ぼちぼちいこか。。。

「できない理由を探すより、できる方法を探そう」
毎日忙しく仕事に追われている方々のために、原発関連のニュース、重要な講演などの文字起こしや自分の考えをUPしています。
少しでもみなさんのお役に立てるよう頑張ります。みんなで一緒に考えて行動していきましょう! 

いつもご覧いただきありがとうございます。
「これは!」と思う記事がありましたら、ぜひ身近な方に広めていただきたくお願いいたします。

著名な識者の方のカテゴリを作りましたので、文字起こしなど幾分探しやすくなったかと思います。基本的に私がやった内容起こしは転載OKです。

多の方に届くように願っております。

岩手県

10月5日 岩手県警機動隊ダイバー:行方不明者を海中で大規模捜索「一人でも多く家族の元に返す」

東日本大震災:不明者発見へ県警、海中で大規模捜索 潜水、カメラで12日間 /岩手
毎日新聞 2011年10月5日 地方版

 県警は4日、東日本大震災の行方不明者の海中捜索を始めた。震災から半年を過ぎ行方不明者はなお1600人以上。県警機動隊のダイバーらは12日間にわたり三陸の海を捜索する
 県警警備課によると、大規模な海中捜索は初めて。9月に発見された遺体11体のうち、海上からは10体にのぼる。ここ数カ月、遺体はほとんど陸上からは見つからず、海から発見されているのが実情だという。今回の海中捜索は宮古市の田老漁港から陸前高田市の高田松原まで漁港周辺を中心に南北約120キロにわたり行われる。
 初日の4日は大槌町の吉里吉里漁港で県警機動隊員14人と釜石署大槌交番の警察官3人が参加。午後1時過ぎ、捜索開始の合図とともに、酸素ボンベや重りなど約30キロの装備を背負い、機動隊のダイバー4人が岸壁から飛び込んだ。
 岸壁付近は水深2~5メートル。4人は一列になり、岸壁に沿ってゆっくりと進む。海中に沈む大きな鉄骨や壊れたアスファルトを一つ一つ目で確認した。別の機動隊員はゴムボートから水中カメラで捜す。約1時間かけて付近約250メートルの捜索を終えると、今度は漁港から少し離れた浜辺で捜索を再開。海中におろしたロープを中心に4人で水深約5メートルの海中に潜った。
 初日は約3時間捜したが、結局、遺体は見つからなかった。ダイバーの藤村幸司巡査部長は「想像していたよりもがれきは少なかったが、どこに遺体があるのか判然としないまま捜索するのは難しい」と話す。機動隊の柏崎公彦副隊長は「一人でも多く家族の元に返すべく活動に当たる」と力を込めた。【安藤いく子】
http://mainichi.jp/area/iwate/news/20111005ddlk03040134000c.html

機動隊の方々の精神力に脱帽します。

どうか一人でも多くの方が、家族のもとに戻れますように・・・。

失礼します。

9月26日 岩手県:沿岸部の10か所の海岸で堤防を建設へ【高さを15.5~9.7mへ】

※この記事は、
8月26日 政府:集中復興期間を5年とて19兆円規模の事業計画を取りまとめ【原発事故さえなければ・・・】
7月17日 国交省:東北の緊急堤防48kmを8月末までに補強へなどに関連しています。

岩手、堤防を最大15・5mに 百年に一度の津波想定
2011/09/26 18:46   【共同通信】
 岩手県は26日、津波を防ぐために沿岸部の10カ所の海岸で整備する堤防の高さを15・5~9・7メートルにすると発表した。津波の発生頻度や費用を考慮し、100年に一度の津波を想定したため、東日本大震災の津波よりは低く設定した。
 震災前の堤防の高さが5・5メートルで18・3メートルの津波が押し寄せ、市街地が壊滅した陸前高田市の広田湾は12・5メートルにする。16・9メートルの津波がきた大船渡市の越喜来湾は11・5メートルとした
 東日本大震災級の津波に対しては、住民の迅速な避難を柱に、避難路や避難ビルの整備を組み合わせ多重防災型の町づくりを進めるとしている。
http://www.47news.jp/CN/201109/CN2011092601000693.html

出来うる限りの対策をすべきだと思います。
もう津波であんな映像を見るのは・・・。

世界中の人々が同じ思いだと思います。

人間ができうる限りの防護をしましょう・・・!

失礼します。
にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ
にほんブログ村

9月24日 福島県内の大学志望者数14%減、宮城県内8%減、岩手も7%減・・・

福島の大学を志望する者14%減 全国模試、原発事故影響か
2011/09/24 20:15   【共同通信】
 ベネッセコーポレーションが6月に実施した全国模擬試験の受験者のうち、福島県内の大学を志望する人数が昨年同期に比べ14%減少していたことが24日、分かった。宮城県内の大学志望者も8%減、岩手も7%減だった
 子会社の進研アドは、福島について東京電力福島第1原発事故の影響が出たと分析。一方で「6月時点では福島県を含めた被災地の情報が錯綜していた。今後は3県いずれも状況が変わってくる可能性がある」としている。
 6月の模試は来春入学を目指す高校3年生と浪人生計約40万人が受験。受験者は昨年6月に比べ約9千人増だった。
 福島県の大学の志望者は昨年に比べ約1800人減った。宮城は約4100人減、岩手は約1400人減だった。
 ベネッセは9月17日にも全国模試を実施した。結果が出る10月以降、あらためて分析する予定。
http://www.47news.jp/CN/201109/CN2011092401000689.html

子どもたちが被災地をわざわざ選ぶということは、現状の対応を見ている限り難しいでしょう。
残念ですが、Bochibochiもできるだけ原発から離れたところで勉強してほしいと思っていますから・・・。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

9月20日 岩手県:復興費用は約8兆円の試算発表

復興費用は8兆円=岩手県
時事通信(2011/09/20-18:23)
 岩手県は20日までに、東日本大震災からの復旧・復興に掛かる費用を8年間で約8兆円とする試算をまとめた。県復興基本計画(2011~18年度)に盛り込んだ全354事業について、市町村から聞き取りを行って算出した。
 内訳は、
  (1)防潮堤や復興道路建設など「安全の確保」に3兆7000億円
  (2)仮設住宅や災害復興公営住宅の整備など「暮らしの再建」に2兆2000億円
  (3)水産業の再生や中小企業の二重債務対策など「なりわいの再生」に1兆4000億円-など。
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2011092000794

岩手県の復興試算が出ました。
8兆円ですか・・・。

まだまだ他府県を考えるとこんなものでは済まないでしょう。

失礼します。
にほんブログ村 その他生活ブログ 東日本大震災・震災復興へ
にほんブログ村

ブログ内キーワード検索
【必読記事一覧】
【必読記事一覧】
初めての方は、是非こちらからご覧ください。
New! 記事を2件追加しました。
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
track feed ぼちぼちいこか。。。
プロフィール

タニガキ トキコ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ