※この記事は、
11月7日 小出氏:臨界と自発核分裂の判断基準変更と福島のチェルノブイリ調査団から見えた除染の限界@たねまき
10月18日 小出氏:足立区の3.99μSv/時、工程表の冷温停止年内達成と800万分の1の意味、野田総理の「個々に判断する」発言@たねまきに関連しています。

ファイル:東日本大震災 東電、安全対策改定を報告 温度変化で臨界判定
毎日新聞 2011年11月10日 東京朝刊
 東京電力は9日、福島第1原発事故の中期的安全対策を改定し、経済産業省原子力安全・保安院に提出した。号機で半減期の短い放射性キセノンが検出され、核分裂が継続する臨界の可能性が一時浮上したことを受け、キセノンなどの監視機能を強化するほか、圧力容器底部の温度上昇などでも臨界かどうかを判断できるよう新たな基準を設けた続きを読む