ぼちぼちいこか。。。

「できない理由を探すより、できる方法を探そう」
毎日忙しく仕事に追われている方々のために、原発関連のニュース、重要な講演などの文字起こしや自分の考えをUPしています。
少しでもみなさんのお役に立てるよう頑張ります。みんなで一緒に考えて行動していきましょう! 

いつもご覧いただきありがとうございます。
「これは!」と思う記事がありましたら、ぜひ身近な方に広めていただきたくお願いいたします。

著名な識者の方のカテゴリを作りましたので、文字起こしなど幾分探しやすくなったかと思います。基本的に私がやった内容起こしは転載OKです。

多の方に届くように願っております。

地震

1月4日 気象庁:震度5以上の地震、過去の平均は4回に対し、2012年は68回【地震活動期であることは間違いない】

※この記事は、12月11日 【動画・内容起こし】石橋克彦氏講演会「『若狭原発震災』前夜の私たち」@名古屋市女性会館ホール【その①】に関連しています。

地震:震度5弱以上、昨年は最多 17年分相当68回
毎日新聞 2012年1月4日 15時00分
 昨年1年間に震度5弱以上の揺れを記録した地震は68回で、気象庁が統計を取り始めた1926年以降(96年以前は5弱と5強の区別なし)で最多だったことが分かった。過去の年平均は約4回で、17年分の強い地震が日本列島を襲ったことになる。東日本大震災を機に地震活動が活発な状態になったことが原因で、震度1以上の有感地震も計9723回と観測史上3番目の多さだった。
 気象庁の集計(速報値)によると、昨年発生した地震は
  ▽震度7の東日本大震災のほか、
  ▽震度6強=4回
  ▽震度6弱=4回
  ▽震度5強=17回
  ▽震度5弱=42回。これらの地震のうち、東日本大震災以前に発生したのは、3月9日に発生した震災の「前震」とされる地震(震度5弱)だけだった。過去、震度5弱以上が最多だったのは00年の45回で、記録を大幅に更新した。続きを読む

10月23日 トルコ東部でM7.2の地震、死者は500~1000人規模になると懸念・・・

※この記事は、
10月19日 枝野経産相:トルコに対し現地原発建設計画の交渉継続を要請
7月23日 海江田経産相:原発輸出交渉、トルコへ経産職員派遣へ【首相の了承は?】
8月4日 トルコ・エネ天然資源省:「東電に変わる運営主体を具体的に」-回答ない場合は交渉打ち切り示唆に関連しています。

日本でも記事になっていましたが、AP通信の記事をGoogle翻訳をベースに編集しています。誤訳等あるかもしれませんが、状況を知っていただくには十分かと思います。

今は、祈ることしかできません・・・。

トルコ東部で地震、500~1000人死亡か
読売新聞 10月23日(日)20時16分配信
 【カイロ=大内佐紀】米地質調査所(USGS)によると、トルコ東部で23日午後1時41分(日本時間同午後7時41分)ごろ、マグニチュード(M)7・2の地震があった。
 震源はイランとの国境に近いワン県で、深さは約20キロ。ロイター通信などは、トルコ地震研究所が死者数は500~1000人規模に上るとの見通しを示したと伝えた。
 トルコのアタライ副首相は県都ワンや近隣のエルジシュなどで多数の建物が倒壊したと述べた。ロイター通信によると、学生寮を含む約30棟が崩れ落ちたエルジシュでは病院に約50人の遺体が運び込まれた。県都ワンでも被害が広がっており、死傷者数の増大が懸念されている。
 がれきの下からは生存者が助けを求める声が聞こえるといい、地元テレビは、近隣住民が手作業でがれきを除く姿を映し出した。
 エルドアン首相は軍を動員しての迅速な救援活動を指示したが、ワンの空港も大きな被害を受け、救援物資の搬送もままならない状況。被災地域の通信状態は悪化し、停電している。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111023-00000595-yom-int

トルコでM7.2の地震で建物崩壊、85人死者
SELCAN HACAOGLUとスーザンフレイザー - AP通信| AP - 10月23日(日)
 アンカラ、トルコ(AP) - M7.2の地震は、少なくとも85人が死亡し、それがねじれ鋼とコンクリートの塊の山に建物の数十の崩壊、広域にパニックを引き起こし、日曜日にトルコ東部を襲った。

続きを読む

9月9日 カナダ・バンクーバー島:M6.7の地震発生【この規模は10年に1回・・・】

カナダのバンクーバー島で地震 津波の心配なし
2011.09.10 Sat posted at: 10:43 JST
Canada 9月9日地震(CNN) カナダ西海岸のブリティッシュコロンビア州バンクーバー島近くで9日午後、マグニチュード(M)6.7の地震が発生した。米地質調査所(USGS)が明らかにした。
震源地はバンクーバー市の西約282キロの地点で、震源の深さは約80キロだった。太平洋津波警報センター(PTWC)は、この地震による津波の心配はないとしている。
ブリティッシュコロンビア州ビクトリアの地質調査所のジョン・キャシディ氏によると、バンクーバー島の多くの住民が揺れを感じ、特に高層ビルは前後に大きく揺れたという。
震動は10秒~20秒ほど続き、9日午後の時点で損害や負傷者の報告は入っていないという。
キャシディ氏によると、カナダでは今回と同規模の地震が発生するのは10年に1回あるかないかだという。
http://www.cnn.co.jp/world/30003937.html

地震学のこと、本当によくわかりませんが、活動期に入っているんでしょうか・・・。こちらは、M6.3となっていますが、修正されたんでしょうか。

あまりカナダで地震って報道されていた記憶がなかったもので・・・。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村

9月6日 厚労省:岩手・宮城・福島で少なくとも7万人の失業者の可能性・・・。

東日本大震災:被災3県 失業7万人超 困窮者続出懸念も
毎日新聞 2011年9月6日 2時35分(最終更新 9月6日 20時47分)
 東日本大震災の影響で失業した労働者は、岩手、宮城、福島3県で少なくとも7万人に上る可能性があることが、厚生労働省の集計で分かった。3県の雇用情勢について同省は「有効求人倍率などの指標は改善の兆しがある」とするが、復興の遅れから十分な回復にはほど遠い。被災地では雇用保険の失業手当が切れ始める秋以降、経済的に追い込まれる労働者が続出するとの懸念が広がっている
続きを読む

9月5日 東北大内田助教:東北沖M9級地震、最短260年間隔と試算・・・

東北沖「M9」地震、最短260年間隔の試算

読売新聞 9月5日(月)14時50分配信

  東北沖で、東日本大震災と同じマグニチュード(M)9クラスの巨大地震が最短では260年間隔で起きるという試算を、東北大の内田直希助教(地震学)がまとめた。
 東北地方が乗っているプレート(板状の岩盤)の下には、太平洋側から西方向に別のプレートが徐々に沈み込んでおり、プレート境界に徐々に「ひずみ」がたまっていく。このひずみを解消しようとして地震が繰り返し起きているが、岩石の凹凸の具合などによりプレート同士が元々強くくっついているほど、ひずみが頻繁には解消されず、比較的短期間で大きなひずみがたまってしまうとされる。

続きを読む

9月1日 米North Anna原発:使用済燃料保管容器が地震でスライドしていた…【「Unbelievable」で済むのか?】

※この記事は、8月30日 アメリカNRC:North Anna原発、追加点検を実施へ【こちらも『想定外』】に関連しています。

米原発の核燃料容器10cm動く 東部地震で
2011/09/02 11:02   【共同通信】
 【ワシントン共同】米東部で8月23日に発生したM5・8の地震で、バージニア州の震源から約20キロのノースアナ原発にある使用済み核燃料の保管容器25基が、最大で約10センチ移動していたことが1日分かった放射性物質の漏れはなかった。同原発を運営する電力会社が、米メディアに明らかにした。

 米原子力規制委員会(NRC)報道官はCNNテレビに対し、米国内の原発がこの規模の地震に見舞われたのは史上初めてで、保管容器が動いたのも初めてだと語った

 動いた保管容器は、いずれも円筒形で高さ約5メートル、重量約115トン。同原発には容器は計53基ある。
http://www.47news.jp/CN/201109/CN2011090201000249.html

【元記事】
Officials: Virginia quake shifted nuclear plant's storage casks
From Brian Todd, CNN
September 1, 2011 6:40 p.m. EDT

続きを読む

8月30日 保安院:福島原発・東海第2・東海再処理施設に新たに14箇所の活断層・・・

※この記事は、8月2日未明の駿河湾震源の地震は、東海地震とは別-1週間は震度4程度の余震に注意に関連しています。

活断層の可能性14カ所確認 保安院、原発周辺で
2011/08/30 21:03   【共同通信】
 経済産業省原子力安全・保安院は30日、東京電力福島第1、第2原発、日本原子力発電東海第2原発と日本原子力研究開発機構の東海再処理施設(ともに茨城県)周辺で、活動の可能性が否定できない断層など計14カ所を新たに確認したと発表した。

 東日本大震災を踏まえた保安院の指示を受け、各事業者が調査結果を報告した。いずれの断層なども、ずれた場合でも想定した最大の揺れの強さ(基準地震動)を下回り、各事業者は「耐震性に問題はない」としている

続きを読む

8月29日 アメリカNY・NJ:アイリーンの猛威、被害状況は・・・。

※この記事は、8月23日 【追記あり】アメリカNorth VerginiaでM5.9の地震!!【昼寝してた!!】に関連しています。

「アイリーン」死者20人、被害額767億円に
(2011年8月29日14時57分  読売新聞)
【ニューヨーク=柳沢亨之】ハリケーンから熱帯暴風雨となって米北東部を襲った「アイリーン」は28日、ニューヨークを直撃した後、北上し、米ハリケーンセンターは28日夜(日本時間29日午後)、米カナダ国境付近で熱帯暴風雨としての勢力を失ったと発表した。

続きを読む
ブログ内キーワード検索
【必読記事一覧】
【必読記事一覧】
初めての方は、是非こちらからご覧ください。
New! 記事を2件追加しました。
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
track feed ぼちぼちいこか。。。
プロフィール

タニガキ トキコ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ