※この記事は、
7月23日 小出氏講演:「原爆・原発と憲法9条」@堅田9条の会【その②】から資料を引用しています。

ちょっとUPするのが遅くなったのですが、ご紹介します。
こういう事態を知らずに、今回の福島事故から切り離して考えること、私にはできません。

どうぞ。

2012年2月23日 劣化ウラン弾による被ばくでアフガニスタンの子どもたちは


劣化ウラン弾
毒性
39 プルトニウムの組成 用途別劣化ウラン弾は以下の2つの点で人体に被害を与える恐れがあるため、実戦や演習・射撃訓練で劣化ウラン弾を使用し、自然環境に劣化ウランを放散させることの是非について、たびたび議論される。
重金属毒性
ウランは化学的な毒性を持つ重金属である。
放射性
劣化ウランは、主体を占めるウラン238、ウラン濃縮過程で取りこぼされたウラン235、それらの子孫核種により、放射能を持つ。 劣化ウランの放射能は14.8 Bq/mgであり[3] 天然ウランの25.4 Bq/mgと比較すると約6割と低い。
具体的な兵器に含まれる量を計算すると、例えばM1エイブラムス戦車で使用する120ミリ砲弾M829には、約4.9kgの劣化ウランを使用するため、14.8×4.9×1,000,000 = 72,520,000 Bq = 70 MBqの放射能が砲弾一発に含まれている
また実際の戦争での量を計算すると、1991年の湾岸戦争では約300トンが使用されたことから、 14.8×300×1,000,000,000 = 444,000,000,000 Bq = 4.44 TBqの放射能が環境に放出された
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A3%E5%8C%96%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%83%B3%E5%BC%BE


【以下、お時間の無い方のために内容を起こしています。ご参考まで】

続きを読む