ぼちぼちいこか。。。

「できない理由を探すより、できる方法を探そう」
毎日忙しく仕事に追われている方々のために、原発関連のニュース、重要な講演などの文字起こしや自分の考えをUPしています。
少しでもみなさんのお役に立てるよう頑張ります。みんなで一緒に考えて行動していきましょう! 

いつもご覧いただきありがとうございます。
「これは!」と思う記事がありましたら、ぜひ身近な方に広めていただきたくお願いいたします。

著名な識者の方のカテゴリを作りましたので、文字起こしなど幾分探しやすくなったかと思います。基本的に私がやった内容起こしは転載OKです。

多の方に届くように願っております。

六ヶ所村

7月19日【内容起こし】小出裕章氏:六ヶ所村再処理工場で行われていること『クリプトン85(希ガス)を閉じ込める研究に160億円投入したが、お金がかかるので・・・』@たね蒔きJ

※この記事は、
7月12日【内容起こし】小出裕章氏:4号機建屋上部解体・格納容器ふた撤去の危険性、伊方原発と中央構造線、「原発1基が1年かけてだす放射能を1日で排出」する六ヶ所再処理工場@たね蒔きJ
5月24日【内容起こし】小出裕章氏:核燃サイクル委の秘密会議、もんじゅの4つの選択肢、サイト内の核廃棄物と核廃棄物処理問題、WHOの被曝試算について@たね蒔きジャーナル
5月16日 原発・核燃サイクル技術等検討小委員会:核燃サイクル政策決定を「保留」へ、当面直接処分・再処理の両方を進める併存案へ【国としての方針無しでは当然の結果】
4月27日 原発・核燃サイクル技術等検討小委員会:核燃処理費用再試算を発表【やっぱり即時停止・全量直接処分が最も安い】
7月4日 関西テレビ放送:"核のごみ”抱える村の現実-青森県六ヶ所村【見られるうちにご覧ください】などに関連しています。

20120719 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章


【以下、お時間の無い方のために内容を起こしています。ご参考まで】

続きを読む

2月3日 日本原燃:六ヶ所村の再処理最終試験を延期【ガラス固化体過程で不具合】

※この記事は、
2月2日【内容起こし】小出裕章氏:トリチウムと核融合と六ヶ所村再処理工場、雪と放射線、1月21日の福島での講演会@たね蒔きジャーナル

1月30日 日本原燃:青森・六ヶ所村の再処理工場で炉の不具合
1月25日 柏崎刈羽5号機が定期点検へ【残り4基】と、六ヶ所村の再処理工場・・・【核のゴミと核燃サイクル】に関連しています。

六ヶ所村の核燃料再処理工場、最終試験を延期
(2012年2月3日19時37分  読売新聞)
 日本原燃は3日、青森県六ヶ所村の使用済み核燃料再処理工場で1月下旬~2月上旬に予定していた最終準備段階の「ガラス固化試験」を延期すると発表した。 試験で使う溶融炉で、溶かしたガラスが流れにくくなる不具合が生じたためで、試験開始は3月上旬以降となる見通し。10月の工場完成を目指す原燃は「目標は変えないが、厳しくなった」と説明した
 予定していたのは、使用済み燃料からウランやプルトニウムを抽出する過程で生じる高レベル放射性廃液を、溶かしたガラスと混ぜて金属製容器内で固める工程の確認試験。原燃は、準備として、溶融炉にガラスだけを入れ、容器に注ぎ込む作業を1月24日から進めていた

続きを読む

1月30日 日本原燃:青森・六ヶ所村の再処理工場で炉の不具合

※この記事は、
1月25日 柏崎刈羽5号機が定期点検へ【残り4基】と、六ヶ所村の再処理工場・・・【核のゴミと核燃サイクル】
1月27日 【内容起こし】市民と科学者による内部被曝問題研究会発足の会見の模様【隠され続けた低線量被曝の影響】<後半>に関連しています。

六ケ所村の再処理工場不調 日本原燃、再開準備が難航
2012/01/30 12:35   【共同通信】
 日本原燃の川井吉彦社長は30日の定例記者会見で、高レベル放射性廃液のガラス固化体製造試験に向け準備作業を再開したばかりの、建設中の使用済み燃料再処理工場(青森県六ケ所村)について、炉が不調で作業が難航していることを明らかにした。同社が原因を調べている。
 炉は使用済み核燃料からウランやプルトニウムを取り出す工程で出た放射性廃液とガラス原料を溶かし合わせ、ノズルを通して貯蔵容器に入れる構造。続きを読む

1月25日 柏崎刈羽5号機が定期点検へ【残り4基】と、六ヶ所村の再処理工場・・・【核のゴミと核燃サイクル】

※この記事は、
1月14日 四電:伊方2号機が定期点検へ【残り5基と再稼働について】
9月6日 電力総連:運動方針から「原発推進」を外す・・・、六ヶ所村:「核燃サイクル推進」を要望・・・
7月4日 関西テレビ放送:"核のごみ”抱える村の現実-青森県六ヶ所村【見られるうちにご覧ください】に関連しています。

柏崎刈羽5号機が定検入り 東電、稼働原発1基に
2012/01/25 00:28   【共同通信】
 東京電力は25日未明、柏崎刈羽原発5号機(新潟県、110万キロワット)の運転を停止し、定期検査に入った。これで東電の稼働している原発は同原発6号機だけとなる。3月下旬までには6号機も定検に入り、東電の全ての原発が止まる見通しだ。続きを読む

10月13日 イギリスからの高レベル放射性廃棄物・ガラス固化体28本中3本から基準の47倍の線量検出

※この記事は、9月15日 イギリスから青森へ高レベル廃棄物到着【10年かけて約900本返還・・・】の続報です。

基準の最大47倍の放射線 九電、ガラス固化体
2011/10/13 14:23   【共同通信】
 九州電力が日本原燃の高レベル放射性廃棄物貯蔵管理センター(青森県六ケ所村)に搬入した高レベル放射性廃棄物のガラス固化体28本のうち3本の表面から、施設の受け入れ基準の最大47倍の放射線量が測定されていたことが13日、分かった
 九電によると、外部への放射能漏れはない。再処理先の英国を出発した際の検査では基準を下回っており、日本原燃が原因を調べている。
 海外で再処理され、センターに持ち込まれたガラス固化体から基準を上回る放射線量が確認されたのは初
 ガラス固化体は使用済み核燃料を英国で再処理した際に発生したもので、九電分の28本は9月15日に搬入された。
http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011101301000349.html

どの時点なのか、輸送中に何かあったのか、これは揉めますよ・・・?
物流の世界では、イギリス出荷時、船会社で荷受け、日本側荷受け作業、荷受け後の国内輸送などそれぞれで必ず貨物の引き渡しチェックを行います。
通常、貨物に問題があるのは、水漏れ、油漏れや、貨物同士がぶつかったりして凹みや割れ、傷など目視で確認できることがほとんどですが、「放射線」これは目視することができません。計測器で測るしかないですね。
先ほど言ったように、それぞれの引き渡しの際に、線量検査がなさえていれば、すぐにどの段階での異常なのかはわかるのですが、こうやって記事になっている時点で、出荷時以外は測定していなかったんじゃないかな?と推測します。

揉めますよ・・・。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

9月17日 青森県原子力検証委:「現時点で対応すべき対策はとられている」

※この記事は、
9月15日 イギリスから青森へ高レベル廃棄物到着【10年かけて約900本返還・・・】
9月6日 電力総連:運動方針から「原発推進」を外す・・・、六ヶ所村:「核燃サイクル推進」を要望・・・
7月4日 関西テレビ放送:"核のごみ”抱える村の現実-青森県六ヶ所村【見られるうちにご覧ください】などに関連しています。

【青森】原子力検証委 各施設の安全対策評価
(2011年9月18日  読売新聞)
報告書素案 現時点の対応 大筋了承
 東京電力福島第一原発事故を受けて県内原子力施設が取った安全対策を検証する「県原子力安全対策検証委員会」の7回目の会合が17日都内で開かれ、事務局の県がこれまでの議論を踏まえた報告書の素案を提出した。各施設の安全対策については、「現時点で対応するべき対策はとられている」として、いずれも大筋で了承した。今後は委員の個別意見をどう盛り込むかなどの作業が残っているが、全体方針は維持される見通しで、報告書の大枠が固まった。
続きを読む

9月15日 イギリスから青森へ高レベル廃棄物到着【10年かけて約900本返還・・・】

※この記事は、9月13日 イギリスから再処理後の放射性廃棄物が日本に向かっています。の続きです。

英で再処理、高レベル廃棄物到着 青森、原発事故後初めて
2011/09/15 10:01   【共同通信】
 日本の原発の使用済み核燃料を英国で再処理した際に発生した、高レベル放射性廃棄物のガラス固化体76本を積んだ輸送船が15日朝、青森県六ケ所村のむつ小川原港に到着した。固化体の返還は福島第1原発事故後初めて
 日本の電力9社と日本原電は英仏両国に再処理を依頼。今回の固化体は関西、四国、九州の3電力の使用済み核燃料を再処理した際に出たもので、英国から返還されるのは昨年に続き2回目。フランス分の返還は終了しており、英国からは約10年かけて約900本が返還される
http://www.47news.jp/CN/201109/CN2011091501000197.html

あ、また全部下線になってしまいました・・・。
Bochibochiの考えは、上の関連記事に書いています。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

9月6日 電力総連:運動方針から「原発推進」を外す・・・、六ヶ所村:「核燃サイクル推進」を要望・・・

※この記事は、
7月4日 関西テレビ放送:"核のごみ”抱える村の現実-青森県六ヶ所村【見られるうちにご覧ください】
9月6日 【動画・文字起こしUP】藤島利久さんの小出先生インタビュー@熊取町【その①】
9月1日 台湾:核廃棄物処理場をめぐり来年にも住民投票へ・・・
8月19日 政府:第4期科学技術基本計画を閣議決定【核燃サイクル・次世代原発の記述を削除】
8月8日 菅首相:「原発に依存しない社会、『依存』の中には核燃料再処理・もんじゅも含まれる」などに関連しています。

原発推進、54年ぶり外れる=福島事故を反省-電力総連の運動方針
時事通信(2011/09/06-17:00)
 電力総連の第31回定期大会が6日、名古屋市内で始まった。同日示された運動方針案からは、東京電力福島第1原発事故を受け、原発を推進する内容が54年ぶりに外された種岡成一会長は「原子力の安全確保に真摯(しんし)に取り組んできたが、今般のような事態となり極めて残念だ」と述べ、事故の反省を今後の活動に反映していく考えを強調した。
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2011090600558

原発、推進から検討へ=出席者から不満も-電力総連大会
時事通信(2011/09/07-12:20)

続きを読む
ブログ内キーワード検索
【必読記事一覧】
【必読記事一覧】
初めての方は、是非こちらからご覧ください。
New! 記事を2件追加しました。
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
track feed ぼちぼちいこか。。。
プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ