※この記事は、11月14日 東電株主:歴代役員61名に対し5兆5千億円の損害賠償請求を監査役へ提出に関連しています。

東電実質国有化へ検討着手 副社長表明、3月に結論 
2012/01/12 18:33   【共同通信】
 東京電力の藤本孝副社長は12日、枝野幸男経済産業相が昨年末に検討を求めた「一時的な公的管理」に関し、「総合特別事業計画の中で増資の話も議論していきたい」と述べ、計画を策定することし3月に向けて政府出資による実質国有化を検討する考えを示した
 当初は2月としていた家庭向け電気料金の値上げ申請については「計画の認定を受け次第、できるだけ早く申請するのがプロセスだ」と説明した。電気事業連合会の記者会見で語った。
 家庭向け料金では西沢俊夫社長が昨年12月、値上げは「事業者の権利」と話し、早ければことし2月にも申請する考えを表明していた。
http://www.47news.jp/CN/201201/CN2012011201001630.html

東電に株主代表訴訟提訴へ 歴代経営陣に5兆5千億円
2012/01/12 22:12   【共同通信】
 福島第1原発の事故をめぐり、東京電力の株主42人が同社監査役に現・旧経営陣60人を相手取り計約5兆5千億円の損害賠償を求め提訴するよう請求したことに対し、東電側は提訴しない方針を決めたことが12日、関係者への取材で分かった。続きを読む