ぼちぼちいこか。。。

「できない理由を探すより、できる方法を探そう」
毎日忙しく仕事に追われている方々のために、原発関連のニュース、重要な講演などの文字起こしや自分の考えをUPしています。
少しでもみなさんのお役に立てるよう頑張ります。みんなで一緒に考えて行動していきましょう! 

いつもご覧いただきありがとうございます。
「これは!」と思う記事がありましたら、ぜひ身近な方に広めていただきたくお願いいたします。

著名な識者の方のカテゴリを作りましたので、文字起こしなど幾分探しやすくなったかと思います。基本的に私がやった内容起こしは転載OKです。

多の方に届くように願っております。

2号機

9月6日【内容起こし】小出裕章氏:2号機の放射性物質放出が大きい理由、錬金術と半減期を減らす研究の現状、ガンマ線による食品殺菌の論争について@たね蒔きジャーナル

20120906 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章


【以下、お時間の無い方のために内容を起こしています。ご参考まで】

続きを読む

2月6日 【内容起こし】小出裕章氏:2号機圧力容器底部の温度上昇と川内村の2万Bq/kgミミズ@たね蒔きジャーナル

※この記事は、
2月6日 福島県ミミズから高濃度のセシウム汚染検出【食物連鎖と毒ミミズ・・・】
2月5日 東京電力:2号機圧力容器で温度上昇・・・
1月31日 福島県川内村:帰村宣言「戻れる人から戻ろう」・・・一方住民票による転出者は5万3122人に関連しています。

この不安定さの中で生きるという責任と覚悟を。

どうぞ。

20120206 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章


【以下、お時間ない方のために内容を起こしています。ご参考まで】

続きを読む

2月5日 東京電力:2号機圧力容器で温度上昇・・・

※この記事は、
1月23日 第2回政府・東京電力中長期対策会議について【毎時7000万ベクレル放出継続中】
1月19日【内容起こし】小出裕章氏:ストレステスト意見聴取会、2号機の内視鏡の成果、ERSSのケーブル未接続放置について@たね蒔きジャーナルに関連しています。

2号機原子炉、70度超に上昇=冷却水増加で対応-福島第1
時事通信(2012/02/05-20:16)
 東京電力は5日、福島第1原発の2号機原子炉の圧力容器底部にある温度計のうち、状況判断の基準とする西側の1カ所の温度が同日午後4時に71.7度に上昇したと発表した。1日午後11時時点の52.0度から大幅に上昇しているが、同じ高さにある別の2カ所の温度計は45度程度で安定している。東電は基準温度計の不具合の可能性を検討する一方、冷却水の注入量を毎時1トン増の同9.6トンにして様子を見ている続きを読む

2月2日 アメリカ・サンオノフレ原発:検査中の2号機で数百もの配管損傷の兆候、作業員がプールに転落、3号機の放射性ガス漏えいの続報

※この記事は、
2月1日 アメリカ・バイロン原発停止の続報とカリフォルニア・サンオノフレ原発3号機で『漏えいの可能性を検知』の続報です。

San Onofre: tiny gas release, more damage
Orange County Register Communications February 2nd, 2012, 10:38 am
As workers prepared Thursday to inspect a leaky tube in one of the San Onofre nuclear plant’s reactors, federal regulators said sensors showed a tiny amount of radioactive gas may have leaked out of a building near the reactor, which was shut down late Tuesday.
And a spokesman for the Nuclear Regulatory Commission said there were also signs of damage to hundreds of tubes in a second reactor, which is offline for maintenance.
(NRCの広報はメンテナンスで停止中の2号機の数百もの配管に損傷の兆候があると述べた)

続きを読む

11月5日 【動画あり】東電会見:2号機使用済燃料プールの汚染水処理開始へ、フリー記者を締め出しへ

福島2号機のプール水浄化へ 放射性物質の吸着装置設置
2011/11/05 20:47   【共同通信】
 東電は5日、福島第1原発2号機で、使用済み燃料プールの水に含まれる放射性物質を除去する作業を近く開始すると発表
 トラックの荷台に、放射性物質を吸着する鉱物ゼオライトを入れたタンクを設置。プールの水を冷却する系統に、配管を追加し、一部の水がタンクを通るようにする
 東電によると、2号機のプールの水は、格納容器から出た燃料の放射性物質が溶け込んでいるとみられ、放射性物質の濃度が高い。同様に濃度の高い3号機でも、除去装置を取り付ける方針。
 また東電は、3号機の格納容器からガスを抜き出して浄化するシステムの設置に向け、ロボットを使ってがれきを撤去した。
http://www.47news.jp/CN/201111/CN2011110501000632.html

記事にはなっていませんが、本日の東電会見で、一人の記者の方が東電から締め出しされてしまいました
ネットで東電会見をご覧になっている方は、ご存じかもしれませんが、平等党の田中氏です。
IWJの動画をご紹介しようとしたのですが、音源が上手く載っていないようです。
ニコ生の方をご紹介しますね。

【動画】
ニコ生
http://live.nicovideo.jp/watch/lv69931605?ref=top
※01:14:15頃~平等党の田中氏の質問が始まります。
※01:34:00頃~平等党の方々の会見参加を拒否します。

平等党:東電会見20111106
http://www.ustream.tv/recorded/18345810 (134:00)
※01:16:49頃~平等党の田中氏の質問が始まります。
※01:36:30頃~平等党の方々の会見参加を拒否します。
※01:43:00頃~食い下がる田中氏です。

・・・酷い流れですよ。

失礼します。

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

10月12日 東電:福島第一原発でM8の地震想定で注水継続訓練と2号機の配管の水素6.5%・・・。

福島第一原発で地震想定訓練
NHKニュース 10月12日 5時55分  
東京電力福島第一原子力発電所で、マグニチュード8の地震が起きて原子炉への注水設備が壊れたことを想定して、消防車で注水を再開する訓練が12日、事故後、初めて行われます
福島第一原発では、事故の収束に向けて原子炉の温度が100度を下回る「冷温停止」の状態を安定的に維持するためには、地震が起きても原子炉への注水を継続できることが不可欠とされています。このため、東京電力は福島第一原発周辺でマグニチュード8の地震が起きたことを想定して、原子炉への注水が継続できるか確かめる訓練を12日午前中、事故後、初めて行います。訓練は、地震で原子炉への注水に使われるポンプやタンクが壊れたという想定で、およそ30人の作業員が消防車やホースを配置して海水をくみ上げて、原子炉への注水を再開する手順を確かめます東京電力によりますと、地震などで原子炉への注水ができなくなった場合も、3時間ほどで注水を再開するとしていて、今回の訓練で確認することにしています。訓練には、経済産業省の原子力安全・保安院の職員も立ち会い、緊急時でも原子炉への注水を再開し「冷温停止」の状態を維持できるか評価することにしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111012/k10013195271000.html

福島2号機配管水素は6・5% 「爆発の恐れなし」
2011/10/12 20:01 【共同通信】
 東京電力は12日、福島第1原発2号機の格納容器内のガスを引き出して浄化するシステムを接続するため、格納容器につながる配管内の水素濃度を測定したところ、6・5%だったと発表した。東電は「火器を使用する予定はなく、爆発の恐れはない」としている。続きを読む

10月2日 事故調査委員会:「2号機では水素爆発なかった」中間報告を公表へ

2号機“水素爆発ではなかった”
NHKニュース 10月2日 7時43分 
東京電力福島第一原子力発電所の事故について、東京電力が会社内に設置している事故調査委員会のこれまでの調査で、2号機で起きたとされる爆発は、水素爆発ではなかったという見解をまとめていることが分かりました

福島第一原発の事故では、3月12日午後に1号機が水素爆発を起こしたのに続いて、14日午前に3号機でも水素爆発が起き、15日早朝に2号機と4号機でほぼ同時に爆発が起きたとされていました。このうち15日早朝の爆発について、東京電力が会社内に設置した事故調査委員会がこれまでにまとめた中間報告の案によりますと、爆発は、原発敷地内の地震計に記録されていた振動の分析から、午前6時すぎの1回だけで、振動の波形などから4号機の水素爆発とみられ、2号機では水素爆発は起きていないということですただ、2号機は、ほぼ同じ時刻に原発の原子炉を収める格納容器の下部にある圧力抑制室の圧力が急激に下がっていることから、何らかの原因で圧力抑制室などが損傷したみられるということです。東京電力は、会社内の事故調査委員会でまとめた中間報告の案について、今後、社外の専門家からなる検証委員会でさらに調査や検証を重ねたあと、中間報告として公表する方針です。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111002/t10015981051000.html

続きを読む

9月22日 原子力研究開発機構:2号機格納容器の損傷、直径約7.6㎝の穴の可能性を発表、東電:6号機地下に雨水6トン流入・・・

2号機の格納容器、震災直後に穴開いた可能性
読売新聞 9月22日(木)14時29分配信
  東日本大震災直後に、東京電力福島第一原子力発電所2号機の格納容器が損傷、直径約7・6センチ相当の穴が開いた可能性のあることが、日本原子力研究開発機構の柴本泰照研究員の模擬実験で分かった
 格納容器の損傷度を示す具体的な数値が推定されたのは初めて。北九州市で開かれている日本原子力学会で21日、発表された。続きを読む

9月17日18日 東電:企業年金減額、人員削減、来春の新卒採用も中止、2号機のセシウム濃度現象・・・。

※この記事は、9月16日 東電:不動産売却で2千億円確保へ・・・。に関連しています。

東電、企業年金を減額へ 数千人の人員削減も
朝日新聞社 2011年9月17日21時27分
 東京電力が、社員やOBの企業年金の支給額を削減する方針を固めた。人員も数千人規模で削減する。原発事故の賠償問題で政府支援を受けたり、料金を値上げしたりするには、5月に公表した合理化策を積み増して、世論の理解を得ることが必要と判断した。続きを読む

9月16日 東電:2号機取水口付近でセシウム不検出、2・3号機で注水量増加→「冷温停止」へ・・・。

※この記事は、9月14日 気象研究所・中央電力研究所:5月までの海洋放出セシウム137の総量、1万3500テラBqと試算【世界に広がる海洋汚染】9月12日 文科省:福島原発周辺海域の放射性物質調査の精度を向上へ・・・に関連しています。

2号機海水 放射性セシウム不検出
NHKニュース 9月16日 23時11分 
東京電力が福島第一原子力発電所周辺で行っている海水の調査で、15日に採取した海水の放射性物質の濃度に大きな変動はありませんが、2号機の取水口付近では、調査を始めて以来初めて、放射性セシウムが検出されませんでした

続きを読む

9月15日 原子力研究開発機構:2号機、注水4時間早ければメルトダウン回避の解析発表・・・

2号機、注水早ければ溶融回避か 原子力機構解析
2011/09/15 21:41   【共同通信】
 東京電力福島第1原発事故で、2号機は原子炉への注水が6時間半にわたり途絶えて燃料が露出、メルトダウン(炉心溶融)が起きたが、注水を3時間半以内に再開できていれば溶融を防げた可能性があるとの解析結果を、日本原子力研究開発機構の研究チームが15日までにまとめた
 19日から北九州市で開かれる日本原子力学会で発表する。

続きを読む

9月1日 九電:川内2号機が定期検査で停止・・・・

※この記事は、8月31日 第三者委:九電などやらせ疑惑、佐賀県議会は九電を参考人招致【川内原発2号機は9月1日定検へ】の続報です。

国内の稼働原発12基に 川内2号機が定期検査入り
2011/09/01 10:06   【共同通信】
 九州電力の川内原発2号機(鹿児島県薩摩川内市、89万キロワット)が1日未明、定期検査のため停止した。国内の商業用原子炉54基のうち稼働中は12基となった

 九電が所有する6基のうち4基が止まり、残る玄海原発(佐賀県玄海町)1、4号機も12月に定検入りの予定で、年内に同社の全原発が止まる事態も想定される。


続きを読む
ブログ内キーワード検索
【必読記事一覧】
【必読記事一覧】
初めての方は、是非こちらからご覧ください。
New! 記事を2件追加しました。
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
track feed ぼちぼちいこか。。。
プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ