※この記事は、
2月21日【内容起こし】小出裕章氏:斑目氏の「1次評価だけでは不十分」発言と保安院の実態【原子力寄生庁?】@たね蒔きジャーナルに関連しています。

福井知事「脈絡見えず、遺憾」 班目安全委員長発言
共同通信(2012年2月22日)
 政府が停止原発の再稼働の前提とする安全評価(ストレステスト)について、原子力安全委員会の班目春樹委員長が、1次評価だけでは不十分と指摘したことに対し、福井県の西川一誠知事は22日、「(政府内で)それぞれがバラバラで脈絡も見えない。立地地域は安心して対応できず、遺憾だ」と批判した
 西川知事は「福島のような事故は起こさせないと、地元は真剣に汗をかき、骨を折っている」と強調。「政府は腰を据えた真剣な対応が必要で、難しいことではない」と述べた。

続きを読む