ぼちぼちいこか。。。

「できない理由を探すより、できる方法を探そう」
毎日忙しく仕事に追われている方々のために、原発関連のニュース、重要な講演などの文字起こしや自分の考えをUPしています。
少しでもみなさんのお役に立てるよう頑張ります。みんなで一緒に考えて行動していきましょう! 

いつもご覧いただきありがとうございます。
「これは!」と思う記事がありましたら、ぜひ身近な方に広めていただきたくお願いいたします。

著名な識者の方のカテゴリを作りましたので、文字起こしなど幾分探しやすくなったかと思います。基本的に私がやった内容起こしは転載OKです。

多の方に届くように願っております。

サリー

2月25日 東京電力:サリーから高濃度汚染水漏れ、ERSSがまた一時不通に・・・

※この記事は、
1月19日【内容起こし】小出裕章氏:ストレステスト意見聴取会、2号機の内視鏡の成果、ERSSのケーブル未接続放置について@たね蒔きジャーナル
1月12日 【内容起こし】小出裕章氏:原子力安全委の5㎞ヨウ素剤配布、韓国ウォルソン原発のトラブル、仏原発周辺の子供達:白血病発病率が2倍、保安院:ERSS不備はメモリー不足@たね蒔きJに関連しています。

福島第1原発:高濃度汚染水漏れる 海への漏えいはなし
毎日新聞 2012年2月25日 19時43分(最終更新 2月25日 19時57分)
 東京電力は25日、福島第1原発の汚染水処理施設にある放射性セシウム除去装置「サリー」の配管から高濃度汚染水約10リットルが漏れたと発表した。漏えい水の濃度は1立方センチ当たり31万ベクレルで、海への漏えいはなかった。

続きを読む

10月2日 東電:汚染水処理装置から出た放射性廃棄物をめぐる問題

福島第1原発:増え続ける廃棄物 循環注水3カ月
毎日新聞 2011年10月2日 21時48分(最終更新 10月3日 2時01分)
 東京電力福島第1原発事故で、高濃度の放射性汚染水を浄化して原子炉の冷却に使う「循環注水冷却」が本格稼働して、9月27日で3カ月になった。今月上旬からは東芝製装置の単独運転に変わり、トラブルの多かった米仏製装置はバックアップに回る。これにより汚染水処理装置の稼働率向上が期待される一方、処理に伴い生じた高濃度の放射性廃棄物はドラム缶約4700本分相当に達し、今後も増え続ける見通しだ。最終的な処分方法は未定で、汚染水処理の障壁になっている続きを読む

9月25日 東電:高濃度汚染水処理装置サリーが21時間停止・・・

福島第1原発:東芝製汚染水処理装置が21時間止まる
毎日新聞 2011年9月25日 21時13分
 東京電力は25日、福島第1原発で高濃度放射性汚染水を浄化する東芝製の装置「サリー」が、24日夜から約21時間停止したと発表した。サリーのトラブルによる停止は3回目
 東電によると24日午後8時半ごろ、汚染水を装置内に送り込むポンプ付近の弁が閉まったことを知らせる警報が作動し、装置が自動停止した。弁を開くための空気を供給する空気圧縮機が故障し、開いていた弁が閉じたことが原因と判明した。圧縮機は1台しかなく交換に時間がかかり、25日午後5時ごろに再稼働。毎時40立方メートルの処理量に戻った
 停止中は米キュリオン社の別の浄化装置が毎時20立方メートルの処理を続け、原子炉への注水にも影響はなかったという。東電は10月からサリー単独での浄化を目指している。【岡田英】
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110926k0000m040088000c.html

これで10月から単独処理を目指しています。

汚染水を処理することが事故対応ではありません。
未だに10シーベルト地点もあります。

事故処理にすら、まだ入れていません。
スタート地点にも立っていない状況だということ、なぜマスコミは書かないんでしょう。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ メディア・ジャーナリズムへ
にほんブログ村

9月15日 【動画あり】東電会見:キュリオン・アレバの汚染水浄化システムに不具合、10月以降は東芝製サリー一本へ

※この記事は、
7月4日 フランス・アレバ社:アメリカでのロビー活動でばら撒かれた「フクシマ・ファイル」などに関連しています。

福島第1原発:「循環注水冷却システム」が不調 一部停止
毎日新聞 2011年9月15日 21時42分(最終更新 9月15日 23時12分)
 東京電力は15日、福島第1原発事故で生じた高濃度の放射性物質を含む汚染水を浄化して原子炉の冷却に使う「循環注水冷却システム」で、米キュリオン社の装置によって下がった放射性物質の濃度が、続いて仏アレバ社の装置を通すと上がるトラブルが起きたと発表した。アレバ社の装置が処理する高濃度の汚泥が流出した可能性もあり、原因を調べている。現在は、アレバ社の装置は止め、キュリオン社の装置だけで処理している続きを読む

9月3日 東電:汚染水処理セシウム137がサリーで48万分の1に・・・

※この記事は、
8月23日 東電:サリーの3Sv/h配管に23人の作業員を投入【3Svは致死率50%】
8月22日 東電:3号機の注水量を更に減らす検討、サリーから3Svで作業中断も【東電会見を見ることが出来ない方へ】
8月20日 東電:高濃度汚染水処理装置「サリー」濃度が5万分の1へ・・・に関連しています。

【原発】サリーの効果 セシウム濃度48万分の1に
テレ朝news(09/03 17:22)
福島第一原発の国産の汚染水浄化装置「サリー」を使ってセシウム137の濃度が48万分の1に減ったことが分かりました。


続きを読む
ブログ内キーワード検索
【必読記事一覧】
【必読記事一覧】
初めての方は、是非こちらからご覧ください。
New! 記事を2件追加しました。
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
track feed ぼちぼちいこか。。。
プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ