※この記事は、11月2日 【追記:内容起こし】東電:2号機原子炉格納容器から採取したガスからキセノン133・135を検出【再臨界の可能性】の続報です。

再測定でも同結果=福島第1原発2号機-保安院
時事通信(2011/11/02-18:07)
 東京電力福島第1原発事故で、経済産業省原子力安全・保安院は2日、東電が同日に2号機の原子炉格納容器から採取した気体を再測定した結果、放射性物質のキセノンがほぼ同程度の濃度で測定されたと発表した。
 ただ、検出限界をわずかに超える値で誤差の可能性もあり、東電は日本原子力研究開発機構に検出物質がキセノンかどうか分析を委託している。
 保安院によると、気体中のキセノン133と135の濃度は再測定の結果でも、ともに1立方センチ当たり約10万分の1ベクレルを示し、1日の測定と同様の結果だった。
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2011110200765

経産相が保安院長を注意 キセノン検出で報告遅れ
2011/11/02 18:46   【共同通信】

続きを読む