ぼちぼちいこか。。。

「できない理由を探すより、できる方法を探そう」
毎日忙しく仕事に追われている方々のために、原発関連のニュース、重要な講演などの文字起こしや自分の考えをUPしています。
少しでもみなさんのお役に立てるよう頑張ります。みんなで一緒に考えて行動していきましょう! 

いつもご覧いただきありがとうございます。
「これは!」と思う記事がありましたら、ぜひ身近な方に広めていただきたくお願いいたします。

著名な識者の方のカテゴリを作りましたので、文字起こしなど幾分探しやすくなったかと思います。基本的に私がやった内容起こしは転載OKです。

多の方に届くように願っております。

上関町長選

9月26日 【動画追記あり】山口上関町長選:東京電力の社説をご紹介【原発マネーと別れよう】

※この記事は、9月26日 山口県上関町長選:投票率は過去最低、反対派の得票率も過去最低・・・に関連しています。

【社説】上関町長選 原発マネーと別れよう
東京新聞 2011年9月26日
 原発新設への賛否が地域を二分する山口県上関町長選は、推進派の現職が三選した。だが今や新設は不可能だ。原発で町はつくれない。脱・原発マネーの先駆けになるような町政の転換を望みたい。
 上関町が原発誘致を表明したのは、一九八二年のことだった。
 瀬戸内海を埋め立てて、出力百三十七万キロワットの原発二基を建設する計画で、二年前から敷地の造成が始まった。来年六月に1号機の本体工事に着手し、二〇一八年三月の営業運転をめざしてきた。続きを読む

9月26日 山口県上関町長選:投票率は過去最低、反対派の得票率も過去最低・・・

※この記事は、9月25日 山口県上関町長選:原発推進派の現職1868票、反対新人963票差で現職が圧勝【未だ生き続ける『安全神話』】の続報です。

原発推進派の柏原氏3選 上関町長選、反対派の新人破る
中国新聞'11/9/26
 山口県上関町長選は25日、投開票され、同町への原発建設計画の推進派が推す無所属現職の柏原重海氏(62)が、計画に反対する無所属新人の山戸貞夫氏(61)を破り、3選を果たした。福島第1原発事故を受け町民の選択が全国的にも注目される中、建設推進の立場を維持し、国の方針決定を待つと訴えた柏原氏が続投を決めた。
 福島の事故後、原発の新規立地計画がある自治体の首長選は初めて。推進派町長の当選は、国の原子力政策に影響を与える可能性をはらんでいる。
 柏原氏は「住民の団結」を訴えた。原発建設に伴う国からの交付金について「匹敵する町づくりの財源はない」とする一方、野田佳彦首相が「原発新設は困難」と表明したことなどを踏まえ、先行きの不透明さを指摘。町の行財政改革をさらに進める意欲を示すなど、原発が建設されない場合に備える姿勢もにじませた
 山戸氏は「原発阻止」を貫いた。福島の被害を踏まえ、「金のため、命や生活を犠牲にできない」と強調。自然エネルギー普及などを軸に町の自立を訴えたが及ばなかった
 当日有権者数は3206人。投票率は過去最低の87・55%(前回88・08%)だった中国電力による原発建設構想が1982年に浮上後、町長選は9回目。全て推進派が勝っている。山戸氏の得票率は33%を切り、反対派としては過去最低だった
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp201109260056.html

この記事を読むと、投票率も若干下がっていますし、反対派としての得票率も下がっていることを考えれば、やはり福島の出来事は上関には届いていないと思ってしまいます。

なんて悲しいことでしょう・・・。

言葉を失います。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

9月25日 山口県上関町長選:原発推進派の現職1868票、反対新人963票差で現職が圧勝【未だ生き続ける『安全神話』】

※この記事は、9月20日 山口・上関町長選:原発建設が争点に!反対・賛成、両者一騎打ちの様相!に関連しています。

原発推進派の現職3選=立地の是非争点―山口・上関町長選
時事通信 9月25日(日)21時17分配信
  中国電力上関原発の建設が予定されている山口県上関町の町長選は25日投開票され、無所属現職の柏原重海氏(62)が、無所属新人で元町議の山戸貞夫氏(61)を破り、3選を果たした。任期満了に伴う選挙で、原発立地の是非が争点。東京電力福島第1原発の事故後、新規原発立地計画がある自治体で行われる初の首長選となったが、原発推進派の現職が1868票を獲得、反対を訴える新人に963票の差をつけ一騎打ちを制した
  投票率は、前回を0.53ポイント下回る87.55%で過去最低を更新した。同町長選で原発推進派が当選するのは、計画が持ち上がった1982年以降9回連続。原発予定地での推進派の当選が、今後の国の原子力政策に影響を与える可能性もある続きを読む

9月20日 山口・上関町長選:原発建設が争点に!反対・賛成、両者一騎打ちの様相!

※この記事は、9月7日 山口・上関町長選:原発推進派・反対派が立候補!に関連しています。

上関町長選:「原発抜き」の将来像争点 20日告示
毎日新聞 2011年9月19日 10時10分(最終更新 9月19日 13時07分)
 中国電力(広島市)が上関(かみのせき)原発建設を計画している山口県上関町の町長選が20日に告示される。投開票は25日。3選を目指す現職の柏原重海氏(62)と、前町議で新人の山戸貞夫氏(61)の一騎打ちになる見通しだ。柏原氏は原発推進派、山戸氏は反対派で、両派の対決は9回目。2氏の対決は03年以来2回目となる。町長選では推進派が当選し続けてきたが、野田佳彦首相は「新規原発建設は困難」と表明。原発の賛否を巡り、約30年に及んで固定化してきた町長選の構図は変わりつつある。【小中真樹雄、遠藤雅彦】

続きを読む
ブログ内キーワード検索
【必読記事一覧】
【必読記事一覧】
初めての方は、是非こちらからご覧ください。
New! 記事を2件追加しました。
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
track feed ぼちぼちいこか。。。
プロフィール

タニガキ トキコ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ