※この記事は、
10月5日 【動画あり】神戸大・山内教授:福島県渡利地区から最大30万ベクレル/kg超えの放射線濃縮地点を報告
10月2日 細野環境相:「1~5mSvの地域も含めて国が責任をもって除染する」【先に避難を!】
9月28日 小出氏:飯舘村の除染計画、環境省の除染基準5mSv、文科省の汚染マップ@たねまき
9月25日 環境省有識者検討会:10万ベクレル超も管理型処分場で埋め立て容認へ・・・に関連しています。

環境省、除染方針見直し 低線量地域も区別せず
2011/10/11 06:04   【共同通信】
 環境省は10日、東京電力福島第1原発事故を受けた除染の進め方などに関する基本方針案を決めた。放射線量が年間1ミリシーベルト以上5ミリシーベルト未満の地域について側溝など特に線量が高い場所を除染するとした当初の指針を撤回し、1ミリシーベルト以上なら低線量地域も区別せず除染を推進する
 放射性物質に汚染された廃棄物のうち、放射性セシウム濃度が1キログラム当たり8千ベクレルを超える焼却灰や汚泥などを「指定廃棄物」と定め、国が処理する基準案も決めた。
http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011101101000041.html

【原発】除染2014年3月末までに完了方針 環境省
テレ朝ニュース(10/10 18:56)
環境省は、福島第一原発の事故で出た放射性物質の除染について、警戒区域などでの作業を2014年3月末までに完了させるとした基本方針案を明らかにしました

続きを読む