2号機原子炉にホウ酸水注入=核分裂の可能性で―福島第1
[時事通信社] 2011年11月2日9時36分
 東京電力福島第1原発事故で、同社は2日未明、2号機の原子炉格納容器から1日に採取したガスを分析したところ、半減期が短いキセノン133、同135が検出された可能性があると発表した。溶融燃料の核分裂反応を否定できないとして、2日午前2時50分ごろから原子炉への冷却水注入ラインを使い、ホウ酸水の注入を開始した。
 2号機の原子炉の温度や圧力、周囲のモニタリングポストの放射線量に異常な変動はないため、念のための措置としている。 
http://www.asahi.com/national/jiji/JJT201111020002.html

東電:2号機で核分裂の可能性、福島第一原発、ホウ酸水注入開始(1)
  11月2日(ブルームバーグ):東京電力は2日未明、福島第一原子力発電所2号機の原子炉格納容器ガス管理システムから1日採取した放出ガスを分析した結果、短半減期核種(キセノン133、135)の検出の可能性があることが判明し、核分裂反応が発生している可能性が否定できないと電子メールを通じて発表した。

続きを読む