ぼちぼちいこか。。。

「できない理由を探すより、できる方法を探そう」
毎日忙しく仕事に追われている方々のために、原発関連のニュース、重要な講演などの文字起こしや自分の考えをUPしています。
少しでもみなさんのお役に立てるよう頑張ります。みんなで一緒に考えて行動していきましょう! 

いつもご覧いただきありがとうございます。
「これは!」と思う記事がありましたら、ぜひ身近な方に広めていただきたくお願いいたします。

著名な識者の方のカテゴリを作りましたので、文字起こしなど幾分探しやすくなったかと思います。基本的に私がやった内容起こしは転載OKです。

多の方に届くように願っております。

文部科学省

2月2日 文科省・放射線審議会:乳児用食品50Bq⇒100Bqでよいと答申『新基準は厳しすぎる』【驚愕と絶句・・・】

※この記事は、
1月27日 【提出しました】厚労省:一般食品の放射線測定器の検出限界を50⇒25Bq/kgに変更へ【締切は2月13日/パブリックコメント出しましょう!】
1月12日 【意見送付しました】厚労省の食品新基準に対するパブリックコメント出しましょう!【飲料水10Bq/kg、一般食品100Bq/kgについて】に関連しています。

セシウム新基準値:乳児用食品100ベクレルに…答申案
毎日新聞 2012年2月2日 23時10分
 厚生労働省の諮問を受け、食品の放射性セシウムの新基準値案を審議していた文部科学省の放射線審議会(会長・丹羽太貫京都大名誉教授)は2日、乳児用食品と牛乳について、1キロあたり50ベクレルを100ベクレルに緩めてもよいとする答申案をまとめた。次回に最終案を厚労省に答申する。続きを読む

12月3日 福島8町村総決起大会:政府・東電に「完全賠償なくして復興と再生はあり得ない」

福島の8町村が原発完全賠償要求 「世界最大の被害者」
2011/12/03 19:06   【共同通信】
 東電福島第1原発が立つ福島県双葉町、大熊町を含む双葉郡8町村の住民、首長らが3日、同県いわき市で総決起大会を開き、原発事故で生じた損害を完全に賠償するよう求める要求書を国、東電に提出
 国に対し「われわれは世界最大の被害者。完全賠償なくして復興と再生はあり得ない」と主張。文部科学省の原子力損害賠償紛争審査会の委員として、地元からの参加を求めた。東電には事故の責任を最後まで果たすことなどを要求した。
 大会に野田佳彦首相の出席を求めていたが訪れず、細野原発事故担当相と平野復興対策担当相が出席した。会場のいわき明星大の講堂は約1400人の住民でほぼ満員。
http://www.47news.jp/CN/201112/CN2011120301001633.html

当然の要求とBochibochiは思います。
東電、政府はこの方々の補償をきっちりと行うべきです。

この方々は、人生が変わったんです。
単なる天災ではないということ、どうしたら認識していただけるでしょうか?

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

11月21日 小出氏:夢の原子炉『もんじゅ』、高速増殖炉の現実@たねまき

※この記事は、
11月4日 日本原子力研究開発機構:もんじゅのストレステストに有識者検討委員会を設置へ
10月30日 日本原子力研究開発機構理事長:もんじゅ「発電の実用化とは別の研究開発に軸足を移す方針」を明言・・・
10月14日 文科副大臣:もんじゅを視察「(安全検証の委員会組織について)安全評価もあるが、年内に初会合を」
7月23日 小出氏講演:「原爆・原発と憲法9条」@堅田9条の会【その①】などに関連しています。

だいぶ時間が経ってしまっていますが、内容を起こしました。
もんじゅについては、まさに夢の計画ですね・・・。

20111121 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

【以下、お時間のない方のために内容を起こしています。ご参考まで】

続きを読む

9月12日 文科省:福島原発周辺海域の放射性物質調査の精度を向上へ・・・

※この記事は、
8月25日 国立環境研究所:3.11~3.30の間の放射性物質の放出量解析を発表・・・
8月24日 中国国家海洋局:29倍のストロンチウム、セシウム137が300倍検出などに関連しています。

福島第1原発:海の放射性物質調査 1万倍精度向上へ
毎日新聞 2011年9月12日 20時28分
 文部科学省は12日、東京電力福島第1原発事故後に実施している周辺海域での放射性物質濃度調査で、多くの地点で不検出の状態が続いているため、今後は検出限界値を下げて最大約1万倍まで精度を高めることを明らかにした。また試験的に7月末に採取した海水を高精度で調べたところ、原発から約30キロ東の地点でセシウム134(半減期2年)を1リットル当たり0.39ベクレル、同137(同30年)を0.51ベクレル検出した。この数値は事故前の200~400倍だが、飲料水で定めた国の暫定基準値の200分の1程度という。
続きを読む

9月3日 中川文科相:もんじゅ「来年度予算に必要経費を計上、Na冷却材は検証委員会を設置し結論を出す」・・・

※この記事は、
8月30日 原子力委員会:原子力大綱を1年後めどに取りまとめ【夢がどんどん先延ばしになる・・・】
8月23日 原子力研究開発機構:もんじゅ「10月ころの復旧をめざす」福井県に報告
8月8日 菅首相:「原発に依存しない社会、『依存』の中には核燃料再処理・もんじゅも含まれる
7月15日 文科相:もんじゅ開発中止について「一言も言っていない」と釈明
7月4日 関西テレビ放送:"核のごみ”抱える村の現実-青森県六ヶ所村【見られるうちにご覧ください】などに関連しています。

もんじゅ 来年度予算凍結せず
東京新聞 2011年9月3日 朝刊
 開発中止か否かが議論になっている高速増殖炉もんじゅ(福井県敦賀市)について、中川正春文部科学相は二日、来年度予算に必要経費を計上する方針を明らかにしたただ、水と触れると激しく反応するナトリウムを冷却材に使うことに懸念を表明。地震などに見舞われた際の安全性を再検証するため、識者による検証委員会を設ける意向を示した


続きを読む
ブログ内キーワード検索
【必読記事一覧】
【必読記事一覧】
初めての方は、是非こちらからご覧ください。
New! 記事を2件追加しました。
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
track feed ぼちぼちいこか。。。
プロフィール

タニガキ トキコ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ