※この記事は、
8月26日 【追記あり】本当の震災現場写真【写真家:小原一真さんをご紹介】
7月26日 自衛隊:岩手から撤収―県民の感謝とこれからの復興
7月22日 福島県:10月末に全避難所を閉鎖、仮設・借上住宅を用意へなどに関連しています。


大規模災害派遣の終結命令=自衛隊の震災対応-北沢防衛相
時事通信 8月31日(水)16時14分配信

 北沢俊美防衛相は31日、東日本大震災を受けて自衛隊を展開させた「大規模震災災害派遣」について、同日付で終結を命じた。原発付近の住民の一時帰宅に備えた除染支援などは続けるという
 被災地が広範囲に及んだため、同相は3月14日に大規模震災と位置付け同派遣を命令。これまでに陸海空自衛隊の延べ約1063万人を派遣し、1万9300人を救助。給食支援は約500万食、入浴支援は約109万人に上った。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110831-00000069-jij-soci

自衛隊の大規模災害派遣終了、除染は支援継続
(2011年8月31日18時25分  読売新聞)
 防衛省は31日、東日本大震災の被災地に展開していた自衛隊の大規模な災害派遣活動を同日で終了すると発表した。
 ただ、福島県の要望を受け、同県内での被災者の入浴支援と東京電力福島第一原子力発電所事故に絡む住民の除染は当面、近隣部隊が500~600人態勢で続ける

続きを読む