ぼちぼちいこか。。。

「できない理由を探すより、できる方法を探そう」
毎日忙しく仕事に追われている方々のために、原発関連のニュース、重要な講演などの文字起こしや自分の考えをUPしています。
少しでもみなさんのお役に立てるよう頑張ります。みんなで一緒に考えて行動していきましょう! 

いつもご覧いただきありがとうございます。
「これは!」と思う記事がありましたら、ぜひ身近な方に広めていただきたくお願いいたします。

著名な識者の方のカテゴリを作りましたので、文字起こしなど幾分探しやすくなったかと思います。基本的に私がやった内容起こしは転載OKです。

多の方に届くように願っております。

核燃サイクル

9月13日 政府の『原発ゼロ方針』に対する反発と核燃サイクルの行方【当面先送りの意味】

※この記事は、

  • 9月7日 政府の方針「もんじゅ廃止/30年には原発比率15%を下回らせゼロ目標」に対し、六ヶ所村の反応ともんじゅの予算    
  • 9月5日【内容起こし】小出裕章氏:民主党の『2050年台前半に原発ゼロを実現』政策の意味、六ケ所村の再処理で進む『ガラス固化』試験について@たね蒔きジャーナル
  • などに関連しています。

    「原発ゼロ」エネ戦略に反発拡大 立地自治体や関係国
    共同通信(2012年9月13日)
     政府が新たなエネルギー・環境戦略に「2030年代の原発ゼロ」との目標を盛り込む方向となったことに対し、原発立地自治体などの反発が13日広がった。原発が集中立地する福井県の西川一誠知事は13日、牧野聖修経済産業副大臣との会談で「(原発ゼロ目標は)国民的な議論による方向性と言えない」と批判。日本が使用済み核燃料の再処理を委託しているフランスも日本政府に懸念を伝えた。

    続きを読む

    4月19日 原発・核燃サイクル技術等検討小委員会:「2020年に原発ゼロ、核燃料直接処分」が最も安いと試算

    ※この記事は、4月11日【内容起こし】第18回総合資源エネルギー調査会~基本問題委員会~【その①】に関連しています。

    原発ゼロで燃料処理費7兆円 原子力委が試算
    共同通信(2012年4月19日)
     国の原子力委員会の小委員会は19日、2020年に原発をゼロにし、使用済み核燃料を全て地中に埋め捨てる「直接処分」をする場合、10~30年の総費用は最大7・1兆円との試算結果を公表した。

     原発の運転を続け、使用済み燃料を再処理してプルトニウムを取り出す現在の核燃料サイクル路線を維持する場合は8・1兆~9・7兆円。原発ゼロを想定した直接処分のコスト試算は初めてで、原発ゼロの方が2~3割安くなる結果。ただ、代替発電の費用を計上していないなど不確定要素も多い。

    続きを読む

    2月17日 原子力委:核燃サイクル「無限」⇒「多重回」サイクルへ見直し・・・

    ※この記事は、2月3日 日本原燃:六ヶ所村の再処理最終試験を延期【ガラス固化体過程で不具合】に関連しています。

    核燃料「無限リサイクル不可能」 原子力委が見直し
    朝日新聞 2012年2月17日11時11分
     原発の使用済み核燃料から取り出したプルトニウムを再利用する「核燃料サイクル」について、内閣府の原子力委員会は現状ではリサイクルは数回だけに限られる、という考えに改めることを決めた。これまで無限にリサイクルできるという前提でコスト試算や議論を行ってきたが、肝心の高速増殖炉の開発は止まったままで、現実的でないことを認めたかっこうだ

    続きを読む

    1月25日 柏崎刈羽5号機が定期点検へ【残り4基】と、六ヶ所村の再処理工場・・・【核のゴミと核燃サイクル】

    ※この記事は、
    1月14日 四電:伊方2号機が定期点検へ【残り5基と再稼働について】
    9月6日 電力総連:運動方針から「原発推進」を外す・・・、六ヶ所村:「核燃サイクル推進」を要望・・・
    7月4日 関西テレビ放送:"核のごみ”抱える村の現実-青森県六ヶ所村【見られるうちにご覧ください】に関連しています。

    柏崎刈羽5号機が定検入り 東電、稼働原発1基に
    2012/01/25 00:28   【共同通信】
     東京電力は25日未明、柏崎刈羽原発5号機(新潟県、110万キロワット)の運転を停止し、定期検査に入った。これで東電の稼働している原発は同原発6号機だけとなる。3月下旬までには6号機も定検に入り、東電の全ての原発が止まる見通しだ。続きを読む

    10月30日 日本原子力研究開発機構理事長:もんじゅ「発電の実用化とは別の研究開発に軸足を移す方針」を明言・・・

    ※この記事は、
    10月14日 文科副大臣:もんじゅを視察「(安全検証の委員会組織について)安全評価もあるが、年内に初会合を」
    7月23日 小出氏講演:「原爆・原発と憲法9条」@堅田9条の会【その③】の続報です。

    もんじゅ、研究開発に軸足 原子力機構理事長
    2011/10/30 18:58   【共同通信】
     核燃料サイクルの中核を成す高速増殖炉の原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)を運営する日本原子力研究開発機構の鈴木篤之理事長は30日までに共同通信のインタビューに答え、実証炉や実用炉の建造を目指す従来路線は「なかなか国民には理解してもらえない」との認識を示し、発電の実用化とは別の研究開発に軸足を移す方向性を明言した。

    続きを読む

    9月17日 青森県原子力検証委:「現時点で対応すべき対策はとられている」

    ※この記事は、
    9月15日 イギリスから青森へ高レベル廃棄物到着【10年かけて約900本返還・・・】
    9月6日 電力総連:運動方針から「原発推進」を外す・・・、六ヶ所村:「核燃サイクル推進」を要望・・・
    7月4日 関西テレビ放送:"核のごみ”抱える村の現実-青森県六ヶ所村【見られるうちにご覧ください】などに関連しています。

    【青森】原子力検証委 各施設の安全対策評価
    (2011年9月18日  読売新聞)
    報告書素案 現時点の対応 大筋了承
     東京電力福島第一原発事故を受けて県内原子力施設が取った安全対策を検証する「県原子力安全対策検証委員会」の7回目の会合が17日都内で開かれ、事務局の県がこれまでの議論を踏まえた報告書の素案を提出した。各施設の安全対策については、「現時点で対応するべき対策はとられている」として、いずれも大筋で了承した。今後は委員の個別意見をどう盛り込むかなどの作業が残っているが、全体方針は維持される見通しで、報告書の大枠が固まった。
    続きを読む

    9月3日 中川文科相:もんじゅ「来年度予算に必要経費を計上、Na冷却材は検証委員会を設置し結論を出す」・・・

    ※この記事は、
    8月30日 原子力委員会:原子力大綱を1年後めどに取りまとめ【夢がどんどん先延ばしになる・・・】
    8月23日 原子力研究開発機構:もんじゅ「10月ころの復旧をめざす」福井県に報告
    8月8日 菅首相:「原発に依存しない社会、『依存』の中には核燃料再処理・もんじゅも含まれる
    7月15日 文科相:もんじゅ開発中止について「一言も言っていない」と釈明
    7月4日 関西テレビ放送:"核のごみ”抱える村の現実-青森県六ヶ所村【見られるうちにご覧ください】などに関連しています。

    もんじゅ 来年度予算凍結せず
    東京新聞 2011年9月3日 朝刊
     開発中止か否かが議論になっている高速増殖炉もんじゅ(福井県敦賀市)について、中川正春文部科学相は二日、来年度予算に必要経費を計上する方針を明らかにしたただ、水と触れると激しく反応するナトリウムを冷却材に使うことに懸念を表明。地震などに見舞われた際の安全性を再検証するため、識者による検証委員会を設ける意向を示した


    続きを読む

    8月30日 原子力委員会:原子力大綱を1年後めどに取りまとめ【夢がどんどん先延ばしになる・・・】

    ※この記事は、
    5月18日 伴英幸氏による日本の原子力政策@CNIC

    7月23日 小出氏講演:「原爆・原発と憲法9条」@堅田9条の会【その①】
    8月19日 政府:第4期科学技術基本計画を閣議決定【核燃サイクル・次世代原発の記述を削除】に関連しています。

    原子力大綱見直し再開=1年後めどに取りまとめ―原子力委
    時事通信 8月30日(火)12時32分配信

     国の原子力委員会(近藤駿介委員長)は30日の会合で、原子力政策の基本方針となる「原子力政策大綱」の見直し作業の再開を決めた。東京電力福島第1原発事故の収束に向けた取り組みが進展し、論点を整理するための有識者ヒアリングも一巡したことから、1年後をめどに新大綱を策定する方針だ。

    続きを読む
    ブログ内キーワード検索
    【必読記事一覧】
    【必読記事一覧】
    初めての方は、是非こちらからご覧ください。
    New! 記事を2件追加しました。
    最新記事
    カテゴリ別アーカイブ
    track feed ぼちぼちいこか。。。
    プロフィール
    アクセスカウンター
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計:

    最新コメント
    • ライブドアブログ