ぼちぼちいこか。。。

「できない理由を探すより、できる方法を探そう」
毎日忙しく仕事に追われている方々のために、原発関連のニュース、重要な講演などの文字起こしや自分の考えをUPしています。
少しでもみなさんのお役に立てるよう頑張ります。みんなで一緒に考えて行動していきましょう! 

いつもご覧いただきありがとうございます。
「これは!」と思う記事がありましたら、ぜひ身近な方に広めていただきたくお願いいたします。

著名な識者の方のカテゴリを作りましたので、文字起こしなど幾分探しやすくなったかと思います。基本的に私がやった内容起こしは転載OKです。

多の方に届くように願っております。

山本太郎

7月30日【内容起こし】みんなで話そう「原発」国民投票【山本太郎・福士敬子 vs 杉田敦・今井一】『脱原発運動の進め方』【その④】

※この記事は、7月30日【内容起こし】みんなで話そう「原発」国民投票【山本太郎・福士敬子 vs 杉田敦・今井一】『ワンイシューとメディアコントロール』【その③】の続きです。

<02:16:00頃~>
(岩上氏)わかりました。一応重要なことなので、あともう一つ、先ほど山本太郎さんと杉田さんにというご指名のあった質問ですよね。
「民主国家として非常に未成熟だと思う。この官僚主導の国家の中で、果たして民主的手法というのはとりうるのか」
 山本さんは「官僚主導であると同時に、メディアが官僚と財界にコントロールされているようなこんな国では、大変不安だ」というお気持ちということですよね。ちょっとこの質問に対して短く答えてください。

(山本氏)でも、どうやれば変えていけるのかって話なんですけど、どっちにしろ草の根しかないんですよね。それは多分この国民投票っていう部分においても選挙っていう部分においても同じことですよね。
 ・・・
 気が遠くなっちゃいますね<苦笑>

(岩上氏)ちょっと杉田さんにお伺いしていい?

(山本氏)また返してくださいよ。

続きを読む

7月30日【内容起こし】みんなで話そう「原発」国民投票【山本太郎・福士敬子 vs 杉田敦・今井一】『ワンイシューとメディアコントロール』【その③】

※この記事は、7月30日【内容起こし】みんなで話そう「原発」国民投票【山本太郎・福士敬子 vs 杉田敦・今井一】『選挙と住民投票の違い』【その②】の続きです。

<01:32:10頃から>
杉田氏(杉田氏)原子力規制委員会の話は、もちろんこれはこれできっちり反対するべきなんですけども、ただこれで全部終わりになるってことではなくて、将来のエネルギー比率をどうするかっていうのを8月末に決めると言っていたのを、9月に今先延ばししました。
 結局この問題が一番大きくて、将来のエネルギー比率が原発ゼロなのかそうじゃないのかってこれが一番大きな問題ですね。
 今、これについてなぜ先延ばしにしたのかっていうのは、デモとかがこれだけ高まるっていうのは、やはり影響を与えてるんですよ。だから、「決して運動が何も政治を動かしてない」っていうのも、これはまた一種の悪しき敗北主義につながるということで、ちょっと注意する必要があると思います。もちろん、ひとつひとつ反対しておかなければいけないと思いますけども。

続きを読む

7月30日【内容起こし】みんなで話そう「原発」国民投票【山本太郎・福士敬子 vs 杉田敦・今井一】『選挙と住民投票の違い』【その②】

※この記事は、7月30日【内容起こし】みんなで話そう「原発」国民投票【山本太郎・福士敬子 vs 杉田敦・今井一】『脱原発の手法としての国民投票』【その①】の続きです。

<48:15頃~>
(岩上氏)弁論がつづいておりますけれども、杉田先生、是非ここでご発言願いたいと思います。基本的な考え、他の3人がそれぞれ10分間くらいですね。ほんとは5分という話が10分くらいに詰まった弁論が続いていますので、是非ご自身のお考えをご弁論いただければと思います。お願いします。

杉田氏(杉田氏)はい。ありがとうございます。
 さきほど岩上さんのほうで整理していただいた「勝てるかどうか」という話と、それからデモクラシーという点でどうかという、この二つの軸で、今井さんもそういうふうな論点からお話されたし、私もそういうふう考えで今日はまずまとめてみるといいと思うんですけれど、まず最初にはっきりさせておきたいことは、福士さん以外の都議はなぜ反対したのか?ということ。反対した人たちは、なぜ反対したかということをはっきり確認しておきたい。
 それは、「もし直接投票やれば脱原発が勝つから」ですよ。
 だから、直接投票に彼らは反対したんです。
 今、先ほど岩上さんのほうから、論理的には推進派で直接投票を支持するっていう人がいるという、これはそのことを想像することは私たちにも必要です。だけど、そういう人に会ったことはほとんどないです。
 あらゆる世論調査からいっても、世論調査というものが選挙に直接結びつくかどうかとか、或いはそれがどの程度・・・本来の意味で世論を代表しているかといろいろ問題があるにしても、去年の3月以降、脱原発の方向を支持する人は常に7割ですね。地域を問わず。立地地域であれ大都市部であれ。

続きを読む

7月30日【内容起こし】みんなで話そう「原発」国民投票【山本太郎・福士敬子 vs 杉田敦・今井一】『脱原発の手法としての国民投票』【その①】

さて、非常に興味深い討論会があったのをご存じでしょうか?
3.11以降、私は「原発をどうするかを誰が決めるのか?」ということを考えてきました。

ご参考として、この討論会をご覧になることを強く推奨させていただきます。

どうぞ。

【動画】IWJ ch1

http://www.ustream.tv/recorded/24353103 (176:23)


【みんなで話そう「原発」国民投票】
──「原発」反対派の「原発」国民投票に対する危惧・不安・疑問について山本太郎と福士敬子が問い、杉田敦と今井一が応じます。コーディネーターは岩上安身。
《出演》
進行:岩上安身(ジャーナリスト、IWJ代表) 
  山本太郎(俳優)
  福士 敬子(都議会議員)
  杉田 敦(政治学者、法政大学教授)
  今井 一(ジャーナリスト、みんなで決めよう「原発」国民投票事務局長)
http://kokumintohyo.com/archives/4826

【以下、お時間の無い方のために内容を起こしています。ご参考まで】

続きを読む

1月22日 【動画あり】『原発』東京都民投票:朝日新聞社説と署名活動の様子【本当に問題なのは無関心層】

※この記事は、
1月11日 『原発』大阪市民投票を実現させるために【市会議員の方々のコンタクトリスト作成しました】
1月9日 【追記・動画あり】『原発』大阪市民投票署名:必要数を超え52,190筆到達!!【市民運動の成果とこれから】
8月27日 【動画・要点】「原発」国民投票、やるべし、やれるよ、やりましょう!飯田哲也×杉田敦×マエキタミヤコ×宮台真司&今井一【その①】に関連しています。

【社説】原発住民投票―都民の関心、示すとき 
朝日新聞 2012年1月22日(日)付
 原発に、イエスかノーか。
 東京で住民投票をしよう。
 この署名活動が、いまひとつ盛り上がらない。
 呼びかけているのは、市民グループ「みんなで決めよう『原発』国民投票」。東京電力の大株主の東京都と、関西電力株を持つ大阪市に、住民投票を実施するための条例づくりを直接請求しようという活動だ。
 すでに1カ月間の署名期間を終えた大阪市では、請求に必要な「有権者の2%」を上回る、6万人あまりを集め、選管の審査を待っている。
 だが、東京では期間2カ月の3分の2が過ぎても、まだ必要な21万余の半分に届かない。
 この少なさは、どうしたことなのか。続きを読む

12月21日 山本太郎氏:大阪駅で『原発』市民投票実施のための署名活動を応援!!

※この記事は、
12月20日 橋下大阪市長:関電株主総会で脱原発の株主権行使を表明【住民投票をやることの意義】
12月1日 【追記あり】 『原発』国民投票のCM
12月10日 【動画あり】さようなら原発デモ:約5500人がデモに参加【国民が政策に意見する数少ない方法―動き出した原発住民投票】などに関連しています。

山本太郎さんが脱原発署名活動 大阪で市民団体と
2011/12/21 10:25   【共同通信】
 原発稼働の是非を問う住民投票の実施を求めている市民団体「みんなで決めよう『原発』国民投票」が21日に大阪市内で署名活動を実施した。俳優の山本太郎さんも参加した。
 市民団体は東京都内でも署名活動をしており、山本さんは東京の請求代表者を務める。大阪市が関西電力の筆頭株主であることから、同市での住民投票実施を求めている。住民投票条例の直接請求には有権者の50分の1の署名が必要で、大阪市では4万2千人分。市民団体は6万人分を目標にしている。
 署名活動は10日から始めており、各電力会社の稼働中や停止中の全ての原発を対象とする考え。
http://www.47news.jp/CN/201112/CN2011122101000988.html

【動画】IWJ Osaka ch2より
11/12/21 山本太郎氏 「原発」大阪市民投票の応援呼掛け。大阪梅田1
http://www.ustream.tv/recorded/19292613 (01:19)続きを読む

10月14日 東京・大阪・静岡で「原発」住民投票を・・・!12月から短期決戦で署名活動を開始へ!

※この記事は、10月2日 みんなで決めよう『原発』国民投票:12月から東京・大阪・静岡で住民投票を求める署名活動への続報です。

東京で「原発」住民投票を! 山本太郎「都民が責任感じなきゃいけない」
10月14日20時33分 提供:ニコニコニュース
山本太郎氏
 原発の将来のあり方について、国民が直接的な決定権を持つ「国民投票」の実施を実現するため活動している市民グループ、「みんなで決めよう『原発』国民投票」。同団体の賛同人である俳優の山本太郎氏らが2011年10月14日、都内で記者会見を開き、活動趣旨などを説明した。山本氏は「原発事故は、都民が一番責任を感じなければならない」と述べ、原発稼働の是非を問う「住民投票」の条例を東京都で制定すべきだと訴えた。

 「みんなで決めよう『原発』国民投票」は現在、「国民投票」実現の第一歩として、電力大量消費地であり、東京電力と関西電力のそれぞれ大株主である東京都と大阪市で、原発の是非を問う住民投票の実施を目指し活動している。山本太郎氏は、

「福島の東電原発が事故に遭って、東京都民が一番責任を感じなきゃいけないんじゃないかなと思っています。東京に電力を送るために(福島に)あのような原発が作られ、事故に遭ってしまった」と語り、電力大量消費地の人々が原発の将来について真剣に考え、意志を直接的に示すべきだと主張した。

続きを読む

7月22日【削除される前に見てください】山本太郎氏が報告-福島の現実【その②】

<22:15->
(山本A)中手さんの提案されたサテライト疎開。どういうふうに思われました?

(太郎氏)本当なら国が率先して真っ先にやらなきゃいけないことだと思うんですよ。自主避難という形で逃れられた方も、やっぱりそこにはお金がいるという現実があるから、動けない人もたくさん居ると思うんです。特にお子さんを抱えた方なんて。動けないでいることに、また自分自身を責めてしまったりする状況が生まれてると思うんです。このサテライト疎開っていうのは、本当に中手さんおっしゃったとおり、福島のアイデンティティを潰さずにそのコミュニティ、地域ごとだったり学校単位で疎開っていうことができるっていうことは、ほんと、これをやらないでどうするんだ?って。本当に福島の人たち、怒りで一杯だと思うんですよ。もう怒りを通り越して、悲しみで一杯だと思うんです。多分100歩どころじゃくて、1000歩くら譲って、「お願いしますから、これでお願いします」っていう、そういうふうに聞こえます。続きを読む

7月22日【削除される前に見てください】山本太郎氏が報告-福島の現実【その①】

※この記事は、5月31日 汚染地域の子供を疎開させる方法(案)に関連しています。

山本太郎が見た福島の現実  (31:41)
【追記】※削除されたようなので、DMを追記します。
http://www.dailymotion.com/video/xk1bxv_20110720-yyyyyyy-yyyyy_news

とにかく、削除される前に見てください。
後ほど内容を起こして、ログ残します。

・・・失礼します。

【追記】
7月20日スーパーニュースアンカー
(村西C)深刻さを増す放射能汚染、俳優の山本太郎さんをスタジオに招いて福島の現実に迫る。
俳優の山本太郎さんは放射能汚染が広がる福島を現地取材。
今子供たちに必要なものとは?


(山本浩之A)いつもはレギュラーコメンテーターの青山さんがニュースの裏側を解説されていますが、今日は緊急企画として、山本太郎さんと一緒に様々な影響が出始めている放射能汚染について考えていこうと思う。
反原発を宣言されて、このところ精力的に活動されてますね。
1

続きを読む
ブログ内キーワード検索
【必読記事一覧】
【必読記事一覧】
初めての方は、是非こちらからご覧ください。
New! 記事を2件追加しました。
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
track feed ぼちぼちいこか。。。
プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ