※この記事は、9月27日 東電賠償関連:飯舘村は「異議申し立てしない」署名に注意喚起、法人向け賠償書類も発送、政府:福島に5000億円規模基金創設へに関連しています。

原子力被害対策基金、見送り 国「除染費予算化」と補助金交付せず 
福島民報(2011/09/28 09:39)
 東京電力福島第一原発事故に伴う自主避難者への支援や除染などに充てる県の原子力被害応急対策基金の創設が国の補助金を受けられず、27日までに見送られる見通しとなった原子力事故被害緊急措置法で自治体による基金の新設が認められながら、国は除染費用などを既に予算化しているなどの理由で原資となる補助金を交付しない方針を決定県は「法制化されたのに貴重な財源が失われる」と反発している

続きを読む