※この記事は、
8月17日 事故調検委:水素爆発予測できず、ベント手順書もなし【毎日新聞のヒアリングメモ】
8月23日 【起こし追記】民主党・原口議員:『ICが3回止められていた』『東海第二、主蒸気逃し安全弁で減圧!?』@ニュースの深層【その①】に関連しています。

福島原発事故の対応拠点を公開 Jヴィレッジ、報道陣に
2011/11/11 19:44   【共同通信】
 政府と東京電力は11日、福島第1原発事故の対応拠点となっているスポーツ施設「Jヴィレッジ」(福島県楢葉町、広野町)を報道陣に公開した。当初は内部被ばく線量測定器などの不足が批判を浴びたが、事故発生から8カ月が経過、今後も長期間に及ぶ収束作業を支える環境整備が進んでいた。
 約50ヘクタールの敷地に12面あるサッカー場はヘリポートや除染施設、資材置き場、駐車場などに姿を変え、白や水色の防護服に身を包んだ作業員が真剣な面持ちで行き来する。
http://www.47news.jp/CN/201111/CN2011111101000796.html
 

第1原発を報道陣に初公開 細野氏の視察に同行
2011/11/12 11:58   【共同通信】
 細野豪志原発事故担当相は12日、東京電力福島第1原発を視察した。記者団も同行して敷地内に入った。3月11日の事故発生後、敷地内が報道陣に公開されたのは初めて

続きを読む