ぼちぼちいこか。。。

「できない理由を探すより、できる方法を探そう」
毎日忙しく仕事に追われている方々のために、原発関連のニュース、重要な講演などの文字起こしや自分の考えをUPしています。
少しでもみなさんのお役に立てるよう頑張ります。みんなで一緒に考えて行動していきましょう! 

いつもご覧いただきありがとうございます。
「これは!」と思う記事がありましたら、ぜひ身近な方に広めていただきたくお願いいたします。

著名な識者の方のカテゴリを作りましたので、文字起こしなど幾分探しやすくなったかと思います。基本的に私がやった内容起こしは転載OKです。

多の方に届くように願っております。

京都市長選

2月6日 京都市長選:門川氏が当選【有権者の5分の4(約81%)の民意はどこへ?】

※この記事は、1月19日 京都市長選の様子【まもなく告示!門下氏と中村氏】に関連しています。

京都市長選 門川氏、組織力の勝利
産経ニュース2012.2.6 02:01
 ■実績・実行力アピール 「閉塞感打破し新時代開く」
 5日に投開票された京都市長選。新人と現職による「共産対非共産」の構図で争われた古都のかじ取り役には、無所属現職の門川大作氏(61)=民主、自民、公明、みんな、社民府連推薦=が選ばれ、再選を果たした。推薦政党や連合京都、経済界などの組織力を発揮し、行財政改革など1期目の実績や山田啓二知事との連携による「府市協調」をアピール。前回選で951票差まで迫り、市政刷新を訴えた無所属新人で弁護士の中村和雄氏(57)=共産推薦=を突き放した。投票率は36・77%で前回(37・82%)を下回り、過去4番目の低さだった

続きを読む

2月2日 【動画・内容起こし】ヨアヒム・ラートカウ氏×大島堅一教授 通訳:朴勝俊教授『日本の問題は発想力不足』

今日は、朝からすばらしいインタビューを見ることができました。
私はヨアヒム氏という方を全く知らずに、大島賢一先生がインタビュアーって珍しいなと思って、IWJを見だしたのですが、ドイツではものすごい方のようです。勉強不足ですいません。
調べられた分だけ注釈で飛べるようにしてありますが、『ドイツから学ぶ』というのは、今や日本の脱原発運動をされている方なら多かれ少なかれ思っていらっしゃるのではないでしょうか。
また、京都市長選についても触れられています。
それにしても、朴先生の通訳がすばらしい!あんな長い回答をメモ書きであそこまでまとめられるとは、本当に素晴らしいの一言に尽きます。

希望や力が湧いてくるような、そんなインタビューです。

どうぞ。

【動画】IWJ ch1より
2月2日 ヨアヒム・ラートカウ氏×大島堅一教授、通訳:朴勝俊教授
http://www.ustream.tv/recorded/20161038 (65:47)
ヨアヒム・ラートカウ氏(Joachm Radkau)⇒http://en.wikipedia.org/wiki/Joachim_Radkau

【以下、お時間の無い方のために内容を起こしています。ご参考まで】続きを読む

1月19日 京都市長選の様子【まもなく告示!門下氏と中村氏】

京都市長選:「脱原発」推進条件に門川氏をみんなの党推薦
毎日新聞 2012年1月13日 20時46分
 みんなの党は13日、京都市長選(22日告示、2月5日投開票)に再選を目指して立候補する現職の門川大作氏(61)=民主、自民、公明推薦=を推薦すると発表した。みんなの党は、脱原発に向けて関西電力に株主提案権を行使する大阪市の方針に共同歩調を取ることを推薦の条件にしており、門川氏が同意した。門川氏の要請があれば、選挙戦の応援に橋下徹・大阪市長を京都に呼ぶ橋渡しをするという。
 同党京都府第3区支部長の清水鴻一郎・元衆院議員が記者会見で明らかにした。渡辺喜美・同党代表と門川氏の合意は「発送電分離や原発への依存度を引き下げるよう求める株主提案について、共同提案を含めて積極的に協力する」などとする内容。昨年末の関西広域連合の委員会で、橋下市長が京都、神戸の両市長に協力を呼びかけた。大阪市は関電の発行済み株式の8.92%、京都市は0.47%を保有している。【古屋敷尚子】
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20120114k0000m010067000c.html

門川、中村氏が政策めぐり火花 京都市長選討論会
京都新聞【 2012年01月18日 23時06分 】
 京都新聞社は18日、京都市長選(22日告示、2月5日投開票)に立候補を表明している現職の門川大作氏(61)=民主党、自民党、公明党、みんなの党、社民党府連推薦=と、弁護士で新人の中村和雄氏(57)=共産党推薦=の2氏を中京区の本社に招き、討論会を開いた。東日本大震災を教訓とした防災や原発対策をはじめ、財政再建や大都市制度の在り方などをめぐり論戦を繰り広げた。
 両氏とも原発に依存しない方針を示し、中村氏は「いま一番市民が不安に思うのが原発。すべての原発を廃止する先頭に市長が立つことが重要」として最優先課題に挙げ、震災一年に「脱原発宣言」を京都から発信する考えを示した
 門川氏は「原発に依存しない社会をできるだけ早く実現する」と述べ、省エネや自然エネルギーへの転換を推進していくことを強調し、福井県の原発事故を想定した体制整備を訴えた
 昨年11月の大阪ダブル選でも争点になった大都市制度をめぐっては意見が対立。
 京都市が府と同等の権限を持つ「特別自治市」構想について、門川氏が「道州制も含めて大都市制度を研究し、国に提案する」と述べたのに対し、中村氏は「身勝手すぎる構想」と主張。近畿を中心に7府県で構成する関西広域連合への参加について「道州制の方向に流れるなら反対」とした。
 財政再建の議論では、ともに新税構想を打ち出した。中村氏が観光客を課税対象とした環境・観光税の検討方針を示し、門川氏は京都三山の保全を目指す森林環境税と、車の流入抑制に向けたロードプライシング(道路課金)の導入を目指す考えを語った。
http://kyoto-np.co.jp/top/article/20120118000131


京都市長選 立候補表明の中村氏、支援団体が決起集会
産経ニュース 2012.1.19 02:21
 任期満了に伴う京都市長選(22日告示、2月5日投開票)を前に、立候補を表明している新人の弁護士、中村和雄氏(57)=共産推薦=の支援団体「京都市政を刷新する会」は18日、京都市北区の府立体育館で決起集会を開いた。

続きを読む
ブログ内キーワード検索
【必読記事一覧】
【必読記事一覧】
初めての方は、是非こちらからご覧ください。
New! 記事を2件追加しました。
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
track feed ぼちぼちいこか。。。
プロフィール

タニガキ トキコ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ