在日米軍家族が福島の親子支援 避難先に衣類など贈る
2011/12/14 16:57   【共同通信】
 東京電力福島第1原発事故で避難生活を余儀なくされている福島の子どもたちと親を継続的にサポートしようと、米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)の軍人家族らがホストファミリーとなって、手紙や衣類などを贈る取り組みを始めた。
 避難所に支援物資を届ける活動をしてきた米軍人の妻ミシェル・ウィルソンさん(47)らが「仮設住宅に移っていく子どもたちに『一人じゃない』と知ってほしい」と10月から呼びかけ、基地関係者30人以上が賛同。子どもの年齢や人数に応じて日米の家族をマッチング、福島県南相馬市や川崎市などで暮らす19家族の子ども34人を支える。
http://www.47news.jp/CN/201112/CN2011121401001402.html

この記事を見て、ちょっと文化の違いを感じていたことをお話させていただきます。

アメリカでは非常にボランティアは一般的です。
ボランティアをすることに対する社会的評価も定着しています。学生時代からどんどんボランティアをやっていくことは当たり前です。恐らく「やったことがない」という方はあまりいないものと思われます。
よく報道されるのは、何か軽犯罪を犯した人が『社会奉仕』を裁判所から命令されるといったものもあります。
さらに、ボランティアは立派な社会経験として認められます。
続きを読む