ぼちぼちいこか。。。

「できない理由を探すより、できる方法を探そう」
毎日忙しく仕事に追われている方々のために、原発関連のニュース、重要な講演などの文字起こしや自分の考えをUPしています。
少しでもみなさんのお役に立てるよう頑張ります。みんなで一緒に考えて行動していきましょう! 

いつもご覧いただきありがとうございます。
「これは!」と思う記事がありましたら、ぜひ身近な方に広めていただきたくお願いいたします。

著名な識者の方のカテゴリを作りましたので、文字起こしなど幾分探しやすくなったかと思います。基本的に私がやった内容起こしは転載OKです。

多の方に届くように願っております。

作業員

11月14日 厚労省:作業員の被ばく線量、ステップ2達成後に引き下げへ・・・

※この記事は、
10月24日 厚労省・労働政策審議会分科会:作業員の被ばく限度を11月にも100mSvへ引き下げへ
10月20日 【締切:10月24日】経産省:原発作業員250mSvに関するパブリックコメントを募集中などに関連していします。

作業員の被ばく線量限度引き下げ 第1原発で、ステップ2達成後に
2011/11/14 18:36   【共同通信】
 小宮山洋子厚生労働相は14日、東京電力福島第1原発事故の収束作業に携わる作業員の被ばく線量限度を、政府が年内の終了を目指す工程表の「ステップ2」達成後、原則として通常時の「5年で100ミリシーベルト」「1年で50ミリシーベルト」に引き下げる方針を明らかにした
 現在の上限は3月の事故発生以降の累積で100ミリシーベルトとなっている。
 ただ、作業上重要な知識や経験を持つ東電社員約50人については、来年4月30日までに限り250ミリシーベルトを維持するなど例外も定める
http://www.47news.jp/CN/201111/CN2011111401000616.html

ステップ2は、そもそも『砂上の楼閣』工程表ですが、政府がステップ2達成を認めた段階で、作業員の方々の被曝線量限度を下げるということなんですか・・・。
虚構の上に積み重ねた工程表に、なんの意味があるのか・・・。
作業されている方々のためにも、なんとか意味のある、より効率的な事故対応と被曝線量管理を、是非ともお願いいたします。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

9月30日 厚労省:マスクの隙間で被曝?東電に装着方法の改善を指導【最高約50%の空気漏れ】

※この記事は、
9月14日 東電会見:2号機炉心スプレー系注水へ、作業員4人のマスク内から放射性物質【最大ガンマ線10.1mSv、ベータ線9.1mSvの被曝】
9月19日 【内容起こしUP】原発作業員に聞く 福島第一原発事故の真実@スーパーニュースアンカーより「造血幹細胞知らない」「最期はがんで死ぬ」に関連しています。

マスクの隙間で被ばくか 作業員の装着法を調査
2011/09/30 22:26   【共同通信】
 厚生労働省は30日、東京電力福島第1原発事故の収束作業で約100ミリシーベルトの被ばくをした男性1人を含む作業員6人の全面マスク装着状況を調べたところ、マスクと顔に隙間があったことが判明したと発表した。

 厚労省は、マスクを適切に装着できていなかったことが大量被ばくにつながった可能性もあるとみて、東電に装着方法の改善を指導した。

 厚労省によると、これまでに最高で約100ミリシーベルトの被ばくをした6人を抽出。普段使っているマスクの空気の漏れ具合を測定した結果、最高で約50%の漏れがあった
http://www.47news.jp/CN/201109/CN2011093001001046.html

なんでそんなことを今更指導してるんですか・・・?
作業員の方々の教育時に、いったい何を教えているんでしょう?

・・・『被曝要員』ですか・・・?
ちゃんとした研修もしてなさそうな雰囲気です・・・。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

9月21日 【追記あり】厚労省:作業員の累積被曝100mSv超で毎年がん検診無料、50mSv超で白内障の眼科検診【そこまでお金が惜しいですか?】

福島原発作業員に無料がん検診 100ミリ超対象
2011/09/21 11:22   【共同通信】
 東京電力福島第1原発事故で緊急作業をする作業員の長期的な健康管理について協議してきた厚生労働省の検討会は21日、放射線の累積被ばく線量が100ミリシーベルトを超えた場合は、毎年がん検診を無料で受けられるようにすることを柱にした報告書案を示した。

続きを読む

9月9日 事故から約半年の福島原発の状況・・・@毎日新聞

今の福島第一原発の状況を知っていただくのにちょうどいい内容量だと思ったので、ご紹介します。
このほかにも、もっともっとたくさんのことが起こっています。
10mクラスの津波の試算が2年前からなされていたことや、急性白血病で亡くなった作業員の存在、指をさして何かを訴えていた作業員、地震に対する安全基準の味方、未だに計器の正確性がわからずに炉内の状況を予測することすらできない状況・・・。
大気・海洋には今もって放射性物質が漏れ続けています。

では、どうぞ。

<福島第1原発>収束いまだ見えず 事故から半年
毎日新聞 9月9日(金)2時23分配信
  3基の原子炉が同時にメルトダウン(炉心溶融)するという未曽有の事態に陥った東京電力福島第1原発(福島県大熊町、双葉町)。世界最悪「レベル7」の事故は、半年を経ても放射性物質の放出が止まらず、現場では被ばくの危険と隣り合わせの作業が続く。終わりが見えない原発事故の半年を振り返った。
 

続きを読む

9月3日 東電:汚染水処理セシウム137がサリーで48万分の1に・・・

※この記事は、
8月23日 東電:サリーの3Sv/h配管に23人の作業員を投入【3Svは致死率50%】
8月22日 東電:3号機の注水量を更に減らす検討、サリーから3Svで作業中断も【東電会見を見ることが出来ない方へ】
8月20日 東電:高濃度汚染水処理装置「サリー」濃度が5万分の1へ・・・に関連しています。

【原発】サリーの効果 セシウム濃度48万分の1に
テレ朝news(09/03 17:22)
福島第一原発の国産の汚染水浄化装置「サリー」を使ってセシウム137の濃度が48万分の1に減ったことが分かりました。


続きを読む

8月31日 【動画追記】東電:キュリオン水抜き作業中に誤って水を被った2名の作業員・・・【被った水は10万cpm超】

誤って汚染水かぶる=セシウム吸着塔の作業中−作業員2人・福島第1原発
時事通信社 2011年8月31日 22時07分 
 東京電力によると、31日午前9時35分ごろ、福島第1原発でセシウム吸着装置の使用済み吸着塔から水抜き作業をしていた協力会社の作業員2人が、誤って水をかぶった。被ばく量は0.14ミリシーベルトと0.16ミリシーベルトだった。内部被ばくはしていないという

続きを読む

8月30日 【動画あり】東電会見:「白血病で亡くなった方のことはこれ以上調べません」、敷地内の放射線数値ミス94件、上空の汚染は軽微?

※この記事は、8月30日 【動画あり】東電:40代作業員が急性白血病で死亡・・・【問われる東電の姿勢】8月29日 東電:作業員2名が17~23mSvのベータ線被曝・・・【作業員の管理はどうなっているのか?】に関連しています。


<急性白血病>福島第1原発作業員が死亡 東電が発表

毎日新聞 8月30日(火)13時0分配信

 東京電力は30日、福島第1原発で作業に携わっていた40代の男性作業員が急性白血病で死亡したと発表した。外部被ばく量が0.5ミリシーベルト、内部被ばく量は0ミリシーベルトで、松本純一原子力・立地本部長代理は「医師の診断で、福島での作業との因果関係はない」と説明した。

続きを読む

8月30日 【動画あり】東電:40代作業員が急性白血病で死亡・・・【問われる東電の姿勢】

※この記事は、8月29日 東電:作業員2名が17~23mSvのベータ線被曝・・・【作業員の管理はどうなっているのか?】に関連しています。

作業員が急性白血病で死亡=収束工事「因果関係なし」-東電・福島原発
時事ドットコム(2011/08/30-12:38)
 東京電力は30日、福島第1原発事故の収束作業に従事した40代の男性が、急性白血病で死亡したと発表した。同原発での被ばく放射線量は累計で0.5ミリシーベルトで、東電は「収束作業との因果関係はない」としている。
 東電によると、男性は8月上旬から7日間、同原発で休憩所の出入りや放射線量を管理する業務に従事。勤務を終えた後に体調を崩して入院し、東電は16日に死亡の報告を受けた。
 勤務前の健康診断で異常はなかったという。被ばく量のうち、内部被ばくはゼロだった。
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011083000368
続きを読む

8月29日 東電:作業員2名が17~23mSvのベータ線被曝・・・【作業員の管理はどうなっているのか?】

※この記事は、
8月13日 オランダメディア:福島を取材をご紹介【小出先生、作業員のインタビューも】

8月17日 東電:工程表の改定発表【毎時2億Bq、人材確保、建屋カバー、現場からのビデオ】

8月17日 【削除前に是非】まとめられなかったけど勉強した資料記録【その③】
8月26日 【追記あり】本当の震災現場写真【写真家:小原一真さんをご紹介】などに関連しています。


原発汚染水処理で2人被ばく 「予想以上に大きい値」
2011/08/29 21:48   【共同通信】
 東京電力は29日、福島第1原発の汚染水処理装置で作業していた20代の男性社員2人が17~23ミリシーベルトの被ばくをしたと発表した。放射線の一種、ベータ線による被ばくで、東電は「予想以上に大きい値だ」としている。

続きを読む

8月29日 東電:福島第2原発4号機、作業員が格納容器内で作業へ・・・

震災後初、格納容器内へ 福島第2原発4号機
産経新聞 8月29日(月)11時50分配信

 東京電力は29日午前、福島第2原発4号機の原子炉格納容器の扉を開放したと発表した。作業員が入り点検を始める。東日本大震災後、格納容器内に人が入るのは福島第1、第2原発を通じて初めて

続きを読む
ブログ内キーワード検索
【必読記事一覧】
【必読記事一覧】
初めての方は、是非こちらからご覧ください。
New! 記事を2件追加しました。
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
track feed ぼちぼちいこか。。。
プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ