※この記事は、
11月1日 政府のエネルギー・環境会議:関電10%、九電5%の節電要請、来夏は9.2%の不足と予想
10月26日 関電:大飯原発のストレステスト提出、京都府の様子と今冬の節電10%で調整へ
10月14日 関電:12月第4週には8.7%の電力不足を試算、原発再稼働なければ節電要請へ
6月14日 関西電力と北陸電力の節電要請対応などに関連しています。

関西電力:原発4基を法定期限ぎりぎりまで運転
毎日新聞 2011年11月15日 20時48分(最終更新 11月16日 0時45分)
 関西電力は15日、稼働中の原発4基について、定期検査(定検)開始を延期し、電気事業法で定められた期限日まで運転を継続すると発表した。法定期限は前回の定検から13カ月で、ぎりぎりまでの運転は珍しい。冬場の電力需給が逼迫(ひっぱく)するなか、少しでも電力供給量を上乗せするのが狙い
 関電の原発は福井県内に11基あり、稼働中の4基以外は定検で停止している
 関電によると、18日に高浜2号機を停止して定検に入る予定だったが、25日まで運転を延長する。美浜2号機は29日の予定を来月18日に変更。大飯2号機は来月16日、高浜3号機も2月20日まで運転する。関電全体の12月の平均供給力は2563万キロワットを見込んでいたが、これにより約25万キロワットが上乗せされる。続きを読む