ぼちぼちいこか。。。

「できない理由を探すより、できる方法を探そう」
毎日忙しく仕事に追われている方々のために、原発関連のニュース、重要な講演などの文字起こしや自分の考えをUPしています。
少しでもみなさんのお役に立てるよう頑張ります。みんなで一緒に考えて行動していきましょう! 

いつもご覧いただきありがとうございます。
「これは!」と思う記事がありましたら、ぜひ身近な方に広めていただきたくお願いいたします。

著名な識者の方のカテゴリを作りましたので、文字起こしなど幾分探しやすくなったかと思います。基本的に私がやった内容起こしは転載OKです。

多の方に届くように願っております。

節電

1月8日 四電:13日から伊方原発2号機の定期点検を発表。【予備率マイナス予測は北電と関電のみ】

※この記事は、12月25日 九電:玄海4号機を停止、定期検査へ、柏崎刈羽も全基停止濃厚【残り6基】に関連しています。

全原発停止可能性:昨年並み需要なら今夏2電力で供給不足
 毎日新聞 2012年1月8日 8時46分(最終更新 1月8日 10時48分)
 四国電力は、13日から伊方原発2号機(愛媛県)の運転を停止し定期検査に入ると公表、国内で稼働している原発が5基に減ることになった。5基も4月までに定検入りするため、54基の全原発停止が現実味を帯びてきた。政府は、原発の再稼働なしで、10年並みの猛暑を前提とした場合、今夏には北海道、東北、東京、関西、四国、九州の6電力で、供給予備率がマイナスになるとの需給見通しを公表している。だが、東北、東京電力管内で電力使用制限令が発動された11年並みのピーク需要で試算したところ、予備率は軒並み上昇し、マイナスは北海道、関西の2電力にとどまった。【立山清也】続きを読む

11月2日 九電の5%節電要請について【節電・省エネが脱原発への第一歩か・・・!?】

※この記事は、
11月1日 政府のエネルギー・環境会議:関電10%、九電5%の節電要請、来夏は9.2%の不足と予想
11月2日 九電:玄海原発4号機、4日にも通常運転へ【国民の抗議は無視か・・・?】
6月4日 田中優氏の講演@八王子④【発送電分離、東電の賠償、家庭で出来ること、資金の回転と私達の未来】に関連しています。

九州節電要請 脱原発依存へ一歩
=2011/11/02付 西日本新聞朝刊=2011年11月2日 07:01
11月2日 九州電力5%節電要請 グラフ 政府が九州電力管内で今冬、ピーク時の電力需要について前年同月比「5%以上」の節電要請を決定したのは、定期検査で原発全6基が12月までに停止し、早期再稼働が見通せないためだ。今夏、九電管内では企業や一般家庭に数値目標がない節電が要請されピーク時の消費電力を前年比で5・6%削減した実績があり、経済産業省資源エネルギー庁は「今夏程度の節電で十分達成できる」。今冬の節電は将来の「脱原発依存」に向けた最初の一歩といえる。
 経産省によると、九電の発電電力量に占める原発の比率は40・6%(2009年度)で、全国の9電力会社では関西電力の45・1%に次いで高い。このため九電管内で節電の数値目標設定は必然だった。続きを読む

10月26日 関電:大飯原発のストレステスト提出、京都府の様子と今冬の節電10%で調整へ

この記事は、
10月20-22日 原子力安全委のEPZ見直しの各地の反応と、京都・滋賀が原子力安全協定を関電と締結へ
10月19日 滋賀県:原子力安全協定締結へ関電へ申し入れ、長浜市の取り組みと、EPZとUPZ
10月14日 関電:12月第4週には8.7%の電力不足を試算、原発再稼働なければ節電要請へ
9月16日 【京都市回答追記あり】京都市防災対策総点検委員会の中間報告:「複合被害少ない」「汚染は琵琶湖の湖水で薄まる」
9月16日 関電:大飯原発3号機1次評価終了、9月中にも保安院に提出へ・・・
7月13日 後藤氏:ストレステストについて【ストレステスト・格納容器・緊急提言】@CNIC【その①】などに関連しています。

関電、大飯原発の安全評価提出へ 停止中で初、週内にも
2011/10/26 21:38   【共同通信】
 関西電力は26日、定期検査で停止中の原発が再稼働する場合に必要な「安全評価」について、大飯原発3号機(福井県おおい町、118万キロワット)の1次評価結果を28日にも経済産業省原子力安全・保安院に提出する方針を固めた
 東京電力福島第1原発事故後、原発の安全性への疑問が強まり、定期検査入りするなどして停止した原発は1基も再稼働していない。再稼働に向けた安全評価提出は初。
 提出後は、保安院が内容の妥当性を評価するほか、国際原子力機関(IAEA)の再点検を受ける予定。
http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011102601000866.html


保安院、津波への安全新たに要求 原発評価方法で設定へ
2011/10/28 13:54   【共同通信】

続きを読む

9月20日 中部電力:12月に節電強力を要請へ・・・

※この記事は、
9月15日 保安院:電力6社で震災後の原発報告書に記載ミス・・・
9月12日 関電:今冬、「夏以上に需給が厳しくなる」【来ました、二手目・・・】
8月1日 中電が関電に緊急融通していた・・・
7月29日 中部電力:浜岡原発シンポで保安院がやらせ依頼ありと暴露!!!
7月28日 中電:2007年8月の地元民向けプルサーマルシンポジウムに中電関連社員・・・?
7月26日 静岡県知事:防潮堤のかさ上げ計画について「再開の結びつくものではない」
7月26日 中部電力:設立以来初の営業赤字へ【企業なら当然】
7月22日 関電:最大需要なら4%供給不足と発表【自分の健康を優先してください】などに関連しています。

中部電力:12月にも節電要請 浜岡原発停止で供給不安
毎日新聞 2011年9月20日 19時21分(最終更新 9月20日 19時29分)
 中部電力は20日、企業や家庭に対し、今夏に続き、12月にも節電への協力を訴えることを明らかにした。浜岡原発(静岡県御前崎市)の運転停止が続き、電力供給に不安があるためだという。ただ、自動車業界などに今夏求めた操業シフトの実施要請は見送る方針続きを読む

9月9日 【動画あり】東電:夏の使用制限解除・・・

※この記事は、9月2日 政府:電力使用制限、被災地で解除へ【残暑に備えて15%努力目標は継続】9月5日 経産相:「今冬は電力使用制限令を回避できると思う」「来夏はかなり厳しい」に関連しています。

原発停止で節電続く=夏の使用制限が終了-政府
時事通信(2011/09/09-20:43)
 政府は9日夜、東京電力と東北電力管内で7月1日から実施してきた企業や工場向けの電力使用制限令を解除した。福島第1原発事故を発端とする電力不足に対応した「節電の夏」はひとまず終わった形だが、全国に広がった原発の稼働停止が長引けば、今冬から来年の夏にかけて電力需給は厳しさを増す。東電や東北電などは引き続き節電への協力を求めており、企業や家庭が再び大きな負担を強いられる可能性もある。

続きを読む

9月2日 シャープ:消費電力「見える化システム」開発を発表【節電・省エネへ期待】

※この記事は、6月27日 科学技術振興機構低酸素社会戦略センター:電力需要を知らせる節電メール6月10日原発災害特別番組「夏の電力は足りている」~電力不足報道の背景~@FM797京都に関連しています。

消費電力「見える」計測タップ シャープ開発
朝日新聞社 2011年9月3日1時23分
 シャープは2日、家庭内でエアコンやテレビなどの消費電力を専用のタブレット端末で個別に確認できる「見える化システム」を開発したと発表した。太陽光発電システムと組み合わせ、主に住宅メーカー向けに販売する計画で、まず住友林業が5日に発売する住宅で採用する。

続きを読む
ブログ内キーワード検索
【必読記事一覧】
【必読記事一覧】
初めての方は、是非こちらからご覧ください。
New! 記事を2件追加しました。
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
track feed ぼちぼちいこか。。。
プロフィール

タニガキ トキコ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ