ぼちぼちいこか。。。

「できない理由を探すより、できる方法を探そう」
毎日忙しく仕事に追われている方々のために、原発関連のニュース、重要な講演などの文字起こしや自分の考えをUPしています。
少しでもみなさんのお役に立てるよう頑張ります。みんなで一緒に考えて行動していきましょう! 

いつもご覧いただきありがとうございます。
「これは!」と思う記事がありましたら、ぜひ身近な方に広めていただきたくお願いいたします。

著名な識者の方のカテゴリを作りましたので、文字起こしなど幾分探しやすくなったかと思います。基本的に私がやった内容起こしは転載OKです。

多の方に届くように願っております。

子供

9月11日 福島県の子供から甲状腺ガン発症1例確認・・・

※この記事は、8月30日【内容起こし】小出裕章氏:原子炉への冷却水量一時低下、福島の子供たち13,646人の甲状腺のしこり、浜岡5号機の海水とサビについて@たね蒔きジャーナルに関連しています。

甲状腺がん:検査で子ども1人確認 原発事故と関係否定
毎日新聞 2012年09月11日 20時33分(最終更新 09月11日 22時13分)
 福島県の子どもの甲状腺検査で初めて1人が甲状腺がんと診断されたことが11日、県民健康管理調査の検討委員会(座長=山下俊一・福島県立医大副学長)で報告された。同大で担当の鈴木真一教授は「チェルノブイリ事故後の発症増加は最短で4年」などとして、福島第1原発事故との因果関係を否定した。続きを読む

9月16日 文科相:「子供を優先に除染していく必要がある」【避難させてから除染が順序】

学校の除染計画を策定へ 文科相「子ども優先」
2011/09/16 12:50   【共同通信】
 中川正春文部科学相は16日の記者会見で、福島第1原発事故に伴う放射性物質に関し「子どもをまず優先して除染していく必要がある」と述べ、小中学校や通学路、公園で除染を進めるための行動計画をまとめる考えを明らかにした
 中川文科相は「ゼネコンを含めた事業者に委託する形もあれば、地域のみなさんと一緒に除染していくこともある。方向性をできるだけ早く出したい」と語った。除染対象は、妊婦が集まる施設も含め幅広く検討する。
 文科省は事故後に学校での屋外活動制限の基準として、新たに年間の積算被ばく線量で0・5ミリシーベルトに相当する毎時1マイクロシーベルトという目安を示した。
http://www.47news.jp/CN/201109/CN2011091601000409.html

こうやって、子供優先で除染作業を行うことは、もはや当たり前のことで、「今更何を改めて?」と思ってしまいますが、Bochibochiの考えを言わせていただきますと、どうしてもその除染作業をしている間だけでも、その土地を離れてほしいと思っています。
そうすれば、除染を始めるまでの期間、除染をしている期間などの被曝を減らせるんじゃないですか?
どうしても、第一優先として「子供の疎開」、進めてほしんですが・・・・。
【参考記事】
9月8日 子どもたちを放射能から守る福島NW中手代表@たねまきジャーナル

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

9月11日 【文字起こし】武田先生の講演会@江戸川区 「こどもたちのみらいのために」【その②】

※この記事は、9月11日 【動画・文字起こしUP】武田先生の講演会@江戸川区 「こどもたちのみらいのために」【その①】の続きです。

【放射性物質とDNA損傷の影響】の続き
<30:10頃‐>
(武田氏)
そういうことで、私なんかの場合はほとんど遺伝子が傷ついても気が付かないんです。
これ、全く怖がらずに聞いてくださいね。これ煽るとかじゃないですから。
チェルノブイリの時に、甲状腺がんが出たのは0.5歳から7歳だったんです。10歳くらいの女の子は何も起こらなかったんです。それで、
「10歳くらいになると、さすが防御能力が上がって何も起こらないな」
と思ってたんです。

続きを読む

9月5日 原子力安全委:3月実施の子供たちの甲状腺検査結果「全体を把握することが目的」「誤差が大きい」「内部被曝を推計評価は乱暴すぎる」

※この記事は、
8月18日 小出氏:甲状腺被曝の評価、推定放出量2億Bq/h、避難準備区域の解除・除染@たねまき
8月17日 原子力対策本部:小児甲状腺被曝の説明会で『問題となるレベルではない』と説明【その根拠は?】
8月13日 福島県:3月下旬の検査で1149人中約半数からヨウ素検出、南相馬市のセシウム検査【内部被曝の意味】(←この記事のことだと思います)、
8月11日 原子力安全委:福島の子供の甲状腺検査結果をHP上から削除【4歳児が35msvの被曝・・・】
7月24日 福島県:10月以降子供36万人の甲状腺継続検査実施へ・・・
7月22日【削除される前に見てください】山本太郎氏が報告-福島の現実【その①】
7月4日5日 関係省庁:福島圏内全学校で線量連続測定と安全委員会:3月下旬で福島の子供45%が甲状腺被曝も精密検査不要・・・
7月2日 『福島の子供「問題ナシ」決め付けていいの?』と『子供に体調異変が始まっている』
6月1日緊急セミナー:国際専門家から見た子供の20msV問題
5月30日 東電:被曝限度オーバーの作業員、ヨウ素材服用せずなどに関連しています。

甲状腺被曝の子「健康リスク評価できぬ」 原子力安全委
朝日新聞社 2011年9月5日20時17分
 東京電力福島第一原発事故で周辺の子どもたちが甲状腺にどれぐらい被曝(ひばく)したのかを調べた政府の現地対策本部による検査結果について、原子力安全委員会は5日、個々の健康リスクは評価できないと結論づけた。その上で、長期的に子どもを追跡する県の健康調査の充実が重要だとした


続きを読む
ブログ内キーワード検索
【必読記事一覧】
【必読記事一覧】
初めての方は、是非こちらからご覧ください。
New! 記事を2件追加しました。
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
track feed ぼちぼちいこか。。。
プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ