ぼちぼちいこか。。。

「できない理由を探すより、できる方法を探そう」
毎日忙しく仕事に追われている方々のために、原発関連のニュース、重要な講演などの文字起こしや自分の考えをUPしています。
少しでもみなさんのお役に立てるよう頑張ります。みんなで一緒に考えて行動していきましょう! 

いつもご覧いただきありがとうございます。
「これは!」と思う記事がありましたら、ぜひ身近な方に広めていただきたくお願いいたします。

著名な識者の方のカテゴリを作りましたので、文字起こしなど幾分探しやすくなったかと思います。基本的に私がやった内容起こしは転載OKです。

多の方に届くように願っております。

食品

12月20日 厚労省:一般食品100ベクレル、牛乳・乳児用品50ベクレル【基準値の意味と子供を守るために必要なこと】

※この記事は、
8月12日 食品安全委員会にパブリックコメントを送りました【生涯100mSvの件】
12月9日10日 粉ミルクの汚染はNPOの計測で判明していて2週間放置!?【企業が汚染測定を進んで実施しない理由】
12月6日 【内容起こし】小出氏:粉ミルクから出たセシウム汚染、給食の40ベクレル新基準と暫定基準値@たねまき
12月1日 文科省:学校給食の基準を40ベクレルに・・・
11月24日 小出氏:厚労省の乳児用食品基準、国会の事故調査委の委員長、非常用復水器が機能しなっかった原因とは・・・?@たねまき
10月28日 厚労相:食品の被曝線量を来年4月より年間5mSv→1mSvへ引き下げも、内部被曝のみで生涯100mSvは継続【厚労省の矛盾】などに関連しています。

一般食品100ベクレルに厳格化 厚労省案、来年4月適用へ
2011/12/20 20:04   【共同通信】
 食品に含まれる放射性物質をめぐり、厚生労働省は20日、現行の暫定基準値に代わる放射性セシウムの新たな基準値案をまとめた。従来の5分類から変更することが決まっている4分類のうち「一般食品」は1キログラム当たり100ベクレル、「牛乳」と新たに設ける「乳児用食品」が同50ベクレル、「飲料水」は同10ベクレル
 いずれも暫定基準値(同200または500ベクレル)より大幅に厳しいものとなる。
 22日に開かれる同省の薬事・食品衛生審議会の放射性物質対策部会で提示。年内にも文部科学省の放射線審議会に諮問し、来年4月に新たな基準値を適用する。
http://www.47news.jp/CN/201112/CN2011122001001679.html


厚労省:乳児用食品は50ベクレル…セシウム新規制値案
毎日新聞 2011年12月20日 21時51分
 食品に含まれる放射性セシウムの新たな規制値について、厚生労働省は20日、新設する粉ミルクなどの「乳児用食品」は1キロあたり50ベクレル、子供がよく飲む「牛乳」も同50ベクレルなどとする案をまとめた。全世代で摂取量が多い「飲料水」は最も厳しい同10ベクレル、現行の「野菜類」「穀類」「肉・卵・魚・その他」の3区分を一つにまとめた「一般食品」は同100ベクレルとした。

続きを読む

11月10日 厚労省:セシウム簡易検査を都道府県に通知【250Bqを上回ったら、精密検査へ<飲料水と乳製品は対象外>】

※この記事は、
10月27日 小出氏:食品安全委員会の生涯100mSv(内外合わせて)、震災翌日のヨウ素剤対応、遮水壁と東海第二の水漏れ@たねまき
8月12日 食品安全委員会にパブリックコメントを送りました【生涯100mSvの件】などに関連しています。

食品の検査、簡易機器で拡大へ 放射性セシウム
2011/11/10 19:20   【共同通信】
 厚生労働省は10日、食品中の放射性セシウムの検査を効率化するため、飲料水と乳製品を除く食品全般で簡易機器を使った検査を認める方針を決め、都道府県に通知した。これまでは検査件数が多い牛肉とコメ、ムギに限定していた。
 簡易機器は、精密な検査機器に比べて検査時間が短いなどの利点がある。ただ誤差が大きいため、国の暫定基準値(1キログラム当たり500ベクレル)の2分の1に当たる同250ベクレルを上回った場合、精密な機器を使った再検査を求める飲料水と乳製品は暫定基準値(同200ベクレル)が、ほかの食品と異なることなどから簡易機器の使用対象外とする。
http://www.47news.jp/CN/201111/CN2011111001000772.html

これ、どうなんでしょうね。
暫定基準値がこのままある以上、どんな検査をしても、やっぱり汚染表示がなされないかぎり、選択の自由はないままですね。
しかも、都道府県に通知ということは、まさか自治体で頑張ってということではないですよね?
検査機器も方法も、人員も、国が確保するんですよね・・・?
一歩前進かと思いきや、やっぱり・・・。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

9月14日 小出氏:新しい本と汚染された食品の講演会について@たねまき

※この記事は、9月13日 【文字起こしUP】小出裕章氏と語る、続・原発『安全神話』溶融【その①】に関連しています。

今日もたねまきジャーナルを聞くことができました。
昨日の講演会について、話されていますね。

みんなひとりひとりが、いずれ向き合わなければいけない問題です。
ちょっと考えてみてください。

では、どうぞ。

20110914 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章



【以下、時間のない方のために内容を起こしています。ご参考まで】

続きを読む

9月13日 【文字起こしUP】小出裕章氏と語る、続・原発『安全神話』溶融【その①】

昨日行われた討論会を見ることができました。
小出先生は、3.11以降、かなり前から食品について「大人が汚染されたものを食べて、1次産業を守り、子供を守る」とおっしゃっていました。
そのことについての討論会です。
司会・進行は今井一さん、登壇者として、子供を放射能から守る全国ネットワークの森啓太郎さんです。

では、どうぞ。

【動画】
2011年9月13日小出裕章氏と語る、続・原発『安全神話』溶融 (02:16:00くらい)
<内容について>
3.11から6カ月を経てわかったこと、確信したこと。
そして、この先どうなるのか、どうすべきなのか。
震災前より一貫して原子力発電所に対し「警告」を発し続けてきた、小出裕章氏(京都大学原子炉実験所助教)。

3・11から6カ月を経て、小出氏は次のように主張する。
「農作物・畜産物等の汚染検査を厳密にした上で放射線に汚染された物は、子どもには決して食べさせず、例えば50歳以上は飲食可などとして、大人が責任をとって食べよう」

本番組では、そんな主張に疑問を持つ方と小出氏との議論を通じて、現在進行形で危機が拡大する、放射線の影響について考えます。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv62917682?ref=top

【以下、時間のない方のために内容を起こしています。ご参考まで】
(今井氏)6時半になりました。

続きを読む

8月29日 神奈川の荒茶:出荷解除、群馬のワカサギ:基準を超える・・・

茶の出荷停止を初解除 神奈川県の南足柄市産
2011/08/29 19:31   【共同通信】
 政府は29日、神奈川県南足柄市産の茶について、原子力災害対策特別措置法に基づく出荷停止を解除した。一番茶から食品衛生法上の暫定基準値(1キログラム当たり500ベクレル)を上回る放射性セシウムが検出され停止となっていた。茶の解除は全国で初めて。

続きを読む

6月4日 田中優氏の講演@八王子②【食品汚染と原発の耐震性と電気料金】

卵子は女性の卵子はいつ体にできているか。

それは女性が胎児だった時にできる。

胎児だった時点で100万個卵子を持っているが、減数分裂といって減っていき、妊娠可能な時期には4万個まで減っていく。その後、卵子も年をとっていく。

そのときにセシウムを取ってしまい、至近距離で被爆してしまうと、子供が生まれにくいということが起こってしまう。だから、なるべく体内に入れたくない物質。


続きを読む
ブログ内キーワード検索
【必読記事一覧】
【必読記事一覧】
初めての方は、是非こちらからご覧ください。
New! 記事を2件追加しました。
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
track feed ぼちぼちいこか。。。
プロフィール

タニガキ トキコ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ