福島原発水漏れで2千ミリSv 「海への流出なし」
2012/02/03 21:04   【共同通信】
 東京電力は3日、福島第1原発の汚染水貯蔵タンクから水漏れが見つかり、タンク底部で毎時2千ミリシーベルトの高いベータ線が検出されたと発表した。漏れは1リットル以下で、海への流出はないという
 東電によると、ベータ線は汚染水から除去できない放射性ストロンチウムが原因。ストロンチウムは体内に取り込んだ際の被ばくが問題となる。東電は現場をアクリル板で遮蔽、ベータ線は毎時15ミリシーベルトまで低下した。続きを読む