粉じんから高濃度セシウム=汚染汚泥処理で-福島
時事通信(2012/02/24-22:13)
 福島県は24日、県内の下水処理場で汚泥を減量処理した際に発生する「溶融ダスト」と呼ばれる粉じんから1キロ当たり最高247万ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表した。続きを読む