※この記事は、
1月20日 柏崎刈羽5号機、もんじゅで制御棒関連で不具合発生【核分裂をコントロールする要部分】に関連しています。

島根原発のトラブル原因公表
中国新聞 '12/2/3
 中国電力は2日、建設中の島根原子力発電所(松江市鹿島町)3号機で、2010年11月に発生した制御棒駆動装置のトラブルについて原因を発表した。金属部品の加工ミスに加え、誤った方法で作動試験を実施したのが主な要因とした
 制御棒駆動装置は、制御棒を燃料棒の間に挿入することで核分裂を抑制し、原子炉の運転を停止することができる。10年11月、装置の試験をしていた3号機で、205本ある制御棒のうち18本がスムーズに挿入できない不具合が発生した。続きを読む