ぼちぼちいこか。。。

「できない理由を探すより、できる方法を探そう」
毎日忙しく仕事に追われている方々のために、原発関連のニュース、重要な講演などの文字起こしや自分の考えをUPしています。
少しでもみなさんのお役に立てるよう頑張ります。みんなで一緒に考えて行動していきましょう! 

いつもご覧いただきありがとうございます。
「これは!」と思う記事がありましたら、ぜひ身近な方に広めていただきたくお願いいたします。

著名な識者の方のカテゴリを作りましたので、文字起こしなど幾分探しやすくなったかと思います。基本的に私がやった内容起こしは転載OKです。

多の方に届くように願っております。

佐藤雄平

1月28日 政府:福島県の18歳以下子供医療費無料化断念を福島知事へ正式表明、福島県では独自に無料化へ【今の日本は子供を守れる社会ですか?】

※この記事は、
1月25日 福島県:18歳以下36万人甲状腺検査、先行結果で26人に良性のしこり・・・
1月22日 政府:福島医療費無料化を見送りへ【それでも子供たちはそこに居る。】
8月17日 【内容起こし】子どもたちの声を政府に届けよう!!@衆議院議員会館【この国は駄目・・・】<その①>に関連しています。

福島の医療費無料化見送り 復興相、知事に表明
2012/01/28 11:17   【共同通信】
 平野達男復興対策担当相は28日、福島県庁で佐藤雄平福島県知事と会い、同県が求める18歳以下の県民の医療費無料化について「医療制度の根幹に関わる問題で、新たに国費を出すことは困難だ」と述べ、見送りを正式に表明した。

 佐藤知事は「期待していたので極めて残念」と強い遺憾の意を表明。東京電力の賠償金などを基に創設した県民健康管理基金を活用することで、県独自に無料化の方策を探る考えを示した

続きを読む

9月28日 福島市除染計画:「条件以下は市民に除染協力、除染土も自宅仮置き」、一方、福島県知事:市町村の地区単位で汚染土置き場設置支援へ・・・

※この記事は、
9月10日 政府:福島市渡利・小倉寺地区毎時3μSvで特定避難勧奨地点を検討か・・・?
8月26日 政府:「除染に関する緊急実施基本方針」で2年で子供の被曝を6割減目標【優先順位が違う】
8月18日 現地対策本部・福島県:渡利地区と小倉寺地区の線量検査【7月下旬に3.32μSv/hを計測していたのに・・・】
7月25日 福島県渡利地区:除染実験 全国から除染ボランティアを募る方針【被曝前提のボランティア】
7月22日【削除される前に見てください】山本太郎氏が報告-福島の現実【その①】に関連しています。

除染土は自宅仮置き 福島市が除染計画発表 
福島民報(2011/09/28 09:14)
 福島市は27日、市内全域の約11万世帯を対象とした除染計画を発表した。除染した放射性物質を含む全世帯分の土を仮置きする場所は確保できないとして、民家分は敷地内に埋めて保管するよう求めた。市内の約六割を占める山林や農地は対象から外された。個人が除染する場合の費用負担をどうするかなど課題は多い。2年間で市内の放射線量を毎時1マイクロシーベルト以下にする目標だが、市民からは方法や実効性に疑問や不満の声が上がっている。
  福島市の計画では、公共施設や住宅の除染で出た土は原則として各敷地内に仮置きする方針。除去した土を入れた麻袋をプラスチックなどの容器に入れて穴に埋め、約30~50センチの土で覆うとしている。埋めることで表面の放射線量は約98%カットされるという。

続きを読む
ブログ内キーワード検索
【必読記事一覧】
【必読記事一覧】
初めての方は、是非こちらからご覧ください。
New! 記事を2件追加しました。
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
track feed ぼちぼちいこか。。。
プロフィール

タニガキ トキコ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ