ぼちぼちいこか。。。

「できない理由を探すより、できる方法を探そう」
毎日忙しく仕事に追われている方々のために、原発関連のニュース、重要な講演などの文字起こしや自分の考えをUPしています。
少しでもみなさんのお役に立てるよう頑張ります。みんなで一緒に考えて行動していきましょう! 

いつもご覧いただきありがとうございます。
「これは!」と思う記事がありましたら、ぜひ身近な方に広めていただきたくお願いいたします。

著名な識者の方のカテゴリを作りましたので、文字起こしなど幾分探しやすくなったかと思います。基本的に私がやった内容起こしは転載OKです。

多の方に届くように願っております。

文科相

3月2日 SPEEDI問題:文科相・政務三役、文科省幹部「一般にはとても公表できない内容と判断」という内容で内部文書作成【文科相は一部否定】

※この記事は、2月15日【内容起こし】第4回国会事故調、斑目氏の発言部分「『SPEEDIが生きてたらば、もうちょっとうまく避難できた』というのは、全くの誤解」【前半】などに関連しています。

SPEEDI予測「公表できない」 文科省文書に記載
東京新聞 2012年3月3日 02時23分
 東京電力福島第1原発事故5日目の昨年3月15日、緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)による放射性物質の拡散予測について、当時の高木義明文部科学相ら政務三役や文科省幹部が協議し「一般にはとても公表できない内容と判断」と記した内部文書が作成されていたことが2日、同省関係者への取材で分かった続きを読む

9月16日 文科相:「子供を優先に除染していく必要がある」【避難させてから除染が順序】

学校の除染計画を策定へ 文科相「子ども優先」
2011/09/16 12:50   【共同通信】
 中川正春文部科学相は16日の記者会見で、福島第1原発事故に伴う放射性物質に関し「子どもをまず優先して除染していく必要がある」と述べ、小中学校や通学路、公園で除染を進めるための行動計画をまとめる考えを明らかにした
 中川文科相は「ゼネコンを含めた事業者に委託する形もあれば、地域のみなさんと一緒に除染していくこともある。方向性をできるだけ早く出したい」と語った。除染対象は、妊婦が集まる施設も含め幅広く検討する。
 文科省は事故後に学校での屋外活動制限の基準として、新たに年間の積算被ばく線量で0・5ミリシーベルトに相当する毎時1マイクロシーベルトという目安を示した。
http://www.47news.jp/CN/201109/CN2011091601000409.html

こうやって、子供優先で除染作業を行うことは、もはや当たり前のことで、「今更何を改めて?」と思ってしまいますが、Bochibochiの考えを言わせていただきますと、どうしてもその除染作業をしている間だけでも、その土地を離れてほしいと思っています。
そうすれば、除染を始めるまでの期間、除染をしている期間などの被曝を減らせるんじゃないですか?
どうしても、第一優先として「子供の疎開」、進めてほしんですが・・・・。
【参考記事】
9月8日 子どもたちを放射能から守る福島NW中手代表@たねまきジャーナル

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
ブログ内キーワード検索
【必読記事一覧】
【必読記事一覧】
初めての方は、是非こちらからご覧ください。
New! 記事を2件追加しました。
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
track feed ぼちぼちいこか。。。
プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ