ぼちぼちいこか。。。

「できない理由を探すより、できる方法を探そう」
毎日忙しく仕事に追われている方々のために、原発関連のニュース、重要な講演などの文字起こしや自分の考えをUPしています。
少しでもみなさんのお役に立てるよう頑張ります。みんなで一緒に考えて行動していきましょう! 

いつもご覧いただきありがとうございます。
「これは!」と思う記事がありましたら、ぜひ身近な方に広めていただきたくお願いいたします。

著名な識者の方のカテゴリを作りましたので、文字起こしなど幾分探しやすくなったかと思います。基本的に私がやった内容起こしは転載OKです。

多の方に届くように願っております。

ベラルーシ

1月25日 福島県:18歳以下36万人甲状腺検査、先行結果で26人に良性のしこり・・・

※この記事は、
12月11日 【追記あり】ウクライナのステパノワ医学博士の講演@福島市【子供を守るために何をすべきか】
11月14日 福島県:36万人の18歳以下の甲状腺検査が川俣町からスタート・・・
10月14日 【内容起こしUP】菅谷松本市長『チェルノブイリから学ぶこと』講演会@福島【その①】
10月4日 【動画追記あり】福島の子供たち130人中10人に甲状腺機能に変化・・・に関連しています。

子ども26人に良性のしこり 甲状腺「事故の影響なし」
2012/01/25 19:58   【共同通信】
 東京電力福島第1原発事故を受け、18歳以下の子ども約36万人の甲状腺検査を進めている福島県は25日、専門家による検討委員会を開き、先行実施した避難区域の3765人のうち、26人に一定の大きさのしこりなどが見つかったが、全て良性だったとする結果をまとめた。検討委座長の山下俊一・福島県立医大副学長は「原発事故に伴う悪性の変化はみられない」としている。
 結果がまとまったのは、原発事故で警戒区域や計画的避難区域に指定された浪江町、飯舘村、川俣町山木屋地区の子どもで、超音波による画像診断の結果、3739人には異常が見つからなかった。
http://www.47news.jp/CN/201201/CN2012012501002019.html続きを読む

12月20日 厚労省:一般食品100ベクレル、牛乳・乳児用品50ベクレル【基準値の意味と子供を守るために必要なこと】

※この記事は、
8月12日 食品安全委員会にパブリックコメントを送りました【生涯100mSvの件】
12月9日10日 粉ミルクの汚染はNPOの計測で判明していて2週間放置!?【企業が汚染測定を進んで実施しない理由】
12月6日 【内容起こし】小出氏:粉ミルクから出たセシウム汚染、給食の40ベクレル新基準と暫定基準値@たねまき
12月1日 文科省:学校給食の基準を40ベクレルに・・・
11月24日 小出氏:厚労省の乳児用食品基準、国会の事故調査委の委員長、非常用復水器が機能しなっかった原因とは・・・?@たねまき
10月28日 厚労相:食品の被曝線量を来年4月より年間5mSv→1mSvへ引き下げも、内部被曝のみで生涯100mSvは継続【厚労省の矛盾】などに関連しています。

一般食品100ベクレルに厳格化 厚労省案、来年4月適用へ
2011/12/20 20:04   【共同通信】
 食品に含まれる放射性物質をめぐり、厚生労働省は20日、現行の暫定基準値に代わる放射性セシウムの新たな基準値案をまとめた。従来の5分類から変更することが決まっている4分類のうち「一般食品」は1キログラム当たり100ベクレル、「牛乳」と新たに設ける「乳児用食品」が同50ベクレル、「飲料水」は同10ベクレル
 いずれも暫定基準値(同200または500ベクレル)より大幅に厳しいものとなる。
 22日に開かれる同省の薬事・食品衛生審議会の放射性物質対策部会で提示。年内にも文部科学省の放射線審議会に諮問し、来年4月に新たな基準値を適用する。
http://www.47news.jp/CN/201112/CN2011122001001679.html


厚労省:乳児用食品は50ベクレル…セシウム新規制値案
毎日新聞 2011年12月20日 21時51分
 食品に含まれる放射性セシウムの新たな規制値について、厚生労働省は20日、新設する粉ミルクなどの「乳児用食品」は1キロあたり50ベクレル、子供がよく飲む「牛乳」も同50ベクレルなどとする案をまとめた。全世代で摂取量が多い「飲料水」は最も厳しい同10ベクレル、現行の「野菜類」「穀類」「肉・卵・魚・その他」の3区分を一つにまとめた「一般食品」は同100ベクレルとした。

続きを読む

12月7日 福島大・小山准教授:『来年度作付けに向けて国が農地の汚染マップとゾーニングを!』【『風評被害』と言われると生産者vs消費者の構図になってしまう・・・】@たねまき

※関連記事として、6月24日~チェルノブイリ事故の際 スウェーデンはどう動いたか~@FM797京都を是非ご覧になってみてください。

20111207 [1/2]たね蒔き「農政学者が見たチェルノブイリの現実」


20111207 [2/2]たね蒔き「農政学者が見たチェルノブイリの現実」


【以下、お時間のない方のために内容を起こしています。ご参考まで】

続きを読む

12月6日 【内容起こし】小出氏:粉ミルクから出たセシウム汚染、給食の40ベクレル新基準と暫定基準値@たねまき

※この記事は、
4月20日母乳から放射性ヨウ素131検出
5月30日UP 日本の暫定基準値がいかに異常か【暫定基準値を信じるか】
10月14日 【内容起こしUP】菅谷松本市長『チェルノブイリから学ぶこと』講演会@福島【その②】
12月1日 小出氏:玄海原発1号機の定期検査と脆性、給食の40ベクレルは3.11比で400倍、DT核融合とは?@たねまき
12月1日 文科省:学校給食の基準を40ベクレルに・・・などに関連しています。

20111206 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章


【以下、お時間のない方のために内容を起こしています。ご参考まで】

続きを読む

11月13日 【内容起こし】木村真三氏+河田昌東氏の講演会「放射能汚染時代を生き抜くために~チェルノブイリから福島へ~」【その⑥】

※この記事は、11月13日 【内容起こし】木村真三氏+河田昌東氏の講演会「放射能汚染時代を生き抜くために~チェルノブイリから福島へ~」【その⑤】の続きです。

<31:15頃~>【木村真三氏講演部分、続き】
 今までのお話っていうのは、大体の私の調査のあらすじです。
 これから少し入っていくのは、今回、まず10月17日から実は、文部科学副大臣がウクライナに来られるということで急きょ連絡がきまして、
「アレンジをしてくれ」

21


「わかりました」
と。それで、
「私の現地の信頼がおける研究者やナロジチ地区の方々に関して、生の声を聞かせてほしい」
ということでセッティングして行ってまいりました。
 その時の話をしたいと思います。
 

続きを読む

11月13日 【内容起こし】野呂美加さんお話会「チェルノブイリからフクシマヘ」【その④】

※この記事は、11月13日 【内容起こし】野呂美加さんお話会「チェルノブイリからフクシマヘ」【その③】の続きです。
10月7日 今中哲二助教の2006年のチェルノブイリ20 年:事故の経過、汚染、被曝、影響をご紹介
5月30日UP 日本の暫定基準値がいかに異常か【暫定基準値を信じるか】などに関連しています。

<01:36:00頃~>
(野呂さん)
 今国が言ってる安全基準値っていうのは、ヨーロッパでも使うんですけど、それはもう、核テロとかですね、核戦争が起こった時の超緊急時対応の暫定基準値ですね。そんなものを毎日国民に食べさせていいわけないんですよ。
 ところが障害が現れてくるのは、ほとんどバラバラです。そして、本当に皆さんショックを受けるかもしれないけもど、この震災に関係なかった地域ですね、では、テレビではほとんど報道されてないので、
「もう福島原発の事故は終わった。福島の人たちだけちょっと放射能で大変なんだけど、今皆頑張ってるんだよね?」
っていうところで終わってるわけですね。「これから復興に向かっていくんだ」というですね。それで、市民で除染をして、放射能は無くなって頑張ってるんだという報道ばかりが流れているわけですね。
「すごいな、福島の人って。町内会単位でおじいちゃんおばあちゃんが素手で除染してるんだ」
って、そういう明るい情報しか流れていない。

続きを読む

11月13日 【内容起こし】野呂美加さんお話会「チェルノブイリからフクシマヘ」【その③】

※この記事は、11月13日 【内容起こし】野呂美加さんお話会「チェルノブイリからフクシマヘ」【その②】の続きです。
7月24日 【動画で見る炉心溶融】をご紹介に関連しています。

<01:01:00頃~>
(野呂さん)
 それから、肥田舜太郎先生という広島の原爆をお受けになられた方ですね。その方が、今でも94歳でおっしゃってたのは、健康の秘訣は、早寝早起き、それから一日3食決まった時間に食べるということですね。それから、暴飲暴食をしない。お酒は一日一合で、たばこはダメというように言ってるんですけど、子供は食べ物のわがままを言わない。それから便秘を治しておくということ。便秘は万病のもとというか、腸が、腸内細菌が抵抗力を決めると。だから腸が健康であったら、抵抗力があがるわけです。いいわけです。
 一生懸命ヨーグルトって言ってるけど、ヨーグルトは実は動物性の乳酸菌っていうのは、腸まで届きません。「え?」って思うでしょ?ヨーグルトを食べて便秘が治った人は、居ないはずです。どうしてかっていうと、ヨーグルトは胃酸で分解されちゃうんです。動物性の乳酸菌は。
 腸まで届く乳酸菌は、漬物とかそういう植物性の乳酸菌は腸まで届く。だから和食が良いですよと言ってるんですね。

続きを読む

11月13日 【内容起こし】野呂美加さんお話会「チェルノブイリからフクシマヘ」【その①】

※この記事は、
11月7日 【内容起こし】IWJ百人百話 第1話 佐藤早苗さん
11月9日 【内容起こし】IWJ百人百話 第3話 関根妙子さんに関連しています。

正直に申し上げまして、このような活動をされている方で野呂さんという方がいらっしゃるというのは知っていましたが、上の記事に挙げたとおり福島の方が「野呂さんの話はすっと頭に入った」という言葉で、是非お話を聞いてみたいと思っていたところ、ちょうどIWJ福島2で配信があったため、視聴いたしました。

是非ご覧になってみてください。

今後、被災者の方だけじゃなく、国民全体でどうしていったらいいのか、道が見えてくるような気がします。

どうぞ。

11月13日 野呂美加さんお話会「チェルノブイリからフクシマヘ」
[登壇者] 野呂美加さん
[主催] 子ども福島ネットワーク
[会場] 飯野学習センター大久保分館 福島市飯野町
[詳細] http://hairoact​ion.com/?p=1033
【動画】
 ① http://www.ustream.tv/recorded/18483275 (13:19)
   ※チェルノブイリの架け橋の活動VTRを紹介されています。
 ② http://www.ustream.tv/recorded/18483513 (146:44)
 ③ http://www.ustream.tv/recorded/18487228 (04:05)
 ④ http://www.ustream.tv/recorded/18487403 (24:01)
 ⑤ http://www.ustream.tv/recorded/18488007 (23:12)

野呂美加(のろみか)
NPO 法人チェルノブイリへのかけはし代表
 22年前に起こったチェルノブイリ原発事故被災児童を1ヶ月間、空気や水のきれいな日本で保養させる活動を1992年に知人と始める。これまでに招待した子どもは、17年間で635人。2005年、国際交流基金より「地球市民賞」受賞。
http://www.npohokkaido.jp/volunavi/modules/monthly/index.php?content_id=91

【以下、お時間のない方のために内容を起こしています。ご参考まで】
<②~>

続きを読む

10月4日 【動画追記あり】福島の子供たち130人中10人に甲状腺機能に変化・・・

福島の子ども10人、甲状腺機能に変化
TBS系(JNN) 10月4日(火)12時36分配信
  長野県松本市の信州大学附属病院などが福島県の子どもを対象に行った健康調査で、130人のうち10人に甲状腺の変化がみられたことが明らかになりました
 調査は松本市に本部があるNPO法人「日本チェルノブイリ連帯基金」と信州大学附属病院が今年7月から8月にかけて、福島県の0歳から16歳までの130人に実施しました。
 その結果、10人に甲状腺ホルモンが基準値を下回るなどの甲状腺機能の変化がみられ、経過の観察が必要と診断されました
 連帯基金は、1986年に起きたチェルノブイリ原発事故の後、現地で医療活動を行いましたが、「今回の甲状腺機能の変化と福島第一原発事故との関連については、医学的にはまだはっきりしない」と説明しています。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20111004-00000021-jnn-soci

ベラルーシでの甲状腺がん発生の推移



続きを読む
ブログ内キーワード検索
【必読記事一覧】
【必読記事一覧】
初めての方は、是非こちらからご覧ください。
New! 記事を2件追加しました。
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
track feed ぼちぼちいこか。。。
プロフィール

タニガキ トキコ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ