ぼちぼちいこか。。。

「できない理由を探すより、できる方法を探そう」
毎日忙しく仕事に追われている方々のために、原発関連のニュース、重要な講演などの文字起こしや自分の考えをUPしています。
少しでもみなさんのお役に立てるよう頑張ります。みんなで一緒に考えて行動していきましょう! 

いつもご覧いただきありがとうございます。
「これは!」と思う記事がありましたら、ぜひ身近な方に広めていただきたくお願いいたします。

著名な識者の方のカテゴリを作りましたので、文字起こしなど幾分探しやすくなったかと思います。基本的に私がやった内容起こしは転載OKです。

多の方に届くように願っております。

メルトダウン

12月22日 【関連動画あり】事故調査・検証委:3号機の高圧注水系の操作「振動で破損し放射性物質が漏れることを懸念した」

※この記事は、
12月17日18日 事故調査・検証委:1号機の非常用復水器の誤認識と3号機高圧注水系の操作、「いずれも炉心溶融を早めた可能性」に関連しています。

福島第1原発:「損傷恐れ停止」 3号機高圧注水系
毎日新聞 2011年12月22日 23時31分
 東京電力は22日、福島第1原発3号機の原子炉を冷やす高圧注水系(HPCI)を運転員が停止させた理由について、振動が大きくなり損傷が懸念されたためと発表した。この対応について東電は「妥当だった」としている。
 経済産業省原子力安全・保安院から指示を受け、調査結果を分析、公表した。
 3号機では「原子炉隔離時冷却系(RCIC)」が地震翌日の3月12日午前11時36分に停止し、原子炉水位が低下。バッテリー(蓄電池)で駆動するHPCIを自動起動させた。しかし、原子炉の圧力が操作手順書の基準以下になって性能が低下し、振動も大きくなったことから、運転員が壊れて放射性物質が漏れるのを懸念。代わりの注水方法の準備が進んでいたことから、HPCIを停止し代替注水に切り替えられると判断したという。所長には停止後に報告された続きを読む

9月15日 原子力研究開発機構:2号機、注水4時間早ければメルトダウン回避の解析発表・・・

2号機、注水早ければ溶融回避か 原子力機構解析
2011/09/15 21:41   【共同通信】
 東京電力福島第1原発事故で、2号機は原子炉への注水が6時間半にわたり途絶えて燃料が露出、メルトダウン(炉心溶融)が起きたが、注水を3時間半以内に再開できていれば溶融を防げた可能性があるとの解析結果を、日本原子力研究開発機構の研究チームが15日までにまとめた
 19日から北九州市で開かれる日本原子力学会で発表する。

続きを読む

8月31日 東電:格納容器を水で満たして燃料取り出しを試案!?【水棺無理だったのに・・・?】

※この記事は、5月12日 東電:メルトダウン認める・・・とたねまきジャーナル5月24日東電:1号機2号機の格納容器に穴の可能性とたねまきジャーナルに関連しています。

格納容器、満水にして作業=燃料取り出しで東電試案-福島第1原発
時事ドットコム(2011/08/31-17:58)
 福島第1原発事故で、東京電力は31日、原子炉格納容器の上部まで水を満たし、放射線を遮蔽(しゃへい)した上で上部から炉心燃料を取り出すなどとする技術的検討試案をまとめ、同日開かれた原子力委員会の専門部会に報告した。
続きを読む
ブログ内キーワード検索
【必読記事一覧】
【必読記事一覧】
初めての方は、是非こちらからご覧ください。
New! 記事を2件追加しました。
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
track feed ぼちぼちいこか。。。
プロフィール

タニガキ トキコ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ