ぼちぼちいこか。。。

「できない理由を探すより、できる方法を探そう」
毎日忙しく仕事に追われている方々のために、原発関連のニュース、重要な講演などの文字起こしや自分の考えをUPしています。
少しでもみなさんのお役に立てるよう頑張ります。みんなで一緒に考えて行動していきましょう! 

いつもご覧いただきありがとうございます。
「これは!」と思う記事がありましたら、ぜひ身近な方に広めていただきたくお願いいたします。

著名な識者の方のカテゴリを作りましたので、文字起こしなど幾分探しやすくなったかと思います。基本的に私がやった内容起こしは転載OKです。

多の方に届くように願っております。

汚染

10月13日 長野県軽井沢:学校で毎時1.7μSvの排水口近くの地表を発見、町内で調査開始、新潟の汚染状況【セシウム汚染の循環】

※この記事は、10月12日 小出氏:世田谷区の2.7μSv、横浜市のストロンチウム195Bq、お米とサンマとベラルーシの基準@たねまきに関連しています。

軽井沢 比較的高い放射線量
NHKニュース10月13日 5時20分 
長野県軽井沢町の学校の敷地で、周辺より比較的高い放射線量が計測され、町はすべての小中学校などの放射線量を13日から測定することになりました続きを読む

9月21日 文科省:6月7月の放射性ヨウ素131の土壌濃度マップ公開【南方向にも汚染が・・・】

※この記事は、8月29日 【汚染地図追記】文科省:半径100km圏内の「土壌汚染マップ」公開【最大値は大熊町の1545万Bq/m2でチェルノブイリの10倍】に関連しています。

放射性ヨウ素 南方向でも高い濃度
NHKニュース 9月22日 4時8分  
東京電力福島第一原子力発電所の事故で放出された放射性ヨウ素の汚染の広がりを示した地図が公表され、原発の北西方向だけでなく、南方向にも比較的高い濃度の汚染が確認されました

文部科学省は6月から7月にかけて福島県を中心に2200地点で土に含まれる放射性物質の量を測定し、汚染状況を6月14日の時点に換算して地図に示しました

続きを読む

9月15日 森林総合研究所:福島県山林の汚染、実態調査へ・・・。

※この記事は、
9月11日 【動画・文字起こし】武田先生の講演会@江戸川区 「こどもたちのみらいのために」【その①】
8月25日 小出氏:東電の10m津波試算、原発周辺4割減の放射能、がれきの最終処分所@たねまき
7月4日 福島・伊達市:民家や道路だけでなく森林をふくめて除染を決意
5月30日 福島の林業も壊滅的被害に関連しています。

森林総研、山林汚染の実態解明へ 福島県で調査
2011/09/15 10:53   【共同通信】
 独立行政法人「森林総合研究所」(茨城県つくば市)が、東京電力福島第1原発事故による山林汚染の実態調査を進めている。福島県は面積の7割が山林。チェルノブイリ原発事故でも山林の除染は手付かずで、その効果は未知数だ。調査結果は10月にも公表される予定で、緊急時避難準備区域の解除が迫る中、除染方法確立の一助になりそうだ。続きを読む

9月14日 小出氏:新しい本と汚染された食品の講演会について@たねまき

※この記事は、9月13日 【文字起こしUP】小出裕章氏と語る、続・原発『安全神話』溶融【その①】に関連しています。

今日もたねまきジャーナルを聞くことができました。
昨日の講演会について、話されていますね。

みんなひとりひとりが、いずれ向き合わなければいけない問題です。
ちょっと考えてみてください。

では、どうぞ。

20110914 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章



【以下、時間のない方のために内容を起こしています。ご参考まで】

続きを読む

9月13日 【文字起こしUP】小出裕章氏と語る、続・原発『安全神話』溶融【その①】

昨日行われた討論会を見ることができました。
小出先生は、3.11以降、かなり前から食品について「大人が汚染されたものを食べて、1次産業を守り、子供を守る」とおっしゃっていました。
そのことについての討論会です。
司会・進行は今井一さん、登壇者として、子供を放射能から守る全国ネットワークの森啓太郎さんです。

では、どうぞ。

【動画】
2011年9月13日小出裕章氏と語る、続・原発『安全神話』溶融 (02:16:00くらい)
<内容について>
3.11から6カ月を経てわかったこと、確信したこと。
そして、この先どうなるのか、どうすべきなのか。
震災前より一貫して原子力発電所に対し「警告」を発し続けてきた、小出裕章氏(京都大学原子炉実験所助教)。

3・11から6カ月を経て、小出氏は次のように主張する。
「農作物・畜産物等の汚染検査を厳密にした上で放射線に汚染された物は、子どもには決して食べさせず、例えば50歳以上は飲食可などとして、大人が責任をとって食べよう」

本番組では、そんな主張に疑問を持つ方と小出氏との議論を通じて、現在進行形で危機が拡大する、放射線の影響について考えます。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv62917682?ref=top

【以下、時間のない方のために内容を起こしています。ご参考まで】
(今井氏)6時半になりました。

続きを読む

9月12日 文科省:福島原発周辺海域の放射性物質調査の精度を向上へ・・・

※この記事は、
8月25日 国立環境研究所:3.11~3.30の間の放射性物質の放出量解析を発表・・・
8月24日 中国国家海洋局:29倍のストロンチウム、セシウム137が300倍検出などに関連しています。

福島第1原発:海の放射性物質調査 1万倍精度向上へ
毎日新聞 2011年9月12日 20時28分
 文部科学省は12日、東京電力福島第1原発事故後に実施している周辺海域での放射性物質濃度調査で、多くの地点で不検出の状態が続いているため、今後は検出限界値を下げて最大約1万倍まで精度を高めることを明らかにした。また試験的に7月末に採取した海水を高精度で調べたところ、原発から約30キロ東の地点でセシウム134(半減期2年)を1リットル当たり0.39ベクレル、同137(同30年)を0.51ベクレル検出した。この数値は事故前の200~400倍だが、飲料水で定めた国の暫定基準値の200分の1程度という。
続きを読む

9月9日 被災者の声@毎日新聞・・・

※この記事は、
9月2日 【動画】8月26日の一時帰宅の様子『福島第一原発まで1㎞ 故郷の風景』@産経デジタル
9月1日 内閣府・文科省:汚染分布図公開、被災者生活支援T:双葉町で368μSv/h(地表1㎝)、そんな中、大熊町へ一時帰宅・・・
8月30日 「双葉町が最終処分場になるなら、それ以上悲しいことはない」「いずれ無人になる土地なら、他の地域に迷惑をかけるより復興の礎にすべき」
8月18日 現地対策本部・福島県:渡利地区と小倉寺地区の線量検査【7月下旬に3.32μSv/hを計測していたのに・・・】
7月25日 福島県渡利地区:除染実験 全国から除染ボランティアを募る方針【被曝前提のボランティア】
7月22日【削除される前に見てください】山本太郎氏が報告-福島の現実【その①】
7月24日 福島市渡利:市職員と住民3900人で一斉除染【優先順位は子供たちの避難】
6月10日福島渡利小学校で”歓声” 表土除去完了などに関連しています。

福島第1原発:古里追われた人、残った人の苦悩と不安
毎日新聞 2011年9月9日 1時45分(最終更新 9月9日 9時35分)
 東日本大震災に加え、東京電力福島第1原発事故に見舞われた福島県。第1原発が立地する大熊町や双葉町は全町避難を余儀なくされた。事故からもうすぐ半年。古里を奪われた人々の望郷の思いは募る。
 
 ◇全町避難の大熊・双葉--慣れぬ土地で半年
 背丈ほどの雑草に覆われた庭。倒れた家具。食器が散乱したキッチン--。「これが本当に俺の家なのか……」。今月1日の一時帰宅で半年ぶりに戻った我が家は、変わり果てていた。
 大熊町夫沢の佐藤洋一さん(62)の自宅は、第1原発の南2.5キロにある。妻道子さん(62)と73年に結婚。富岡町から道子さんの故郷に移り住んだ。
続きを読む

9月8日 【起こしUP】小出氏:3.11から半年のまとめ【工程表の破たん、悪化の可能性、除染2年で帰宅の意味】@たねまき

※この記事は、
8月25日 災害対策本部:除染なしで4割減の予測も、除染ガイドライン素案『全ての地区・対象の除染を同時に行うことは不可能』効果がなければ施設撤去も・・・
8月25日 小出氏:東電の10m津波試算、原発周辺4割減の放射能、がれきの最終処分所@たねまき
9月1日 小出氏:新政権誕生、東電の廃炉工程表、環境省の汚染廃棄物処理(クリアランス)、福島の『中間貯蔵施設』@たねまき
8月31日 東電:格納容器を水で満たして燃料取り出しを試案!?【水棺無理だったのに・・・?】
8月17日 東電:工程表の改定発表【毎時2億Bq、人材確保、建屋カバー、現場からのビデオ】などに関連しています。

今日は、小出先生の出演があったので、たねまきジャーナルをご紹介します。

音源が見つかり次第、追記しようと思います。
ひとまずどうぞ。

【追記】
20110908 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章



【以下、時間のない方のために内容を起こしています。ご参考まで】

続きを読む

9月8日 福島会津若松市:汚泥再検査で23万ベクレル検出・・・

※この記事は、
8月27日 環境省:10万ベクレル以下の汚染廃棄物でも埋立化の方針を検討会に提示・・・
8月25日【動画あり】肉牛出荷停止解除、会津の早場米は不検出、問われる日本の食の基準【パブリックコメント締め切り間近】
8月16日 福島県会津若松市で18万6千Bq、新潟県柏崎・刈羽から9万Bqの汚泥検出(この記事の続報です)
8月11日 環境省:セシウム8千~10万Bq/kgの焼却灰も埋立て可の方針【止めて!】
7月28日 福島県:汚泥を地元に埋設の方針へ、埋設地地元民からは反対も・・・に関連しています。

汚泥再検査で23万ベクレル 福島地裁会津若松支部、敷地内で保管へ
産経ニュース 2011.9.8 01:32
 福島地裁会津若松支部(福島県会津若松市)の側溝の一部で採取した汚泥から1キログラム当たり約18万6千ベクレルの高濃度の放射性セシウムが検出された問題で、福島地裁は7日、別の委託会社が再検査した結果、同じ汚泥から約23万7千ベクレルのセシウムを検出したと明らかにした。同支部は、東京電力福島第1原発から西約100キロにある。

続きを読む

9月2日 愛知県:栃木産腐葉土から6万800Bq/kgのセシウム検出【政府の愚策】

※この記事は、
8月18日 農水省:福島郡山市で肥料のセシウム400Bq/kgの説明会も・・・
8月2日 農水省:肥料の規制値を400Bq/kgの規制値を発表・・・。【増えてる・・・】
7月31日 長野県:小中2校で汚染腐葉土が使用されていたことを発表・・・
7月26日 農水省:堆肥・腐葉土の販売・使用自粛要請【自衛の必要性】
6月24日【追記あり】農水省:200ベクレル/kgであれば肥料として利用可とする新たな基準をまとめる・・・に関連しています。

セシウム検出:栃木産腐葉土から 愛知・豊川の業者出荷
毎日新聞 2011年9月3日 2時08分
 愛知県は2日、県内で販売された栃木県産腐葉土から暫定許容値の約150倍の1キロ当たり6万800ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表した。県は「人への影響はない」と説明している。
続きを読む

8月30日 【動画あり】東電会見:「白血病で亡くなった方のことはこれ以上調べません」、敷地内の放射線数値ミス94件、上空の汚染は軽微?

※この記事は、8月30日 【動画あり】東電:40代作業員が急性白血病で死亡・・・【問われる東電の姿勢】8月29日 東電:作業員2名が17~23mSvのベータ線被曝・・・【作業員の管理はどうなっているのか?】に関連しています。


<急性白血病>福島第1原発作業員が死亡 東電が発表

毎日新聞 8月30日(火)13時0分配信

 東京電力は30日、福島第1原発で作業に携わっていた40代の男性作業員が急性白血病で死亡したと発表した。外部被ばく量が0.5ミリシーベルト、内部被ばく量は0ミリシーベルトで、松本純一原子力・立地本部長代理は「医師の診断で、福島での作業との因果関係はない」と説明した。

続きを読む

8月30日 「双葉町が最終処分場になるなら、それ以上悲しいことはない」「いずれ無人になる土地なら、他の地域に迷惑をかけるより復興の礎にすべき」

※この記事は、8月27日 菅首相:福島県で長期間戻れないことを陳謝、汚染廃棄物の中間貯蔵施設の受け入れを要請・・・8月28日 細野担当相:福島大熊町長と会談「中間貯蔵施設、とても受け入れられない」に関連しています。


永続化する帰宅制限 被災住民に募る疑念
産経新聞 8月30日(火)7時55分配信
 「国はやっぱり、原発の周辺に最終処分場を造るつもりなんじゃないか。帰宅制限の延長はその布石だと思ってしまう」

 東京電力福島第1原発が立地する福島県双葉町の主婦、吉田サダ子さん(76)はそう話す。自宅は原発から約4キロ。現在、福島市内の仮設住宅で夫の義雄さん(85)と2人で暮らす。静岡県に嫁いだ娘から同居の誘いもあったが、義雄さんの「双葉が恋しい。先が長くないなら、生まれ育った故郷の近くで死にたい」という言葉で、仮設住宅への入居を決めた。

続きを読む

8月29日 神奈川の荒茶:出荷解除、群馬のワカサギ:基準を超える・・・

茶の出荷停止を初解除 神奈川県の南足柄市産
2011/08/29 19:31   【共同通信】
 政府は29日、神奈川県南足柄市産の茶について、原子力災害対策特別措置法に基づく出荷停止を解除した。一番茶から食品衛生法上の暫定基準値(1キログラム当たり500ベクレル)を上回る放射性セシウムが検出され停止となっていた。茶の解除は全国で初めて。

続きを読む

8月29日 【汚染地図追記】文科省:半径100km圏内の「土壌汚染マップ」公開【最大値は大熊町の1545万Bq/m2でチェルノブイリの10倍】

※この記事は、8月26日 福島大熊町・双葉町:初の一時帰宅「これが最後かも」・・・8月27日 菅首相:福島県で長期間戻れないことを陳謝、汚染廃棄物の中間貯蔵施設の受け入れを要請・・・に関連しています。

福島第1原発:土壌汚染マップ 大熊町でセシウム最高値
毎日新聞 2011年8月29日 20時20分

 文部科学省は29日、東京電力福島第1原発から放出されたセシウム137(半減期約30年)の蓄積分布を、原発からおおむね半径100キロ圏内で示した「土壌濃度マップ」を初めて作った。最も高かったのは、原発がある福島県大熊町で土壌1平方メートル当たり1545万ベクレル。南相馬市と富岡、大熊、双葉、浪江の各町、飯舘村の6市町村34地点で、チェルノブイリ原発事故(86年)の際に居住が禁止された同148万ベクレルを上回った。

続きを読む

6月4日 田中優氏の講演@八王子②【食品汚染と原発の耐震性と電気料金】

卵子は女性の卵子はいつ体にできているか。

それは女性が胎児だった時にできる。

胎児だった時点で100万個卵子を持っているが、減数分裂といって減っていき、妊娠可能な時期には4万個まで減っていく。その後、卵子も年をとっていく。

そのときにセシウムを取ってしまい、至近距離で被爆してしまうと、子供が生まれにくいということが起こってしまう。だから、なるべく体内に入れたくない物質。


続きを読む
ブログ内キーワード検索
【必読記事一覧】
【必読記事一覧】
初めての方は、是非こちらからご覧ください。
New! 記事を2件追加しました。
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
track feed ぼちぼちいこか。。。
プロフィール

タニガキ トキコ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ