ぼちぼちいこか。。。

「できない理由を探すより、できる方法を探そう」
毎日忙しく仕事に追われている方々のために、原発関連のニュース、重要な講演などの文字起こしや自分の考えをUPしています。
少しでもみなさんのお役に立てるよう頑張ります。みんなで一緒に考えて行動していきましょう! 

いつもご覧いただきありがとうございます。
「これは!」と思う記事がありましたら、ぜひ身近な方に広めていただきたくお願いいたします。

著名な識者の方のカテゴリを作りましたので、文字起こしなど幾分探しやすくなったかと思います。基本的に私がやった内容起こしは転載OKです。

多の方に届くように願っております。

政府

10月7日 政府:原子力安全委からのヨウ素剤服用助言、「対策本部に届かなかった」と答弁書を決定

ヨウ素剤服用の助言、政府対策本部に届かず 政府が答弁書で認める
産経ニュース 2011.10.7 19:06
 政府は7日の閣議で、原子力安全委員会が東京電力福島第1原発事故の発生3日後の3月14日、体内被曝(ひばく)をした場合に健康被害を防ぐ効果がある安定ヨウ素剤を住民に服用させるべきとする助言をしながら、菅直人首相(当時)が本部長を務める政府の原子力災害対策本部に届いていなかったとする答弁書を決定した。公明党の浜田昌良参院議員の質問主意書に答えた。
 原子力安全委は同月13日、一定の被曝線量を超える住民に安定ヨウ素剤を服用させるよう求めるコメントを発表。翌14日に対策本部事務局にも助言を行った。しかし答弁書は、同事務局で「受けた記録が確認されていない」とした。
 結局、原子力安全委の助言をもとに政府の原子力災害現地対策本部長が16日、福島県や関係市町村に住民への安定ヨウ素剤の投与を要請したが、コメントから3日後、助言から2日後にずれ込んだ。
 答弁書は、安定ヨウ素剤が配布された福島県のいわき市など6市町村のうち、同市、富岡町では配布者数を、楢葉、双葉両町、川内村では配布者数と配布日時をそれぞれ「把握していない」とした。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111007/plc11100719090008-n1.htm

この記事を見たご両親は何とおっしゃるでしょう。
お子さんのことを守れなかったことを一生背負っていくのです。

あまりにも、あまりにも惨い・・・。

未だに起こってしまったこととして受け止めることができません・・・。

・・・失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

9月8日 政府:ベトナムへの原発輸出協議を再開へ・・・。

※この記事は、
8月4日5日 統一見解で原発輸出の方針変えず、閣議「国家間の信頼留意」【国民は?】
7月23日 海江田経産相:原発輸出交渉、トルコへ経産職員派遣へ【首相の了承は?】
7月1日 各国向け原発輸出、原子力協定の国会承認が暗礁に関連しています。

ベトナムとの原発協議再開へ
NHKニュース 9月8日 4時35分  
東京電力福島第一原子力発電所の事故のあと中断していた、日本が建設する予定のベトナムの原子力発電所を巡る政府間の協議が8日から半年ぶりに再開され、原発建設にあたっての費用の負担の在り方などについて意見が交わされる見通しです。

電力の需要が高まっているベトナムは、2030年までに原発14基を建設する予定で、このうち日本企業は2021年の稼働を目指す2基の原発を受注しました。この受注を、日本政府も支援する方針で、ことし1月からベトナム政府との間で協議を始めていました。その後、東日本大震災と福島第一原発の事故を受けて、協議はおよそ半年間、中断されていましたが、8日から再開されることになりました。今回、協議が再開されるのは、先月、日本政府が今後の原発の輸出について「すでに合意したものや交渉に入っているものは当面、継続する」という方針を受けたもので、原発の建設に向けた両国の費用の負担の割合や技術者の育成の進め方などについて意見を交わす見通しです。日本政府は、このほかトルコなどとの原発の輸出に向けた協議も今後、本格化させることにしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110908/t10015457081000.html

ちょっと待ってくださいよ・・・。
国がまだ原発を売ることをやめないというのですか・・・?
そんな国の国民で居たくないと感じてしまいます。

なんとかならないでしょうか・・・?
これ以上過ちを犯したくないんですけど・・・。
子どもたちの目を見て話せる大人で居たいんですけど・・・。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

9月7日 政府・民主党:JT株に引き続き、INPEXやJAPEXなどの一部株売却検討へ

※この記事は、8月10日 政府・民主党:復興財源確保のためJT株を一部売却検討へ・・・に関連しています。

復興財源:資源関連株売却へ…政府・民主が検討
毎日新聞 2011年9月7日 2時33分
 東日本大震災の復興財源確保に向けて、政府・民主党が国際石油開発帝石(INPEX)や石油資源開発(JAPEX)などの政府保有株を売却する検討に入ったことが6日、分かった両社の株式の一部はエネルギー特別会計が保有しており、原発関連の研究開発費の見直しなども含めて、エネルギー特会全体で500億~1000億円程度の財源を確保し、臨時増税幅の圧縮につなげる考えだ
続きを読む

9月2日 政府:電力使用制限、被災地で解除へ【残暑に備えて15%努力目標は継続】

※この記事は、8月30日 東京電力・東北電力:電力使用制限を前倒し解除する方針【努力目標は継続】に関連しています。

東日本大震災:電力使用制限 被災地で解除
毎日新聞 2011年9月2日 20時33分
 政府は2日夜、東京電力、東北電力管内の大口需要家に発動した電力使用制限令を、東日本大震災と新潟・福島豪雨の被災地で先行解除した。猛暑が峠を越えたほか供給力が回復し、電力不足の懸念は薄れたと判断。東電管内で22日、東北電は9日の予定だった終了日を繰り上げ、復旧・復興に不可欠な経済活動の正常化を下支えする。
続きを読む
ブログ内キーワード検索
【必読記事一覧】
【必読記事一覧】
初めての方は、是非こちらからご覧ください。
New! 記事を2件追加しました。
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
track feed ぼちぼちいこか。。。
プロフィール

タニガキ トキコ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ