ぼちぼちいこか。。。

「できない理由を探すより、できる方法を探そう」
毎日忙しく仕事に追われている方々のために、原発関連のニュース、重要な講演などの文字起こしや自分の考えをUPしています。
少しでもみなさんのお役に立てるよう頑張ります。みんなで一緒に考えて行動していきましょう! 

いつもご覧いただきありがとうございます。
「これは!」と思う記事がありましたら、ぜひ身近な方に広めていただきたくお願いいたします。

著名な識者の方のカテゴリを作りましたので、文字起こしなど幾分探しやすくなったかと思います。基本的に私がやった内容起こしは転載OKです。

多の方に届くように願っております。

健康調査

12月20日 環境省:エコチル調査で妊婦の被曝リスクを解析、宮城県丸森町で健康調査、費用は東電へ請求へ

環境省、妊婦の被ばくリスク解析 エコチル調査で
2011/12/20 14:14   【共同通信】
 細野豪志環境相は20日の閣議後会見で、健康への化学物質の影響を胎児期から追跡して調べる「エコチル調査」の中で、福島県の妊婦に関する推計被ばく線量データの提供を受け、放射線の健康リスクについても解析すると発表した。
 同日閣議決定された2011年度第4次補正予算案で16億円を計上。データシステムの整備などに充てる。
 エコチル調査は、子どもの病気や健康に化学物質が与える影響について、胎児期から13歳になるまで定期的に追跡する調査。全国15の調査地区で今年8月以降出産の妊婦を対象に、3年間で計10万人の登録を計画している
http://www.47news.jp/CN/201112/CN2011122001001465.html

【参考】環境省HPより
エコチル調査とは?

環境省では、日本中で10万組の子どもたちとそのご両親に参加していただく大規模な疫学調査「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」を開始しました。
「エコロジー」と「チルドレン」を組み合わせて「エコチル調査」です。

赤ちゃんがお母さんのお腹にいる時から13歳になるまで、定期的に健康状態を確認させていただき、環境要因が子どもたちの成長・発達にどのような影響を与えるのかを明らかにします。

続きを読む

10月4日 宮城県議会:健康調査実施で5人の有識者会議を設置【不安払しょくへの取り組み】

【宮城】原発事故・住民健康調査 有識者会議を月内にも設置
河北新報社 2011年10月05日水曜日
 宮城県議会9月定例会は4日、予算特別委員会の6分科会を開き、2011年度一般会計補正予算案を審議した。県は福島第1原発事故に伴う住民対象の健康調査の実施について、専門家5人による有識者会議を月内にも設置する方針を示した
 大規模な健康調査の必要性などを医学的、科学的見地から検討するのが狙い。放射線医療や原子物理、甲状腺腫瘍、公衆衛生といった各分野から委員を委嘱する。現在、人選を進めている
 議会終了後の今月中旬以降に初会合を開催。委員の意見を基に関連データを収集し、2回目の会議で調査の必要性を判断する。
 会議運営に関し、県は「公開するかどうかは、委員に諮って決める。県民が不安を払拭(ふっしょく)できるような形で情報提供したい」(保健福祉総務課)との姿勢を示した。
 議員からは、県南中心に放射能への不安が大きいことを踏まえ「乳幼児の母親の声を受け止める場が必要」「客観的な検討も重要だが、市民目線の素朴な疑問にも応えてほしい」などの注文が相次いだ。
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/10/20111005t11018.htm

選ばれるメンバーによりますね。この有識者会議がどんなものになるかは、そこですべて決まります。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村
ブログ内キーワード検索
【必読記事一覧】
【必読記事一覧】
初めての方は、是非こちらからご覧ください。
New! 記事を2件追加しました。
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
track feed ぼちぼちいこか。。。
プロフィール

タニガキ トキコ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ