※この記事は、9月21日 静岡県牧之原市議会:『浜岡原発永久停止』決議案を26日に本会議提出への続報です。9月16日 京都府:関電と安全協定締結に向けて20日にも第1回協議を発表に関連しています。

浜岡原発「永久停止」を決議 静岡・牧之原市議会
2011年9月26日12時29分
 静岡県牧之原市議会は26日、隣接する御前崎市にある中部電力浜岡原子力発電所について「確実な安全・安心が将来にわたって担保されない限り、永久停止にすべきである」とする決議案を賛成多数で可決した。決議を受け、西原茂樹市長は議場で「市民の安心・安全のため、永久停止は譲れないと強調したい」と発言した。
 牧之原市は浜岡原発から10キロ圏にあり、中部電と安全協定を締結している。同協定を結ぶ地元4市(御前崎、掛川、菊川、牧之原)で「永久停止」を求めるのは牧之原市議会が初めて。
http://www.asahi.com/politics/update/0926/TKY201109260134.html


浜岡原発への永久停止決議「世論と合致」と共感
中国新聞'11/9/26
 静岡県牧之原市議会が26日の本会議で、浜岡原発の永久停止を求める決議を可決したことに、同原発をめぐる訴訟の関係者や自治体幹部からは「世論と合致する」「重い決断だ」などと評価する声が上がった

続きを読む