三権分立(行政・立法・司法)によって独立しているはずの司法が、99.9%有罪判決という異常な日本のシステムの中、どこまで独立性が保たれているか、正直に申し上げまして、私も懐疑的です。

今、さまざまなところで仮処分の申し立てが行われていますよね。
実は裁判所に行ってしまえば、私たちにできることは注目し続けることくらいで、私たちの手から離れていく印象があります。別のステージですね。

裁判官との相性(?)が非常にものを言う制度だと思っています。
裁判の途中でも異動されたりしますしね・・・。

ちなみに、年間被ばく量の話ですが、原発作業員の方でも事故前はほとんど5ミリシーベルト以内で抑えられていたそうです。

3

7月12日 広瀬隆氏×岩上安身氏インタビュー【即刻学童疎開を!】@IWJの内容起こし【その①】より

では、どうぞ。

20120125 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章


【以下、お時間のない方のために内容を起こしています。ご参考まで】

続きを読む