炉の運転を止めて、およそ3か月間の定期検査に入りました。伊方原発では、1号機の停止で、動いているのは3基のうち2号機だけとなり、四国電力は「3号機が運転を再開しない場合、暖房の需要が増える冬場の電力の供給は非常に厳しい」としています。現在、運転を長期間止めている、徳島県にある火力発電所を、再び運転させる検討を進めています

続きを読む

9月3日 細野大臣:ストレステストの判断「第三者的な専門家やIAEAの意見も」

※この記事は、7月11日 3閣僚:ストレステストは保安院・と安全委員会の両機関が作成・チェックし、1次評価で再稼動の可否判断へに関連しています。

細野原発事故相:原発再稼働判断 第三者の意見も
毎日新聞 2011年9月3日 2時30分
 細野豪志環境・原発事故担当相は再稼働について「(ストレステストを)やりきった上で保安院に判断してもらう枠組みは維持すべきだ」と述べる一方、それだけでは安心できない国民世論があるとして、第三者的な専門家への意見聴取や国際原子力機関(IAEA)の意見なども踏まえて最終判断すべきだとの考えを示した。【大野友嘉子】
http://mainichi.jp/select/biz/news/20110903k0000m020181000c.html

続きを読む

9月3日 IAEA:イラン、地下施設にウラン濃縮度20%に上げる遠心分離機を搬入…「一層懸念を深めている」

イラン核問題:核兵器開発、IAEA「懸念増す」 新決議の可能性
毎日新聞 2011年9月3日 東京夕刊
 【カイロ樋口直樹】国際原子力機関(IAEA、本部ウィーン)の天野之弥事務局長は2日、イランが秘密裏に核兵器開発に関する活動を行っている可能性について報告書で「一層懸念を深めている」と表明した。欧米がイラン追及の動きを強めるのは必至で、新たな国連制裁決議につながる可能性もある
 報告書によると、イランは8月20日までに、中部コム近くの新たな地下施設に、ウランの濃縮度を約20%に高める遠心分離機を搬入し始めた。これまでに174基が設置された。新施設は山腹をくりぬいたトンネルの中にあり、イスラエルなどの軍事攻撃に備えた構造とみられる
続きを読む

8月30日 IAEA:行動計画に原発被害の国際補償条約への加盟を検討するよう要請へ

※この記事は、8月24日 IAEA:原発新規導入国に立地・設計の安全検査を導入へ【保有国にも3年以内に調査Tを受け入れ要請】に関連しています。


原発被害の補償条約加盟を IAEAの行動計画案
2011/08/30 23:08   【共同通信】
 【ウィーン共同】国際原子力機関(IAEA)が福島第1原発事故を受け、原発事故の国際的な補償条約への加盟を検討するよう各国に求めていることが30日、分かった原発事故の補償に関する主な国際条約は三つあるが、いずれも加盟国が少なく、世界規模の補償体制確立が課題となっている。IAEAがまとめる原発安全の行動計画案に新たに盛り込まれた

続きを読む
ブログ内キーワード検索
【必読記事一覧】
【必読記事一覧】
初めての方は、是非こちらからご覧ください。
New! 記事を2件追加しました。
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
track feed ぼちぼちいこか。。。
プロフィール

タニガキ トキコ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ