※この記事は、
8月23日 福島県:義援金約90億円を返還していた・・・
8月13日 被災地3県:義捐金を収入と認定で生活保護打切り、341世帯【自治体の判断】
8月8日 台湾からの義捐金が200億円越えしています@財団法人交流協会より
8月7日 南相馬市:義援金分配で自治体内で不和深刻化・・・【これも分断の一部?】
7月6日 福島県各町(原発周辺8町村):義援金、個人単位で分配へ
6月17日震災:義援金第二次分配が送金されましたに関連しています。

東日本大震災:義援金1960億円が被災者に届く
毎日新聞 2011年9月6日 22時18分
 厚生労働省は6日、日本赤十字社と中央共同募金会に寄せられた東日本大震災の義援金の配布状況(2日現在)を発表した。被災者に届けられたのは1960億円で、集まった3207億円の6割にとどまっている
 ◇全体の6割
 日赤が留保している分を除き、募金総額の9割の2862億円が被災都道県に送金され、市町村にはうち2410億円が届いた。厚労省の集計では、市町村から被災者に届けられた金額の割合は、岩手県81%、宮城県84%、福島県81%。【石川隆宣】
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110907k0000m040104000c.html

義援金って被災者の方々の手元に届くまで、こんなに時間がかかるものなんですね・・・。
なぜでしょうね・・・・?
やっぱり事務処理が大変なんでしょうか・・・?

失礼します。