ぼちぼちいこか。。。

「できない理由を探すより、できる方法を探そう」
毎日忙しく仕事に追われている方々のために、原発関連のニュース、重要な講演などの文字起こしや自分の考えをUPしています。
少しでもみなさんのお役に立てるよう頑張ります。みんなで一緒に考えて行動していきましょう! 

いつもご覧いただきありがとうございます。
「これは!」と思う記事がありましたら、ぜひ身近な方に広めていただきたくお願いいたします。

著名な識者の方のカテゴリを作りましたので、文字起こしなど幾分探しやすくなったかと思います。基本的に私がやった内容起こしは転載OKです。

多の方に届くように願っております。

内閣府

4月19日 原発・核燃サイクル技術等検討小委員会:「2020年に原発ゼロ、核燃料直接処分」が最も安いと試算

※この記事は、4月11日【内容起こし】第18回総合資源エネルギー調査会~基本問題委員会~【その①】に関連しています。

原発ゼロで燃料処理費7兆円 原子力委が試算
共同通信(2012年4月19日)
 国の原子力委員会の小委員会は19日、2020年に原発をゼロにし、使用済み核燃料を全て地中に埋め捨てる「直接処分」をする場合、10~30年の総費用は最大7・1兆円との試算結果を公表した。

 原発の運転を続け、使用済み燃料を再処理してプルトニウムを取り出す現在の核燃料サイクル路線を維持する場合は8・1兆~9・7兆円。原発ゼロを想定した直接処分のコスト試算は初めてで、原発ゼロの方が2~3割安くなる結果。ただ、代替発電の費用を計上していないなど不確定要素も多い。

続きを読む

11月16日 内閣府「2㎝削れば大部分除染可能」、陸上自衛隊が警戒区域の3庁舎を除染へ

※この記事は、
11月15日 IAEA専門家T:放射性廃棄物や計画的避難区域などに関する最終報告書を政府に提出・・・【都会部の廃棄物は放射線量低い!?】
11月11日 文科省:東日本のセシウム汚染地図公表、環境省:除染ボランティアを募集・・・。
11月11日 政府:除染の基本方針を閣議決定【2013年8月末に一般人の被曝線量を半減、子供は60%減】
11月7日 小出氏:臨界と自発核分裂の判断基準変更と福島のチェルノブイリ調査団から見えた除染の限界@たねまき
10月17日 環境省:除染基本方針についてパブリックコメント募集開始(10月26日締切)【是非提出しましょう!】などに関連しています。

放射性セシウム:内閣府「2センチまで削れば大部分除去」
毎日新聞 2011年11月16日 21時22分(最終更新 11月16日 22時05分)
 東京電力福島第1原発事故による放射能汚染を調べている内閣府原子力被災者生活支援チームは16日、土壌や森林、建物、河川などへの放射性セシウムの蓄積や線量の詳細結果を発表した。地表から深さ2センチ以内にセシウムの大半が含まれており、内閣府は「2センチまで削れば大部分を除去できる」としている
 土壌の調査は7~9月、警戒区域(原発から半径20キロ圏内)の福島県富岡町と、同区域と一部が計画的避難区域にある浪江町で実施。学校や庭、公園、田など地面が比較的固い場所では、セシウムの80~97%が地表から深さ2センチ以内にあった。森林や果樹園など軟らかい場所では地下に浸透しやすい傾向があったが、落ち葉を含む深さ2センチ以内に68~88%が存在していた

続きを読む

10月27日 内閣府・環境省:千葉県柏市の27万6千Bq地点の調査開始

※この記事は、10月25日 小出氏:千葉県柏市の27万6千Bqと内部被曝、南相馬市の子供たちからセシウム137、事業者からの報告・ストレステスト、原発コストと汚染水の処理@たねまきに関連しています。

千葉・柏市の高濃度汚染究明へ 国が現地調査を開始
2011/10/27 21:14   【共同通信】
 千葉県柏市根戸の市有地で採取した土壌から高濃度の放射性セシウムが検出された問題で、内閣府と環境省の担当者らが27日、原因究明のための現地調査を始めた。来週にも本格的な調査に入り、濃度が高まったメカニズムや有効な除染方法を検討する
 27日は専門家とともに現場付近の側溝などの放射線量を測定。環境省自動車環境対策課の上河原献二課長は「まずは原因究明を急ぎ、結果を踏まえて柏市と除染方法を協議したい」と話した。
 22日の柏市などの調査、1キログラム当たり27万6千ベクレルのセシウムを検出している。
http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011102701000911.html

理由がわからないことには、対策のしようもありませんのでね・・・。
もっと多くの地域を、こういったレベルで調査してほしいと思います。

それにしても、なぜに「環境省自動車環境対策課」?

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 環境ブログへ
にほんブログ村

9月28日 【関連動画あり】内閣府・原子力委員会:原発コストの再検証小委員会を設置へ

※この記事は、9月23日 【電力各社電気料金追記あり】立命館大・大島堅一氏の原発コストについての指摘をご紹介【原発コストが一番高い!】に関連しています。

原発コスト再検証、原子力委が小委設置決定
(2011年9月28日03時04分  読売新聞)
 内閣府原子力委員会(委員長=近藤駿介・東大名誉教授)は27日、原子力発電のコストを再検証する小委員会の設置を決めた
 原発の発電コストはこれまで、石油火力や太陽光、風力などに比べて安いとされてきた。しかし、東京電力福島第一原発事故を受け、事故対応や津波対策の費用を加えて計算し直す必要が出てきた。
 小委員会の座長は鈴木達治郎・原子力委員長代理が務め、6人の委員で構成。10月から、原発や核燃料サイクルの経済性について議論を始める。使用済み核燃料を再処理せずに直接処分する脱・核燃料サイクルのコストも検討する
 同日開かれた原子力委の政策大綱策定会議でも、細野原発相が「原子力に対する国民の目は極めて厳しい。さまざまな状況の変化を踏まえて、徹底したコストの検証をお願いしたい」と発言していた。
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110928-OYT1T00092.htm

【関連動画追記】
20110929 原発は本当に安いのか?はどうなった?
http://www.dailymotion.com/video/xldi4i_20110929-yyyyyyyyyy-yyyyyy_news

【UP主コメント】
モーニングバード・そもそも総研より。そもそも、原発は本当に安いのか、電力は本当に足りないのか?という問題を以前にも取り上げてきたが、その後どうなったのか。原発のコストについては大島教授の試算によると原子力が一番高いことになる。今では政府の試案でも1KWあたり16~20円ということになる。ビデオ出演に大島教授のほか、古賀茂明氏、河野太郎氏、小出裕章氏など。



さて、どういう結果を出してくるでしょうか。
まだ汚染の実態も賠償の全容もわかってはおりませんが・・・?

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

ブログ内キーワード検索
【必読記事一覧】
【必読記事一覧】
初めての方は、是非こちらからご覧ください。
New! 記事を2件追加しました。
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
track feed ぼちぼちいこか。。。
プロフィール

タニガキ トキコ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ