現在の原発作業員は対象外に 被ばく限度引き下げ 
2011/10/14 14:12   【共同通信】
 東電福島第1原発事故の緊急作業をめぐり、特例で250ミリシーベルトにしている作業員の被ばく限度を本来の100ミリシーベルトに引き下げる方針を固めている厚労省が、現在働いている作業員らは引き下げの対象外とする方向で検討していることが14日、分かった
 今後新たに働く作業員については、原則的に引き下げの対象とする方向。11月に省令改正する
 厚労省は、いま働いている作業員は上限の250ミリシーベルトを前提に作業しており、途中で労働条件を変更するのは適切でない、などとして現在の作業員は対象外にすることにした。
http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011101401000460.html

この問題の実際の声を聞いたのは、
7月26日 【動画あり】経産省:「被曝線量50mSV超えの作業員は約1600人」と試算
この記事に上げた動画でした。
厚労省の認識というのは、恐ろしいものです。
是非ご覧になってみてください。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村