ぼちぼちいこか。。。

「できない理由を探すより、できる方法を探そう」
毎日忙しく仕事に追われている方々のために、原発関連のニュース、重要な講演などの文字起こしや自分の考えをUPしています。
少しでもみなさんのお役に立てるよう頑張ります。みんなで一緒に考えて行動していきましょう! 

いつもご覧いただきありがとうございます。
「これは!」と思う記事がありましたら、ぜひ身近な方に広めていただきたくお願いいたします。

著名な識者の方のカテゴリを作りましたので、文字起こしなど幾分探しやすくなったかと思います。基本的に私がやった内容起こしは転載OKです。

多の方に届くように願っております。

再生可能エネルギー

8月26日【内容起こし】朴勝俊氏講演会:原発廃炉後の地元経済について~【後半】

※この記事は、8月26日【内容起こし】朴勝俊氏講演会:原発廃炉後の地元経済について~【前半】の続きです。

【前半】
  ・福島第一原発事故と経済損失
  ・事故後の再稼働への経緯と現状
  ・原発立地地域とその依存性
  ・原発が止まると財政は困る?【固定資産税】
  ・危険を冒せば税収が増えていく【電源三法交付金】
  ・固定資産税と地方交付税交付金の関係
  ・その他の特例交付金と原発関連税
  ・原発で最も儲けている企業はなに?

【後半】
  ・原子力産業の観点から見た福井県の実態
  ・ドイツの脱原発への道
  ・ドイツの脱原発が生む雇用に関するグリーンピースの報告書
  ・廃炉ビジネス(費用と雇用)
  ・ガスコンバインド火力発電所とは?
  ・日本における再エネのポテンシャル
  ・なぜ日本で再エネの普及が進まないか
  ・日本とドイツの固定価格買取制度
  ・ドイツの再エネ比率の状況
  ・北海道・泊地域の強みは?

<40:25頃から>
 じゃあこの福井県の話に戻りますが、この原発の毎年1500円で福井県の地元にある工業にどれだけ潤ったのかというと、実はですね、福井商工会議所の江守会議、2006年の話。つい最近の話ですが、
『福井県に原発が建って40年近くになるというのに、原子力関連産業は1社も育っていない。』

40


 そういうようなお話なんですね。恐らく泊もそうだろうと、その周辺もそうだろうと思います。

続きを読む

9月28日 菅元首相:福島入り「自然エネルギーをもっと活用し、省エネを進め、原発依存度を下げる」

※この記事は、
9月17日 菅元首相:「『安全神話』は作られた。そういう意味で人災だった」@時事通信インタビュー
7月13日【動画追記】 菅首相:「将来は原発がなくてもやっていける社会を実現していく。これが我が国が目指す方向」
6月15日 孫氏と菅首相の演説@エネルギーシフト勉強会に関連しています。

菅前首相が福島入り=退任後初、「脱原発依存」アピール
[時事通信社] 2011年9月28日18時6分  
 菅直人前首相は28日、福島県郡山市を訪れ、リチウムイオン電池製造工場や風力発電所を視察した。菅氏の福島入りは、首相退任後初めて。在任中に発生した東京電力福島第1原発事故を受け、「脱原発依存」を宣言した菅氏としては、再生可能エネルギーの普及に取り組む姿勢を示すことで、存在感をアピールする狙いがありそうだ。
 菅氏は電池工場で、家庭用、業務用の蓄電池製品などについて説明を受け、製造ラインを見学した。この後、記者団に「自然エネルギーをもっと活用し、省エネルギーを進めていく。それによって原発への依存を下げる」と強調。政府の復興構想会議の報告書が盛り込んだ福島県を自然エネルギーの研究開発拠点とする構想に関しても「県民に未来に対する希望を持ってもらえる。大いに後押ししたい」と語った。 
http://www.asahi.com/politics/jiji/JJT201109280092.html

菅元首相は、これからどういうふうに動かれるんでしょうね。
首相の縛りが無くなったとはいえ、いろいろなしがらみもあると思いますが、ちょっと様子をみようと思います。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

9月12日 枝野経産大臣の会見【枝野大臣の考え方・・・】

※この記事は、
9月12日 野田首相:経団連会長と経済同友会代表に対し「TPP交渉参加、進めないといけない」
9月10日 鉢呂大臣辞任が及ぼす影響・懸念と、菅元首相のベトナム原発輸出・・・。
6月17日「原発損害賠償機構」が意味すること/河野氏・飯田氏などの講演に関連しています。

<枝野経産相>原発再稼働問題が最大の課題
毎日新聞 9月13日(火)1時20分配信
  枝野経産相の当面の大きな課題は、定期検査などで停止中の原発再稼働問題。12日夜の就任会見で枝野経産相は「ストレステスト(安全評価)の詳細を正確に説明し、(立地自治体や住民の)理解を求めていきたい」と述べ、電力不足解消に向け、再稼働に前向きな姿勢を示した資源エネルギー庁幹部は「(官房長官時代に)福島第1原発事故の経緯を熟知するだけに、地元への説明をしっかりしてもらえるはず」と期待する。

続きを読む
ブログ内キーワード検索
【必読記事一覧】
【必読記事一覧】
初めての方は、是非こちらからご覧ください。
New! 記事を2件追加しました。
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
track feed ぼちぼちいこか。。。
プロフィール

タニガキ トキコ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ