原子力規制委員長に田中氏…しがらみない実務派
(2012年7月20日07時07分  読売新聞)
 政府は19日、9月に発足する新たな原子力規制組織「原子力規制委員会」について、委員長を含む委員5人の人事案を固めた。
 初代委員長には、放射線物理が専門の田中俊一高度情報科学技術研究機構顧問(67)を起用する。規制委の委員は原子力発電所の新たな安全基準を策定し、原発再稼働の適否を判断する重責を担う。政府は原子力事業者などとのしがらみのない実務派をそろえた。20日に国会に提示し、衆参両院で同意を得られれば首相が任命する。
 委員長以外の4人の委員は、
   中村佳代子日本アイソトープ協会プロジェクトチーム主査(62)、
   更田豊志日本原子力研究開発機構原子力基礎工学研究部門副部門長(54)、
   大島賢三・元国連大使(69)、
   島崎邦彦地震予知連絡会会長(66)

続きを読む