※この記事は、
9月16日 野田首相:国連総会での一般討論演説の骨組み「震災復興と原発事故収束に取り組む」【「国際社会への公約」】・・・
9月14日 国連:「想定が甘すぎた」と指摘、IAEAは放射線観測システム構築を提言・・・。
9月12日 【文字起こしUP】後藤政志氏解説「東電黒塗り文書について」@CNIC

9月12日 フランス核施設爆発事故の続報まとめ・・・。
9月12日 政府・原子力災害対策本部:IAEAに追加報告書提出・・・
6月11日とうとう出てきた元IAEAの東電暴露インタビュー
6月8日 原発安全基準策定でIAEA外しの動きの報道などに関連しています。

【社説】力不足を露呈したIAEA
日本経済新聞社 2011/9/18付
 国際原子力機関(IAEA)は世界の原子力安全の見張り役になれるか。IAEA理事会が採択した「行動計画」をみる限り、力不足は否めない。深刻な原子力事故が起きれば影響は世界に及ぶ。同機関の機能を高め、原発保有国が事故情報を共有し安全に関する技術協力を緊密にする努力が強く求められている。
 IAEAは東京電力・福島第1原子力発電所事故を受けて6月に閣僚級会合を開き、原発安全の強化のために必要な対策をまとめた行動計画案を作成した。しかし13日の理事会で採択された内容は、各国の安全対策を点検する抜き打ち的な実施が盛り込まれないになど当初案から後退した。続きを読む