ぼちぼちいこか。。。

「できない理由を探すより、できる方法を探そう」
毎日忙しく仕事に追われている方々のために、原発関連のニュース、重要な講演などの文字起こしや自分の考えをUPしています。
少しでもみなさんのお役に立てるよう頑張ります。みんなで一緒に考えて行動していきましょう! 

いつもご覧いただきありがとうございます。
「これは!」と思う記事がありましたら、ぜひ身近な方に広めていただきたくお願いいたします。

著名な識者の方のカテゴリを作りましたので、文字起こしなど幾分探しやすくなったかと思います。基本的に私がやった内容起こしは転載OKです。

多の方に届くように願っております。

3号機

7月11日 東京電力:3号機原子炉建屋でロボットが停止、4号機の原子炉建屋上部の撤去作業完了

※この記事は、
6月27日 東京電力:4号機建屋解体作業と1号機原子炉建屋で10シーベルト以上を計測
6月28日【内容起こし】小出裕章氏:1号機トーラス室の10.3シーベルト「作業自身を断念の可能性も」、原発危険度ランキング「大飯1・2号機は『圧倒的に』格納容器の強度が低い」@たね蒔きJ
3月27日 東京電力:2号機の空間線量は31.1~72.9シーベルト/時【致死被曝線量は7シーベルト】などに関連しています。

ロボット投入、操作不能に=3号機原子炉建屋地下で-福島第1
時事通信(2012/07/11-20:51)
 東京電力は11日、放射線量の測定や映像撮影のため、福島第1原発3号機原子炉建屋地下に無人走行ロボットを投入したところ、操作不能になったと発表した。同社は「放射線量が高く、当面ロボットの回収は難しい」としている。
 東電によると、ロボットを使った作業は11日午前11時から午後3時まで行われた。格納容器の一部で、水をためる圧力抑制室を収納する「トーラス室」でロボットを走行させ、調査を実施。線量は最大で1時間当たり360ミリシーベルトを記録した。

続きを読む

2月2日 アメリカ・サンオノフレ原発:検査中の2号機で数百もの配管損傷の兆候、作業員がプールに転落、3号機の放射性ガス漏えいの続報

※この記事は、
2月1日 アメリカ・バイロン原発停止の続報とカリフォルニア・サンオノフレ原発3号機で『漏えいの可能性を検知』の続報です。

San Onofre: tiny gas release, more damage
Orange County Register Communications February 2nd, 2012, 10:38 am
As workers prepared Thursday to inspect a leaky tube in one of the San Onofre nuclear plant’s reactors, federal regulators said sensors showed a tiny amount of radioactive gas may have leaked out of a building near the reactor, which was shut down late Tuesday.
And a spokesman for the Nuclear Regulatory Commission said there were also signs of damage to hundreds of tubes in a second reactor, which is offline for maintenance.
(NRCの広報はメンテナンスで停止中の2号機の数百もの配管に損傷の兆候があると述べた)

続きを読む

9月16日 東電:2号機取水口付近でセシウム不検出、2・3号機で注水量増加→「冷温停止」へ・・・。

※この記事は、9月14日 気象研究所・中央電力研究所:5月までの海洋放出セシウム137の総量、1万3500テラBqと試算【世界に広がる海洋汚染】9月12日 文科省:福島原発周辺海域の放射性物質調査の精度を向上へ・・・に関連しています。

2号機海水 放射性セシウム不検出
NHKニュース 9月16日 23時11分 
東京電力が福島第一原子力発電所周辺で行っている海水の調査で、15日に採取した海水の放射性物質の濃度に大きな変動はありませんが、2号機の取水口付近では、調査を始めて以来初めて、放射性セシウムが検出されませんでした

続きを読む

9月1日 東電:3号機、緊急炉心冷却装置から注水開始

※この記事は、8月31日 東電:3号機で新しい配管から注水を開始予定の続報です。

新たな系統から注水開始 3号機の原子炉冷却
(共同通信) 2011/09/01 19:28
 東京電力は1日、福島第1原発3号機で原子炉を効果的に冷やすため、「炉心スプレー系」と呼ばれる系統を使った注水を開始したと発表した。

 スプレー系は、緊急炉心冷却装置(ECCS)の一つで、原子炉圧力容器内で燃料集合体を覆う炉心隔壁(シュラウド)内部にシャワーのように水をかける。毎時1トンで注水を開始し、今後注水量を段階的に増やす。その後、従来の系統からの注水量を減らし温度変化を観察する


続きを読む

8月31日 東電:3号機で新しい配管から注水を開始予定

福島原発3号機注水、新配管を追加 冷却効率向上に期待
産経新聞 8月31日(水)13時38分配信

 東京電力は31日、福島第1原発3号機で炉心を効率的に冷却するため、現在の給水系配管に加え、新たに「炉心スプレー系」と呼ばれる配管を使った注水を9月1日から始めると発表した。


続きを読む

8月29日 北電:MOX燃料加工を延期【やらせ問題を受けて第三者委員会の調査を待つ】

※この記事は、8月26日 北電:泊3号機のプルサーマル導入シンポジウムでやらせ【また共産党がすっぱ抜き】に関連しています。

北電、MOX燃料の加工延期 「やらせ問題」受け
産経ニュース 2011.8.29 18:04
 北海道電力は29日、泊原発3号機(北海道泊村)のプルサーマル計画をめぐる「やらせ」問題を受け、プルサーマルの燃料となるプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料の加工を延期すると発表した。現時点で、やらせメールの作成や、シンポジウムで推進意見表明といった具体的な指示は確認できていないとしているが、この問題について調査する第三者委員会の調査結果が出るまで加工に着手しないことにした

続きを読む
ブログ内キーワード検索
【必読記事一覧】
【必読記事一覧】
初めての方は、是非こちらからご覧ください。
New! 記事を2件追加しました。
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
track feed ぼちぼちいこか。。。
プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ