ぼちぼちいこか。。。

「できない理由を探すより、できる方法を探そう」
毎日忙しく仕事に追われている方々のために、原発関連のニュース、重要な講演などの文字起こしや自分の考えをUPしています。
少しでもみなさんのお役に立てるよう頑張ります。みんなで一緒に考えて行動していきましょう! 

いつもご覧いただきありがとうございます。
「これは!」と思う記事がありましたら、ぜひ身近な方に広めていただきたくお願いいたします。

著名な識者の方のカテゴリを作りましたので、文字起こしなど幾分探しやすくなったかと思います。基本的に私がやった内容起こしは転載OKです。

多の方に届くように願っております。

ガラス固化体

2月3日 日本原燃:六ヶ所村の再処理最終試験を延期【ガラス固化体過程で不具合】

※この記事は、
2月2日【内容起こし】小出裕章氏:トリチウムと核融合と六ヶ所村再処理工場、雪と放射線、1月21日の福島での講演会@たね蒔きジャーナル

1月30日 日本原燃:青森・六ヶ所村の再処理工場で炉の不具合
1月25日 柏崎刈羽5号機が定期点検へ【残り4基】と、六ヶ所村の再処理工場・・・【核のゴミと核燃サイクル】に関連しています。

六ヶ所村の核燃料再処理工場、最終試験を延期
(2012年2月3日19時37分  読売新聞)
 日本原燃は3日、青森県六ヶ所村の使用済み核燃料再処理工場で1月下旬~2月上旬に予定していた最終準備段階の「ガラス固化試験」を延期すると発表した。 試験で使う溶融炉で、溶かしたガラスが流れにくくなる不具合が生じたためで、試験開始は3月上旬以降となる見通し。10月の工場完成を目指す原燃は「目標は変えないが、厳しくなった」と説明した
 予定していたのは、使用済み燃料からウランやプルトニウムを抽出する過程で生じる高レベル放射性廃液を、溶かしたガラスと混ぜて金属製容器内で固める工程の確認試験。原燃は、準備として、溶融炉にガラスだけを入れ、容器に注ぎ込む作業を1月24日から進めていた

続きを読む

10月13日 イギリスからの高レベル放射性廃棄物・ガラス固化体28本中3本から基準の47倍の線量検出

※この記事は、9月15日 イギリスから青森へ高レベル廃棄物到着【10年かけて約900本返還・・・】の続報です。

基準の最大47倍の放射線 九電、ガラス固化体
2011/10/13 14:23   【共同通信】
 九州電力が日本原燃の高レベル放射性廃棄物貯蔵管理センター(青森県六ケ所村)に搬入した高レベル放射性廃棄物のガラス固化体28本のうち3本の表面から、施設の受け入れ基準の最大47倍の放射線量が測定されていたことが13日、分かった
 九電によると、外部への放射能漏れはない。再処理先の英国を出発した際の検査では基準を下回っており、日本原燃が原因を調べている。
 海外で再処理され、センターに持ち込まれたガラス固化体から基準を上回る放射線量が確認されたのは初
 ガラス固化体は使用済み核燃料を英国で再処理した際に発生したもので、九電分の28本は9月15日に搬入された。
http://www.47news.jp/CN/201110/CN2011101301000349.html

どの時点なのか、輸送中に何かあったのか、これは揉めますよ・・・?
物流の世界では、イギリス出荷時、船会社で荷受け、日本側荷受け作業、荷受け後の国内輸送などそれぞれで必ず貨物の引き渡しチェックを行います。
通常、貨物に問題があるのは、水漏れ、油漏れや、貨物同士がぶつかったりして凹みや割れ、傷など目視で確認できることがほとんどですが、「放射線」これは目視することができません。計測器で測るしかないですね。
先ほど言ったように、それぞれの引き渡しの際に、線量検査がなさえていれば、すぐにどの段階での異常なのかはわかるのですが、こうやって記事になっている時点で、出荷時以外は測定していなかったんじゃないかな?と推測します。

揉めますよ・・・。

失礼します。
にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村
ブログ内キーワード検索
【必読記事一覧】
【必読記事一覧】
初めての方は、是非こちらからご覧ください。
New! 記事を2件追加しました。
最新記事
カテゴリ別アーカイブ
track feed ぼちぼちいこか。。。
プロフィール

タニガキ トキコ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
  • ライブドアブログ