川崎市、東電に2億2千万円請求 原発事故の水道関連損害
2012/02/01 18:57   【共同通信】
 川崎市は1日、東京電力福島第1原発事故に伴う下水汚泥焼却灰の保管費用など、昨年11月末までに支払額が確定した水道事業関連の損害約2億2600万円を東電に請求した。
 市によると、請求したのは上下水道と工業用水の汚泥の放射性物質を測定した費用や、焼却灰の保管費用など。続きを読む